Hatena::ブログ(Diary)

本当に自由な休日 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-06-23

[]報告とおれい。

f:id:noki623:20180623154516j:image:w250

6月の上旬に倒れまして、脳梗塞という診断がくだりました。

今は病院の転院&失語症との闘い(`・ω・´)


これまでの皆様のご愛顧に感謝!(ここまで3時間かかったw)

2018-05-23

[]ライブダイナソーリリース決定。

B’z DVD & Blu-ray「B’z LIVE-GYM 2017-2018 “LIVE DINOSAUR” 」2018年7月4日リリース決定!!

最新アルバム『DINOSAUR』を体現した “LIVE DINOSAUR” ツアー、待望のリリース決定!

会場を最大限に使用するスタジアムモードで行われた、さいたまスーパーアリーナ公演の模様を全曲完全収録!!

出る出るとは思っていても、こうやって日程が決まると嬉しいもので、きっとコレを見て「B'zのライブ行きてぇーー!!!」となったテンションのままヒノトリ突入。シアターの映像も劇場公開が終わったら販売してくれると尚良いのだけれど。

ああ、それにしても30周年は本当に楽しい。

2018-05-21

[]エキシビション前期の展示物まとめ(楽譜・作詞・私物)

f:id:noki623:20180515115349j:image:w250

最後のコーナーは手書きシリーズ。楽器→衣装からの制作モード。

楽譜

  1. GO! NUDE! GO!(NYへ行きたいか!?稲葉!!)
  2. Easy Come, Easy Go!(三茶のテレビはデカすぎる!!)
  3. Gimme your love(LAで会おうぜ稲葉!!)
  4. 太陽のKomachi Angel(B'zカメリア1st)
  5. BE THERE(B'zTV朝日)
  6. LADY-GO-ROUND(どうした稲葉 絶体絶命崖っぷちだぜ稲葉)
  7. BLOWIN'(92)
  8. ALONE
  9. もう一度キスしたかった
  10. FRIDAY MIDNIGHT BLUE(狼少年稲葉)
  11. ながい愛
  12. Brotherhood
  13. ギリギリChop
  14. 砂の花びら
  15. WILD ROAD
  16. 恋心

残念ながら私は譜面が読めないのでその手の感想は出来ないんだけども。松本さん、稲葉好きすぎ!

あと改めて松本さんムチャクチャ几帳面だなーホント全ての線がピシッとしてて、間違えたのは修正液でしっかり消してある。

譜面

「譜面はメロ譜まで。一時期書かなかった時期もあったんだけど、最近はしっかり描いてる。OKが出たものにTMの僕のハンコを押してます」「最終決定の半なんですね」「昔はサブタイトルが付いてて」「そのまんまじゃないですか(笑)」「LAで会おうぜ稲葉!」「あー、あんときか」「曲も懐かしいよ!ホーリーナイトに口づけを…稲葉は大和田さんと食事をしていました…オオカミ少年稲葉」「わっかんないw分けわっかんないww」「あんときねーまた煮詰まりそうなところでやってたんだよねぇ」ふたりともむっちゃ楽しそう。

作詞メモ

  1. 銀の翼で翔べ
  2. ultra soul(裏側はNew Messageの歌詞。日時は00.4.25.19:00)
  3. ROCK man(涙を流しているゴツい男のイラスト)
  4. GOLD(何ひとつ惜しまずに火をつけて空を染めてゆく あなたの炎はGOLD?)
  5. 熱き鼓動の果て(どうしても眠れない夜なら という走り書き)
  6. さまよえる蒼い弾丸
  7. ギリギリChop
  8. Brotherhood
  9. ながい愛(タイトルが「永い愛」1番は「ながい間」2・3番は「長い」)
  10. WILD ROAD(英語)
  11. ねがい(英語/1995 M-7)
  12. 夢見が丘(英語/1995 M-5)
  13. 砂の花びら(英語/1995 M-8)
  14. YOU&I(英語/1995 M-6)
  15. FUSHIDARA100%(英語/1995 M-4)
  16. Calling 言葉より(も)はやく のもをぐしゃっと消している
  17. FIREBALL(資生堂のロゴ←やたら上手いw)
  18. だったらあげちゃえよ

作詞

FIREBALLには資生堂のロゴがありますけど、この字体は小さいころから馴染みがありますので(※実家が化粧品屋さん)銀の翼で翔べとかね、暇にまかせてイラストを描いてて…よく見ると・・・病んでるイラスト(笑)ちょっと暗いカンジの」「あ〜よく書いてたよねー」「ロックマンもゴツイ男の人が涙を流してて」

私物

松本さん

  1. コンサートチケット(ディープパープル・TOTOラウドネスなど、すごく綺麗)
  2. RRSCのno go furtherロゴ・コースター(自宅で使ってるもの。だいたいのお客様が持って帰るそうです。欲しい!)
  3. バケージタグ(FIREBALLツアーがお気に入り)
  4. サングラス(Looseの時のだった・・・かな)
  5. アルミチタン削りだしギター(グラミー賞記念に事務所からもらったもの普段は玄関に。重さ7kg)
  6. ダブルクロス(稲葉君からサンタフェのお土産、インディアンジュエリーにハマるきっかけ)
  7. オブジェ(ファイアーボールのバボットフィギュア・市川さんに貰った)
  8. フェラーリの鍵(フェラーリの328GTSのスペアキーを13で加工)
  9. ラジカセ
  10. Tシャツ(沖縄の古着屋さんで購入した赤いVネック・もうね松本さんと言ったらこれよね。タグが見えないw)
  11. B'z初ライブのバッグステージパス

稲葉さん

  1. ナンバープレート(ルースOP撮影でもらった)
  2. Tシャツ(1994 9thフォトブック オレンジのドラゴンT)
  3. サングラス(GREEN・ウルソ)
  4. Tシャツ(GREENパンプ・灰色の牛T)
  5. 写真(大学の卒業式・さよならなんかは言わせないの頃)
  6. ブルースハープマイク(95ドンリブ)
  7. デスマスク(ラブファン特殊メイクの為)
  8. オブジェ(97年のバボット・松本さんと対)
  9. フェザーチョーカー(2代目・ロゴのヘッドとフェザーのみで梵字のヘッドは付いてない)
  10. テンガロンハット(勝新太郎氏からいただいたもの)
  11. オブジェ2(LOOSEのステージ・市川さんにもらった)
  12. 作詞ノート(いつメリの作詞ノート。渋谷でバイトしてたり、折りたたみ椅子だったり今更ながらの発見が多い)

燦然と輝くグラモフォン

いやー泣けるわ( ;∀;)

2018-05-15

[]エキシビション前期の展示物まとめ(模型・衣装1996〜2002)

f:id:noki623:20180522104623j:image:w200

写真

次の部屋は、額縁に入った写真が壁面に並んでおります。いくつかの写真は後程ストアで購入申し込みも可能。雨の千葉マリンやらドンリブやら、個人的にはブラフの頃のかな?小さなツーショット写真がすごく好みでした(買えないやつだったけど)前期の写真は後期でも買うことが出来るそうです。

模型

右手側にあるのがイレブンのステージ模型。トラックから缶が流れ落ちてるようなもの。横にはオープニングのラフ画(檻から出るやつ)というかスケッチも公開されておりました。左手には渚園のステージ模型、ラブファントムの演出ラフ画。

真ん中にはギターアンプ爆壊・アラクレの演出ラフ画。


juice

千葉マリン5日間という無謀ともいえる日程。あんな雨はなかったよね。楽器は大丈夫だったんですか?楽器は・・・ダメだよ。全部バラして乾かして・・・。あの映像は今見ても事故映像みたい。

ELEVEN

稲「トラックから缶がバァーって落ちて、火の粉がドワァーって。市川さん良く思いつくなって。あと、花火を後ろからだすいわゆるナイアガラ、あれ熱くないんですか?」松「僕にはかからないので大丈夫でした」あと、GOLD、あれもね良いビデオでしたね。


衣装コーナー

1996-1999

  1. 稲葉さん 赤いもふもふコート背中に龍(ファイアーボール)78
  2. 松本さん 革ジャン(ルース)64
  3. 稲葉さん 赤チェックシャツ袖なし(ルース)64
  4. 稲葉さん リアシンの時のスケスケ 図録なし
  5. 松本さん 青花柄シャツ(サバイブ)87
  6. 松本さん 白ジャケットフリンジ付き(ファイアーボール)図録なし
  7. 松本さん 黒革ベストサイドに黄色の炎(ファイアーボール)81
  8. 稲葉さん うっすい花柄シャツ(ライアジャケ)図録なし
  9. 稲葉さん 絞り染めみたいなシャツ(サバイブ)図録なし
  10. 松本さん 黒Tシャツ(サバイブ)84
  11. 稲葉さん 波のMV赤スーツ。ホストみたいなスーツって呼んでおりましたが、現物を見てホストでも着ないスーツと呼び名が変わりましたw
  12. 真ん中に松本さんのリスバン(クロムハーツ・サタンタ・13)とサングラス6個。
  1. 松本さん ゼブラロングコート・黒革ベスト・黒パンツ(サバイブ)図録なし
  2. 松本さん 白ベスト だいぶくたびれている(サバイブ)89
  3. 稲葉さん シースルーヒョウ柄Vネック(サバイブ)図録なし
  4. 稲葉さん シースルー赤薔薇シャツ・白ラインの入ったパンツ(サバイブ)90
  5. 稲葉さん シースルー黒に緑の花?シャツ
  6. 稲葉さん 裾と腕がフサフサしたコート・インナーは再び花柄シースルー…スケスケ着せられすぎw・スパンコールのパンツ(股のところがスパンコール取れてる)
  7. 松本さん ノッキンって自分で書いてあるけれど多分ブラフのジャケ?革のツートンジャケ92?
  8. 松本さん ノッキン裏ジャケインナー
  9. 稲葉さん 赤スーツ・網(ブラフ)94
  10. 松本さん 黄スーツメッシュ・ドクロシャツ(ブラフ)95

この辺りから私の集中力の限界が・・・(´・ω・`)


LOOSEオープニング

砂だらけでね。

稲葉君がマグマ作ってる年、何やろっかなーって学生やって、アメリカのサンディエゴで。LAとかと比べるとのんびりしたところ。日本の音楽とかが全く入ってこない、アメリカの音楽だけ。それもあって、歌とギターとドラムとベースだけで何とかしようぜって作ったのがファイアーボール。稲「久々にツアーでやりましたね、あれベース松本さんですからね」「そうだ!バリーがねこのベースはビリーシーンか?って。ビリーもオレやったっけ?って言ってて(笑)「やっぱりギターフレーズっぽいとこともありますよね」


2000-2002

  1. 稲葉さん 水銀スーツ(juice)117
  2. 松本さん 青チャイナ服(RING MV)図録なし
  3. 松本さん 黒ラメベスト・パンツ(juice)115
  4. 松本さん 青ヘビ柄ベスト(映像で見るほど青くない)ほっそいパンツ(ウルソ)118
  5. 稲葉さん クラッシュ袖なし(juice)116
  6. 松本さん もこもこ白ベスト赤ステッチ(イレブン)120
  7. 稲葉さん 桜色シースルー縁にファー(イレブン)図録なし
  8. 稲葉さん シルバースーツ・赤シャツ・柄ネクタイ(ウルソ)119
  1. 松本さん 白フリンジベスト・青パンツ(GREEN)124
  2. 松本さん 赤ゼブラシャツ 結構色あせてる(GREENジャケ)図録なし
  3. 稲葉さん 白カットソー(GREENジャケ)図録なし
  4. 稲葉さん 赤ノースリーブ・ラインパンツ(熱き鼓動の果てジャケ)123
  5. 松本さん ペガサスノースリーブ(熱き鼓動の果てジャケ)122
  6. 稲葉さん 黒ロングコート・紫の鬼のイラストノースリーブ(GREEN)125
  7. 松本さん 黒のお花と雲の袖なしシャツ(FIFA)図録なし
  8. 稲葉さん 黒のVネック首元にファー・謎柄の黄色パンツ(FIFA)図録なし
  9. 松本さん 白い刺繍入りの龍のシャツ(GREEN)図録なし

・・・サバイブあたりのシースルー攻めが凄かったです。

2018-05-10

[]エキシビション前期シアターのまとめ

エキシビション、前期のシアターネタバレ。

f:id:noki623:20180509222509j:image:w250

前期はBehind the Scene : The 29th Year という訳でDINOSAURのレコーディングとライブの映像をダイジェストでまとめたものでした。ひとことで申し上げますと最高でした。

まずはソファーに座ったお二人(松:レーナードスキナードのバンドT 稲:エンジの7分)のご挨拶から、新年動画とかラウドジムのオープニング的なやつ。稲「今回のエキシビションでは初公開となるグラミー賞のアレ・・・」とグラモフォンという名前が出てこないなか、稲葉さんがすげー小さな声で「うちに来たことある」って言ってるのが気になり過ぎるんですけど!

2/4 大阪 京セラドーム(千秋楽)

ひとりじゃないからが流れモニターに映るのは指揮をしている松本さん。そう、見紛うことはない大阪千秋楽のあの光景。こうやって見ると今年のサービスモニターは大きくて綺麗でした・・・「この街で叫ぼう!」「おおさかー!」→暗転Pleasure告知の部分は知っているのに鳥肌がゾワゾワした。アリーナ席からの映像かな、手ぶれがあるので臨場感がある。

ビデオ巻き戻し的なキュルキュル〜ってコレはハードディスクレコーダー世代に通用しなくなる日も近いのかも。

4/16 ハワイ

仕事始めかな?南国のゆるやかな雰囲気。松本さんが「いいねー」としきりに環境を褒めている。ハーフパンツにTシャツ、裸足でぺたぺたと歩く稲葉さん。稲「セブンイレブンはね、チャンプでいこうかな。アイアムアチャンプ」

松本さん曲の切れ端をギターで弾いて聞かせ「こんなのはどう?」ダイナソー・キング・声明。まだ曲の断片。

4/18 サマグリ撮影

会報114号(&ビーパHPダイアリー9/15)に載ってた高級自撮り、プールサイドでの撮影。

稲「これアレでしょ採っちゃいけない魚とか載ってると炎上するんでしょ(笑)」松「まずいもん映ってないよね?」稲「ライブジム自粛とか」タンクトップの松本さんのタトゥーが鮮やか。その後に室内での撮影、114号インタビューの時の写真(この時の写真好き)

4/19 ハワイレコーディング

松本さんはギブソンのTシャツ。あの若い方がYTさんなのかな?他人行儀と親しさの混ざった距離感の松本さん「オレたちダマ(?)になって終わる曲100曲ぐらいあるの!」稲葉さん声明の作詞中?タイトルが「燃え尽きてこそ」

4/25 ダイナソー歌入れ

5月 LA

松本さん革ジャンにレーナードスキナードのTシャツ(好きね)声明のイントロ、グルーヴが凄い!と喜びながらも「喋っちゃダメだよー」

5月 東京

声明の歌入れ稲「出てこねー!(歌詞の)自尊心がでてこねー!」

いつものキッチンみたいなところで「日本でただ一つのハードロックバンド」SHOWCASEのタイトル決め

ルーフトップ歌入れ「この曲ははやいねー」パープルピンクオレンジ歌入れ

リビングみたいなところ

セットリスト決め。頭だけ映ってるのは菊池マネ?床に座ってくつろぐ感じがブラフの頃と変わらなくてちょっと嬉しくなる。稲「2ndはマニアックだよねー・・・なりふりかまわず抱きしめて!」松「どんな曲だっけ?」稲「わっかんないw・・・セーフティーラブ!」松「セーフティーラブ良い曲だよなーでもあれ還暦近いおじさんが歌っていいの?」スタッフ「ド頭21のバースデーですけど」稲「そこだけ51のバースデーにして松本さん歌ってよ(笑)」

なりふりかまわず抱きしめて18年後に演奏フラグ←ってちょっと待て2005年とかつい最近じゃん( ;∀;)

6月 ギターダビング

ヴァンヘイレンのTシャツを着た松本さん。ギターがずらっと並んでる。キング〜のギター録り?とっかえひっかえ「ねがいとかこのギター」それさっき見てきた!松「5150いってみる?」「稲葉君にもらったやつどうかな?1961年の。クリーンしか出ない?・・・ちょっと歪むね」

7月 打ち合わせ

エキシビション(人生ゲーム)ライブダイナソーのツアータイトル 稲「空港とかで犬を運んだりするときにライブアニマルって使うじゃないですか」

もうはなさないのイントロで爆笑する松本さん「1回でいいんだよ!まっつん!!」もうはなさない聞きたかったなー

SHOWCASE日置、松本さんはVネック。ライブの映像も少々。

ダイナソーMV撮影。稲「フライングV姿も見慣れてきた。アレはあのギターが音が良いの?」松「あの1本がいいんだよ」

チャンプMV撮影。ぶっちぎるを1回間違える稲葉さん。

ライブダイナソーリハーサル、増田くんはどうやって入ってくるの?増「オレは風だから!」

イチブトゼンブのCメロの打ち合わせ

12月 ヤフオクドームリハーサル

フキアレナサイの扇風機

松本さんリフトでステージに上がる風景(エンサマもそうだけどこの手の映像大好物)

稲葉さんダイナソーくんとの打ち合わせ、途中で止まったのか「本番は大丈夫だよね?」

12月31日 ナゴヤドーム

ライブのMC 稲「B'zが大晦日にライブをするのは初めてじゃないでしょうか」「健康で幸せに楽しい年をお迎えください。良いお年を!・・・パーティしてください」

ステージ下 松「いやー(チラっと稲葉さんを見ながら)無事に終わりましたね」稲「ありがとうございました。」松「良かったよ、今日は」この部分だけでマジで泣きそうになる(´;ω;`)

1月 東京ドーム

松本さん、稲葉さんに誕生日プレゼント(絵)を渡す。

稲葉さん登場シーン、水を飲んで駆け足でステージへ向かう←ヤフオクドームと対になってる感じ。

1月20日 サンドーム福井

ストーブを囲んでの生一丁!アリーナの衣装もカッコイイ。

サンドーム特有のあの丸い廊下を歩きながら松「体で覚えちゃってるもん。忘れるんだよ〜」(おそらくドームとアリーナ混在してたので段取りについて)

1月 セキスイハイムスーパーアリーナ

スカイロケット?

C&Rを渋る超絶カワイイ松本さんが映像で残っていることが発覚!

2月 京セラドーム(最初の映像に戻る)

Pleasure告知、あまりの大歓声にびっくりするB'zさんwなんか既視感あると思ったらエンサマの花火見てる姿だw

告知のところは今回はスタンドからの固定カメラ、やっぱりまた鳥肌。

ソファーに座るおふたりに映像はもどり、次回は豊中と津山のダイジェストなので次もぜひ来てね的なご挨拶。


と、簡単にまとめるとこのような映像でございました。いやー、これダイナソー関連だけだから実は更にインユアとかフェスとか撮影とか色々あるんだと思うと相変わらず働きまくりでびっくりするね。個人的には大晦日の映像が流れた瞬間にムダにドキドキしましたが、あの会話は本当良かった。レコーディングなどはブラフの時とかとあまり変わらず、ほど良い距離感というか、素敵な年の重ね方をしているなーと思いました。

あと、私もLIVE DINOSAURはかなり頑張ってたな←

まさかたったの56席だとは思わなかったこのシアター、とても素敵な映像だったのでどうにか再び見られるチャンスがあるといいな。ライブダイナソーの特典でもWOWOWさんでも、とにかく頼みますよ。このまま見れない人が大多数だなんてもったいないよ!

2018-05-08

[]エキシビション前期の展示物まとめ(映像・衣装〜1995)

映像コーナー

楽器コーナーを超えると次は映像ゾーン。大小さまざまなスクリーンにB'zのMVが流れております。全部で50分ぐらいかな?基本的には既存映像になるのですが、1つだけ未公開モノが紛れておりまして「juice」

D

札幌ゲリラライブ、いわゆる撮り逃げみたいなヤツね。

それまでスクリーンはバラバラな映像が流れていたのに、この曲の時だけカメラごとの映像でマルチアングルを楽しめるというHidden Pleasureのjuiceを彷彿とさせる仕様であります。編集前の美味しい映像、個人的には松本さんのローアングルからのカメラが素晴らしかった。

衣装コーナー

はい、ここから歴代の衣装コーナー!・・・なのですが、正直なところ得意分野じゃないし思い入れも少ないので軽ーい気持ちで見てね。途中から集中力がなくなってメモの信憑性が危ういw順番は向かって左側から、最後の数字は図録です。

1989-1990

  1. 松本さん ストライプジャケット(ブレイクスルー) 7
  2. 稲葉さん 赤スーツ(ブレイクスルー) 8
  3. 松本さん キラキラスーツ(オフザロック)6
  4. 松本さん 紫ジャケット(リスキー)9
  5. 稲葉さん 腕にロープみたいなのが付いたバブリーなジャケット(リスキー)図録なし
  6. 稲葉さん キラキラスーツ(オフザロック)5
  7. 松本さん ビジュー付きジャケット(リスキー)10
  8. 稲葉さん テロテロの花柄(リスキー)12

88-92

松「野望みたいなのが凄かった」

稲「凄かったですね、松本さん。年賀状の文句が売るぞ!だったからね(笑)」

松「当時はソニーとかビクターとか大手と契約するのがいわゆるブランドだよね。今はインディーズとかあるけど。3枚目くらいでブレイクするのがね」

稲「そういう明確なビジョンを持った人が居るというのは強みでしたよね」

松「ありがとうございます」


1991-1992

  1. 松本さん ピンクシャツ(プレジャー91)図録なし
  2. 稲葉さん パープルシャツ(プレジャー91)図録なし
  3. 松本さん 銀スパンコールジャンパー(インザライフ)30
  4. 松本さん 綾小路衣装・襷付き(インザライフ)図録なし
  5. 松本さん 背中が蝶と薔薇のB'zロゴの革ジャン(TIME)32
  6. 稲葉さん 腕に模様入りジャケット(インザライフ)31
  7. 稲葉さん もふもふの紫ジャンパー(TIME)33
  8. 稲葉さん Tシャツ・キャップ・ゴーグル(このあたりごちゃっと書いてあってよくわからんw)

ガラスケースの中

  1. トランクに短パン沢山 164
  2. サルのヒロシ
  3. Tシャツ色々
  4. トランクについているGLORY DAYSのタグ、フチが青いものでした。

1993-1994

  1. 松本さん ゼブラジャケット(リッパー)37
  2. 松本さん 謎柄ジャケット(愛ままジャケ)36
  3. 松本さん ヘビ柄シャツ(9th) 55
  4. 稲葉さん イギリス国旗シャツ(リッパー)41
  5. 稲葉さん インディアン横顔(RUN)40
  6. 稲葉さん ネイティブ柄上着(RUN)38
  7. 稲葉さん 袖なしダウンストライプズボン(9th) 56
  8. 松本さん 革ジャン(RUN)34
  9. 松本さん 革ベスト サイズが36!!!(9th) 53
  10. 稲葉さん ヒョウ柄コート・帽子(9th) 57

93-94

渚園

この前のロックインジャパンもそうだったけれど、平地に人が居るのはドームとかとは少し違う。気持ちの良いコンサートでした。

9th

B'z史上最長最多のツアー。ターニングポイントになった。精神的にも。長いツアーだった・・・みんなどんどん髪も長くなっていって。不思議ですね。そういう気分だったんだろうね。


1995

  1. 松本さん シルバーのベスト(BUZZ)60
  2. 稲葉さん 赤タンク(BUZZ)62
  3. 松本さん グラデーションのベスト(BUZZ)59
  4. 稲葉さん 赤タンク(BUZZ)58
  5. 稲葉さん 白虎ベスト 3回目にして短パンもあることに気が付くw(BUZZ)61
  6. 稲葉さん ラブファントム用衣装(BUZZ)63

1995

BUZZはあのラブファントムの演出ね。僕も度肝を抜かれました。大阪は・・・あそこ前芝!滑って手切ったときだ。

2018-05-05

[]B'zのExhibition“SCENES” 前期に行ってきた。

f:id:noki623:20180403220244j:image:w300

有楽町インフォスで開催中のB'zのエキシビションSCENES(前期:1988〜2002)に行ってきた感想。

発表になったときはこんなに大きな催しになるとは夢にも思わず、トレジャーランドに毛が生えた程度だと想像しておりました。コラボ商品の詳細もなかなか発表されず、なんだか全容がわからないままミュージアムやチケットの申し込みをしていた記憶がある。トレジャーランドはファンクラブの人だけ(非会員も同伴者としては入れたけれど)だったのですが、今回は会員じゃなくても入場可能。しかも平日なら無料なうえにこの立地の良さ。ファン以外の人にも見てもらおうという意識はかなり高かったと思う。そんな訳でミュージアムの展示はかなり客観的にB'zの活動を知ることが出来るものでした。電車の中からも看板が見えるぐらいだから、プロモーションとしての効果も高そう。

f:id:noki623:20180403220245j:image:w300

ギター・衣装・映像・譜面・私物・・・よく取ってあるなと思わず呟いてしまいたくなる貴重な品々。見るだけで音が思い出されるようなピカピカに磨かれた松本さんの愛用ギター。マネキンを見ながら「あーこのPVの衣装嫌だったなw」なんて思い出もあるし、何回も見た映像なのに改めてグッときちゃうようなものある。几帳面な五線譜、書いては消し書いては消した私が知っているのとは少し違う歌詞。ガラス越しだけど、あんなに間近で見られるとは思わなかった。20周年のDVDをモノで表現したらこうなるんだろうな。30年間、彼らが音楽に向き合ってきた事実を目の当たりにすると純粋に感動してくる。

そして、ぜひ一緒に体験して欲しいのがシアター・・・・なのですが前売りで全て完売してしまったので、そんな方にはオーディオガイド(500円)ミュージアムの展示品の解説を二人の会話形式で聞けるという、非常に面白い試み。ファンじゃない人とかは驚くかもしれないwなんだか昔のラジオみたいで懐かしくもあり、松本さんの喋り声好きだなーとしみじみ思ってみたり。

f:id:noki623:20180403220241j:image:w300

そして、目と耳でミュージアムを楽しんだ後はお買い物。

ストアの売り切れ情報ばかりが話題になりますが、コレはねー最後にストアにたどり着く免税店システムなのでついつい課金したくなっちゃうw前に書いた記事ともリンクするけれど、この10年でB'zのブランド力って間違いなく上がった。そしてヲタの経済力パネェ( ;∀;)

松本さんの行方不明だったギターが見つかったり、稲葉さんがお忍びで来て見つからなかったり、何かと話題豊富なエキシビション。正直こんなにずっと混んでるとは思わなかったし、こんなに売り切ればっかりになるとは思わなかった。あの列を見てたらもう「ファンの姿が見えない」だなんて誰も言わない。

後期も期待して待ってます!

2018-05-03

[]エキシビション前期の展示物まとめ(楽器)

f:id:noki623:20180503200726j:image:w300

何が展示されてたのか忘れないための備忘録。お気づきの点がございましたらこっそり教えてちょ。


ゴールドディスク

入ってまず目に入るのは壁一面のCD、ゴールドディスクのコーナー。今までリリースされたCD(含むソロ)が額に入れて壁にびっしりと並べられていて壮観。向かいにはおふたりのサイン入りの壁。30年間、毎年コツコツと楽曲製作とリリースしてきた軌跡。なにが凄いってこのCDが全部家にあることだよ・・・・

ヒストリー

進むと迎えてくれるのは肩パットブラザーズのお写真。1988年〜2002年までのB'zの活動を1年ごとに要約したコーナー。

ここは基本オーディオガイドを聞きながら進む感じ。オーディオガイドについては、前期の公開が終わったら追記したい(いうのはタダ)

オーディオガイド

出会い

稲「松本っていうギタリストと一緒に…まぁ知ってたんですけど。ロッキンfとか読んでましたからね。」松「20周年のときにも言ったけれど一緒にやろうと言わないまま」まさか30年経ってこんなハナシしてるとは思わなかったね。


デビュー→ライブ

B'zというスケールの大きいことをするには最初から大きいところで。ライブハウス→ホール→武道館という常套手段じゃなくてホールからスタートさせて・・・

稲「賭けに出たわけですね、松本さん!!」

稲「僕としては苦しんだ1stが終わってすぐに2ndアルバム作成で憂鬱な気持ちに・・・」


作詞

当時は自分の人生経験だけでは足りない。スイートルームに彼女といるとか(笑)長くやっていると気分が変わって昔の歌を歌える楽しさがある。


展示

レコーディング現場再現ゾーン

向かって右側から。後ろの数字は図録の番号

  1. ヤマハ MG-M2(ゼブラ)何故かこれだけ図録に掲載されていない。
  2. アーニーボール ミュージックマン 25
  3. ヤマハ MG-M2 14
  4. ヤマハ MG-M2 ダブルネック 22
  5. ギブソン レスポールタックバースト(ジョーペリーさんのサイン付き)100
  6. ギブソン レスポールゴールドトップ1957リイシュー(ダイナソーピック付き) 29
  7. ギブソン J-45(稲葉さんのアコギ)145

このコーナーはレコーディングの光景を再現していて、譜面台(松:なんの曲か忘れた。赤い玲付きのスライドバー 稲:さよならなんかは言わせないの歌詞を書いた紙)やマイク、ギターはアンプにセットされてエフェクターも繋いである。FATのクロスも置いてある。ジョーペリーさんがサインしている最中の写真も2枚*1。左手にはReal Thing Shakes制作時のモノクロ写真がいくつか。これがまた良い写真でしてねー、これ買えたら買っちゃってたと思う。


アンディージョーンズ

今までかかわったことのないタイプ。オートグラフってバンドの人がアドバイザーで来てくれて、ギターの重ね方とか。企業秘密ですよね松本さんの。何回もやりなおして大変だったけれど勉強になった。最初はリリースは考えてなかったけれど、ドラマの主題歌に。ラジオからこういう曲が流れてきたら面白い。

松「お酒買いに行ってたよね?」稲「Hey!コーシ!!って舎弟みたいでしたワタシ。道々この業界はクソだって言ってました(笑)」


お宝ギターゾーン

  1. フェンダー テレキャスター1952 27
  2. ギブソン レスポールゴールドトップ1956 18・19
  3. ギブソン レスポールゴールドトップ1958 98
  4. フェンダー ストラトキャスター1954(つまりは♯1090)28

ここはしっかりガラスケースに入っておりましてまさにお宝、この4本だけで総額おいくら万円になるのかわからないビンテージのご開帳。説明書き見るだけで音が思い出される殿堂入り。もう、涙ちょちょぎれちゃう相棒をじっくり間近で。

シグネチャーギター

松「キャナリーイエローを作ったことによって99年は責任感や使命感を感じていた。プレッシャーがあった。」

稲「それは、その立場にならないと分からないですよね。」


#1090

初めて買ったヴィンテージギター。NYでお世話になってる人が凄いのあるよ松本!って言ってて見ないで買った。その人もギター詳しい人だから。僕の今でも本当に大切な宝物のひとつですよね。


まんなかギターソーン

中央に円を描くように設置されたギターたち、稲葉さんのマイクスタンドを起点に半時計まわりで。

  1. 稲葉さん初代マイクスタンド 65
  2. ギブソン フライングV 144
  3. アーニーボール ミュージックマン 97
  4. ギブソン レスポールシグネチャーキャナリーイエロー 96
  5. アンプ VHT 45
  6. アンプ マーシャル(4/2はレコーディングで持ち出されてました)46
  7. フェンダー ストラトキャスター 26
  8. ヤマハ MG-M2 17
  9. ビルローレンス 13
  10. ヤマハ MG-M 15
  11. ヤマハ MG-M3 20 
  12. ヤマハ MG-M2 16
  13. ギブソン レスポールシグネチャータックバースト 101
  14. アンプ ボグナー 48
  15. アンプ ピーヴィー 47
  16. ギブソン レスポール 109
  17. アーニーボール ミュージックマン 103
  18. ギブソン フライングV 146

ひとつひとつに使われたツアーや音源の説明書きがあるのでじっくり何周もぐるぐる。個人的にあの剥げてるタックバーストが大好き。

その他ライブ関連展示物

  1. 松本さんイヤモニ
  2. ドリル(黄色・銀・黒ラメ)
  3. ギターストラップ(コンチョ付き・天使刺繍・13クロスワッペン)178
  4. マラカス 76
  5. タンバリン
  6. 稲葉さんイヤモニ

ハリウッドロックウォークコーナー

お名前入りの盾が飾ってあって、当時のスピーチ映像が流れております。何度見てもサラスの存在感が凄いw

前期じゃないって言っちゃダメ。ロックウォークは素晴らしい出来事だった・・・

f:id:noki623:20110724070435j:image:w300

歴代ツアーパスとピック

過去に販売されたツアーグッズ

現在までのロゴの歴史


ひとつめの部屋だけでこの展示数・・・果たして書き終わるのでしょうか。

*1:コレ最初の方には置いてなかったような気がするんだけどなー

2018-04-10

[]B'z PARTY Presents Pleasure in Hawaii 限定パッケージツアー(一次募集)抽選結果のお知らせ。

この度は「B'z Club-Gym」をご利用いただきましてありがとうございます。

お申し込みいただいたチケットにつきまして厳正なる抽選を行った結果・・・


続きを読む

2018-04-08

[]上野動物園

4月2日に東京・上野動物園へ行って参りました。

春休みなのをすっかり忘れていて、当日はすさまじい人・人・人。そうか動物園は家族のレジャースポットだったのね。

f:id:noki623:20180408213436j:image:w250

まずは人気者パンダのリーリー

f:id:noki623:20180408211921j:image:w250

エゾヒグマさん。

f:id:noki623:20180408211922j:image:w350

もふもふなマヌルネコさん。

f:id:noki623:20180408213330j:image:w250

にゃー!

そして本日のメイン・・・

f:id:noki623:20180408211924j:image:w300

寝てますw

f:id:noki623:20180408213309j:image:w300

親子そろって寝てますw

シャンシャン・・・・

f:id:noki623:20180408213319j:image:w250

あ、起きた!

f:id:noki623:20180408214806j:image:w250

ぐてー。

あっという間の30秒でした。次は平日の空いている日に来よう。

2018-03-27

[]Happy Birthday!

f:id:noki623:20180327161557j:image:right:w200

松本さん、お誕生日おめでとうございます。ついにやってきた30周!、Pleasure、そしてハワイと相変わらず盛りだくさんで、また新たなギターの音色を聞くことができてうれしい。

まっちゃんの57歳が豊かで充実したものになるよう心から祈っております。

2018-03-15

[][]LIVE DINOSAUR総括

f:id:noki623:20180313213206j:image:w300

2017年12月〜2018年2月に行われたLIVE DINOSAURまとめ。

東京

f:id:noki623:20171212172359j:image:w250

B'zのPREMIUM LIVE(東京)に行ってきた。 - 本当に自由な休日

ダイナソーじゃないけれど、結局ダイナソーみたいなものだったので入れちゃう。ってかナゾの使命感で頑張って書いたのでこの後が大変なことに←

福岡

f:id:noki623:20180313203410j:image:w250

B’z LIVE-GYM 2017-2018 LIVE DINOSAUR福岡公演へ行ってきた。 - 本当に自由な休日

弾丸。いつメリ聞きに行ったようなもんですが、結果的には調子の良い状態を聞いておくことが出来て良かった。

名古屋

f:id:noki623:20180313203101j:image:w250

B’z LIVE-GYM 2017-2018 LIVE DINOSAUR名古屋公演へ行ってきた。 - 本当に自由な休日

生涯忘れない初日。

あんなに辛かったことは無いし、こんなに心が震えた公演も無い。

f:id:noki623:20180313203112j:image:w250

B’z LIVE-GYM 2017-2018 LIVE DINOSAUR名古屋大晦日公演へ行ってきた。 - 本当に自由な休日

どうなってるんだ大晦日。良いお年を!

東京

写真が無いww

B’z LIVE-GYM 2017-2018 LIVE DINOSAUR東京公演へ行ってきた。 - 本当に自由な休日

明けましておめでとう東京ドーム。よわーい!

仙台

f:id:noki623:20180313203122j:image:w250

B’z LIVE-GYM 2017-2018 LIVE DINOSAUR仙台公演へ行ってきた。 - 本当に自由な休日

最初で最後のアリーナ公演の仙台。シンプルなアリーナも好き&うっかり締めのバンザイを忘れる稲葉さん。

大阪

これも写真が無ぇwww

B’z LIVE-GYM 2017-2018 LIVE DINOSAUR大阪公演へ行ってきた。 - 本当に自由な休日

大阪千秋楽。まさか行くとは思わなかった・・・まさかのラスト!


LIVE DINOSAURは変化を感じたツアーでした。

ライブに来る人の層が変わった。以前よりも年齢層がもっと幅広くなったし圧倒的に男性の比率が増えた。これまでの30年間、もっとピンチの時はあったと思うのだけど、それがこちらまで伝わったのは初めてかもしれない。「カワイイ」って臆面もなく言えるようになった!前は「カッコイイでしょ?」っていう雰囲気だったよね。「くん」付けの人が減って「さん」付けが一般的になった。コレは年齢層の変化とネットの成熟も関係あるのかな。昔は友達少ないっていうキャラだったのが最近やたらインスタに登場するし芸能人のお友達から名前が出ることが増えた。微妙に私服がダサかったのも気が付けばオサレセレブに・・・・MC全然喋らなくなっちゃったね。サングラスも外さなくなっちゃったね。。仕事に対する姿勢や態度は今も昔も変わらない。いや、前と同じ努力であのステージは絶対に無理だからきっとまさに「人知れず進化してる」んだろうな。

急にパッと変わったわけじゃなくて、内側も外側も、きっと自分自身も…じわじわとゆっくり確実に変わってきたこと。そんな変化を感じた瞬間がいつもより沢山ありました。

1本のツアーが始まり、無事に終わることは本当にシビれちゃうね。激動の音楽業界をサバイブしてきた我らがダイナソーは時代遅れで可愛くて格好良くて頼もしい。LIVE DINOSAURは氷河期を生き続ける恐竜さんたちに相応しい、生き様を見せつけるような劇的で忘れられないツアーでした。

2018-03-13

[]B'z LIVE-GYM Pleasure2018抽選結果のお知らせ

この度は「B'z Club-Gym」をご利用いただきましてありがとうございます。

お申し込みいただいたチケットにつきまして厳正なる抽選を行った結果・・・


続きを読む

2018-03-06

[]風向きが変わったとき

テレビ朝日系「アメトーーク!B’z芸人」2018年3月22日放送決定!!

アメトーーク初のB’z芸人の放送が決定しました。どんなお宝が登場し、どんなトークが繰り広げられているのか?!どうぞお見逃しなく!

放送日時:2018年3月22日(木)23:15〜

ブラマヨ小杉さんのツイートでフライング告知がありましたが、公式でもようやくお知らせが来ました。

正直なところ・・・感慨深い。2018年、B'zを取り巻く環境がこんな状態になっているとは夢にも思っていませんでした。ちょっとだけ昔話をさせてください。


私がファンになった2000年代初めの頃、B'zに対する世間の風当たりはとても強かった。とてもとても強かった。

CDが売れれば「ファンの姿が見えない」「不気味だ」と言われた。ライブが良いんだと言えば「洋楽のパクリバンド」「稲葉の顔目当て」と言われた。ホンモノの音楽を分かっていない素人が喜ぶ売れ線狙いの「商業ロック」当時もB'zのふたりの姿勢は今とほとんど変わらない、ただ黙々と楽曲製作とライブをする。誰の悪口も言わず、淡々と音楽に向かうB'zに対して世界は悪意に満ちていた。

フェスに出れば「あの日本人アーティストの時に食事に行こう」と揶揄されて、挙句の果てに火災報知機ならされて逮捕者が出る。アルバムが発売したらファンの掲示板に「今回のアルバムは最悪です」と大手芸能事務所のIPから書き込まれる。雑誌やライブのMCで名指しで馬鹿にされたり批判されるのは別に珍しいことでも無く、個人的に一番腹が立ったというか、悲しかったのは永遠の翼の時のMステかな。ああいう大人のイジメみたいなものが普通に起こっていた。一応ご本人は否定してるけれど土壌として「下司なPleasure」「木偶のTreasure」って言われててもしょうがない・・・「だってB'zでしょ?」みたいな空気があった。

例えば2001年に出版されたコレ。これ最近ファンになった人が読んだら笑っちゃうと思うんだけど、当時の様子を伝えるという意味において貴重な資料(下衆な週刊誌みたいに読まないとダメw)ちょっとだけ抜粋すると

音楽誌が書かないJポップ批評 まるごとB’z大全 (宝島社文庫)

音楽誌が書かないJポップ批評 まるごとB’z大全 (宝島社文庫)

「俺にとってB'zの音をBGMに暮らすということは、ディスカウント家具のカラーボックスだらけの部屋で暮らすような感覚に近い。シリアスさや趣味の良さを目的化しない、「読み捨てマンガ」ならぬ「歌い捨て音楽」(P.111)

このコラムの表題「B'zと90年代の産業ロック」・・・ここ笑うところですかね?Call me a dinosaur!!!

もともとほとんどTVに出ない人たちだったし、何を言われても決して言い返さない彼らは良い標的だった。当時は今よりもマスメディアがずっと力を持っていて、まだまだインターネットは限られた世代の限られた時間帯だけのものだったし、更に自ら発信するのはもっと限られた人だけだった。前にもちょっと呟いたけれど、だから私はBrotherっていう言葉を今後もたぶん使わない。ムラ意識を持つことへの漠然とした危機感があるから。そう、言ってみれば我々は隠れキリシタンならぬ「隠れB'zファン世代」いちいち説明するのがメンドクサイし、腹が立っても敵がいなけりゃを聞きながら溜飲を下げる。「口に出せないぐらい好き、とか簡単に名前が出せないぐらい大事、とか。そういったことが人間にはある。」という気持ち。いや、ただ単純にどうでもいいなって気持ちが強かっただけかも←

この前の音楽と人*1のインタビューで松本さんが「世間のイメージと自分の持つB'zのイメージがズレていた時期があった」って発言があるのですが(ちなみにいつかは明確に答えてくれてない)、私が「B'z大丈夫かな?」という感情を抱いていたのは2005年前後。スポーツのタイアップが続いて、Pleasure IIのリリースやらライブの演出スタッフ総入れ替えやらがあったころ。思い返せば、あの辺りはちょっと揺らいでいた気がする。揺らぐというか、諦めじゃないけれどこのまま行くんだろうなーっていう。


そんなB'zに対する風向きが変わったとき。それは20周年の時だと思う。

ひとつの大きな転機となったのがNHKの密着ドキュメント「メガヒットの秘密」今振り返るとやっぱりあの番組の反響は大きかった。

地上波でツアーのリハーサルや楽曲製作の様子が流れたのも画期的だったし、松本さんが「売れることは大事」と言葉にしたことも大きかった。稲葉さんの今も言われ続けるストイック話も(笑)既に2008年にはズブズブのファンだった私には満身創痍な姿が衝撃的だったけれど、それまで世間とあった隔たりみたいなものがちょっとだけ埋まったような気がする。たったひとつの番組で。スタイリストがプロになったこと、定期的にヒット曲に恵まれたこと、松本さんがグラミー賞を受賞したこと、いろいろなことが重なってちょっとづつ良い方向に変わってきた10年だった。

去年はまさかロックインジャパンでトリを務める日が来るとは思わなかった。今年はまさかアメトークでB'zが取り上げられる日が来るとは思わなかった。こうやって、30周年をお祝いできることを心から嬉しく思う。見たことがない景色を見せてもらっているのは私の方なのかもしれない。

*1

音楽と人 2018年 01 月号 [雑誌]

音楽と人 2018年 01 月号 [雑誌]

2018-03-03

[]シロクマおちょこ

晩酌タイムをよりいっそう豊かな時間にするために新しい相棒を迎えたのです。

f:id:noki623:20180303223405j:image:w300

ちょー可愛いシロクマさんのお猪口。

f:id:noki623:20180302225930j:image:w300

浸かってるクマむっちゃかわええ(´(エ)`)クマー。こういう作り手が見えるような暖かいものが好き。

f:id:noki623:20180302230500j:image:w350

お酒は楽しくほどほどに。大切に使わせてもらいます。

2018-02-27

[]Super Guitar Disney

世界で活躍するトップギタリストが集結!

ディズニーの名曲を奏でる初のギター・インストゥルメンタル・コンピレーションアルバム「SUPER GUITAR DISNEY」に、松本孝弘の参加が決定しました。演奏曲は映画「ピノキオ」主題歌「When You Wish Upon a Star」。日米でリリースとなる本作でのギタープレイをどうぞお楽しみに。 ※日本は2018年4月25日発売です。

Super Guitar Disney

Super Guitar Disney

松本さんがディズニーのギターコンピに参加するよ。という訳で、演奏曲は「星に願いを」絶対外さないやーつ。松本さんの良いところを分かっていらっしゃる選曲。他の参加ミュージシャンも名だたると表現するのにピッタリな方々ばかりで、MR.BIG・NIGHT RANGER・DOKKENとなんだか馴染みのある名前が多い気がします。

これをきっかけにHouse Of Stringsを思い出してくれないかなと淡い期待を抱いてみる。

2018-02-20

[][]B’z LIVE-GYM 2017-2018 LIVE DINOSAUR大阪公演へ行ってきた。

f:id:noki623:20180213130953j:image:w300

2017年2月4日 京セラドーム大阪

仙台で見収めたライブダイナソー。のはずが・・・大阪に行って参りました。いや、コレねちょっと言い訳させて!ほんとーうっっに今回の大阪公演はチケットが手に入らなかったのよ!あまりにも取れない→ならばいっそ福岡へ飛ぼうとなりまして。今年は夏もあるし控えめにしなきゃとスッパリ諦めた。あきらめ・・・てるところに1/31大阪全日程全座席まさかの大復活、その時点では「おー取れなかった人たち良かったなー」と他人事。で、次の日「・・・・まだ売ってる・・・」この辺りから理性と欲望の葛藤が始まり脳内検討会議開始。「行けるんじゃね?」「行きたいな?」「行かないと後悔するな」と仕事帰りの駅のホームでポチっとA席を購入(S席は売り切れ)いつまでも売れ残っているのが悪い*1

そんなこんなで、このところお馴染みの午後半休という手段を使いまして3年ぶりの大阪へ。新幹線の正規料金に二度見しながらも、どうにか京セラドームに到着。入れるだけで充分なので一番後ろかねーと軽い気持ちでタッチアンドゴーしたら上段下手側の1列目でした。マジかよ、神よ!

お客さん凄い入れてるらしいというのは聞いてたのですが、上から見ると本当にアリーナ通路あるの?っていうぐらいのみっちり凄まじい人。

声明

また出会えるとは思わんかったよ演説台。せっかく横の席なのでどうやって登場するのかちゃんと見ようと思っていたのに、せりあがってくる松本さんに気を取られているうちに稲葉さん登場してたwあう・・・見逃した('ω')ドームのオープニングとしては地味目な演出だとは思うのですが、これだけ大絶賛されているのを見ると衣装のインパクトは凄いもんだな。ってか衣装って大事だよね(ハンカチを握りしめながら)

CHAMP

チャンプのイントロを聞くだけで涙が出そうになる今日この頃ですが、この曲ホントに格好良いな。相変わらずチャンプ大好き廃人のままなのですが、Pleasureでもやって欲しいなチャンプ。毎回やって欲しいなチャンプ。MVも大好きなのでたまに見返してる。ライブ行きてぇ。

D

しつこく何回も言うのでばれているとは思いますが、本ツアーの一番照明が格好良いで賞はチャンプさんの受賞です。白に浄化される。

「いつもやってるやつあるやん?」とダイナソー今日はちゃんと大阪弁になってるw

孤独のRunaway

1曲終わるたびに「この曲、次聞けるのいつかな」と思う千秋楽。そして松本さんの愛を殴る姿も見納め、今日のたっくさんは良く走ってる。首元のヒラヒラは断固否定派ですが、コートのヒラヒラは正義。ここ数年、稲葉さんの横揺れの動きが増えた気がする。なんとなくイメージとしてはhydeさんの専売特許感があったんだけど。あと、今更ながらドームってステージのサイズ(特に花道の長さ)がむちゃくちゃデカいな。

ハルカ

ワウの松本さん全身像を死ぬほど防振双眼鏡で覗けるど横席至福。で、ふいに稲葉さんの方見たらタンバリン*2頭に掲げながら歌ってたんですけど、これずっと持ってたっけ?置き忘れた?

この曲はライブでの激しめなパフォーマンスがたまらんです。マイクスタンド乱暴に扱うところと、松本さんの尻尾が揺れるところ。Queen Of The Nightと日替わりでも良かったのかなという気持ちは少しだけある。っていうか単純に月下美人聞きたい。

ルーフトップ

大好きすぎるルーフトップ。仙台公演より松本孝弘さんのセクシー加減がぶっちぎっていることにようやく気が付いたので、もう一度目に焼き付けることが出来て本当にうれしい。この曲からしばらく稲葉さんの後ろの髪の毛がぴょこんって跳ねてたのを見て映像化はないんだろうなーと思う。松本さんの髪型がサラサラストレートなので余計にそう思うのかも。DINOSAURの曲のなかでも頭一つ抜けて好きだな。

稲「知らない方もいらっしゃるかと思いますが、今日は最終日です。」知ってるよー!と周りから声がかかりまくるのがさすが大阪。

FIREBALL

前週の仙台で、2番を歌い始めたところでステージを指さしてたな…といきなり思い出す。あんなに必死に思い出そうとしても出てこなかった記憶があっさりとこのタイミングで出てくる自分の脳みそしっかりして欲しい。「Do't make me down!!」と「getting lose yeah!!」が死ぬほどレアな松本さんの声。

松本さんに向けた稲葉氏の屈みかたが凄くて(ほとんど土下座)背中見えておるw

Don't Leave Me

そっれにしても今回は日替わりが少なかったねー。本数が少ないから飽きないからなのか、それともセトリの驚きよりも質を高めることを優先させたのか。収録日だった埼玉のことを考えると映像化はMOTELが確定なので、ドンリブ心して聞きましょう。エピックのドンリブもなんかの特典でつけてくれないかな。FIREBALL・ドンリブ・赤い河とこのブロックは非常に赤茶けた色のイメージ。

赤い河

この曲スケールの大きさがDINOSAURによく合っていた。まさか、こんなに満たされた顔で歌うとは思わなかったけれど、こうしてナマで聞くとCDで聞いているだけではわからない立体感みたいなものが生まれる。驚きは初めて聞いた福岡、最高だったのは東京、大阪はすごくドラムが前向きな感じが良かった。1994年の曲、長くやっている醍醐味を存分に。

稲「今日は暦の上では立春ですね。話すことがないと暦を気にしたりするんですけど、春なんですね。思い返せば・・・寒いツアーでした。お客さんは熱いですよ!気温が。ツアーが始まると風邪におびえてインフルエンザにおびえて・・・人が菌に見える!!(笑)みたいになって、マスク2枚したほうがいいのかな?とか。そういう時って精神が不安定なんで風邪ひいちゃったりするんですけど。明日からはもう歌うこともないので裸でジョギングしようかな。・・・・(急)ニューアルバムの曲聞いて頂けますか?」

風邪だよって言いたかったんだろうな。大阪だったし。

2017年の年末からのあれこれを見続けてきて、稲葉さんってお客さんにLIVE-GYMで本当に純粋にただ「楽しみにだけ来てほしい」んだろうなーと思った。それと、30周年という節目の前の変化。たぶん今までも表に出なかっただけで、いくらでもピンチはあったと思う。それがこうやって表面化したことに変化を感じる。変わらないという進化の変わらざるを得ない部分。これから先もきっと調子の悪さをまったくアナウンスしてくれないんだと思う、賞賛も罵倒も同情すらもぶっちぎっていくのだと思う・・・ってチャンプはセブンイレブンの歌だけどな←

SKYROCKET

とか、色々考えている暇はない明るい曲調で手拍子にコーラスと参加感のあるハッピーなこちらの曲。失われしハートが復活していた☆祝。

それでもやっぱり

ちょっとこの時だけ音に反響があったかな、A席のデメリット・・・・というほどのデメリットではない。下手なS席よりも当たり。というか、このツアーすごく座席運(周りの環境)に恵まれていたツアーでした。こればかりは本当に運だから、ありがたい。それでもやっぱりは、声を堪能できるのが最高。無言のPromise・僕には君がいる・Homebound・ 君を気にしない日など・Classmate・Exit To The Sunあたりのバラードって私の中では同じジャンルです。

愛しき幽霊

最終日スペシャルなのか、この日はキャップとタオルとユニフォーム(名前入り)の3点セット。稲「オリックスファンの人〜」にチラホラと挙がる手。こちらまで来てくれると上段でもとても近い(ただし松本さんは遠い)今更ながら、うむ。曲を堪能するならアリーナだなwっていうか相方がこの曲を「山崎まさよしみたいな曲」って呼ぶので通称=桜木町

あの着ぐるみどうせまたそのうち再会するんだろうなとか思いながら。

弱い男

千秋楽SPで参りますよデデンの会。もはや原型をとどめていないデデンw千秋楽なのでこれでもか!と完全に遊ぶおじさんたち。さっきまで切ない顔してバラード歌ってた余韻なんてまったくない。前のめりに準備してるシェーンもバッチリ映ってるし、松本さんの邪魔しながら絡みに行く稲葉さんゾンビみたいになってるし。客席に「やってみます?」とフリ始めるし。

そんなんなのに、曲になると急激にロックバンドになるのズルい。ダダンの進化とセッションコーナーの進化ズルい。そして、大阪の「弱い男」に出てくる男性陣たちみんなノリが良すぎで受けた。

Purple Pink Orange

どのタイミングで双眼鏡が必要で、どのタイミングは不要かというのが自分で意識せずに出来るのは最終公演の強みだけど傍からみるとアレだなwラウドジムでの先行視聴の時から大好きで、名古屋の件があってからまた少し違った印象を持つようになった曲。ダイナソーツアーの色々な場面が走馬灯のように蘇り死期が近いのかと思う。

メンバー紹介

稲「ツアーどうでしたか?」

増「楽しかったです。」

大「楽しかったです。ホンマです。」

バ「ROCKIN!」

シ「このツアーサイコウでした。アザッス!」

松「オオキニ、オオサカ!(片言)」

イチブトゼンブ

イチブさんのイントロがくるとなんというか安心感がある。あと、大サビのところの松本さんの微笑みはこの曲を聴くたびに思い出すのだと思う。

2番入る前におーさかべいべー♪

DIVE

ここのシングル両A面並びは最高に好きだった。イチブは夏にまた会えるだろうけれどダイブさんはまたしばらく会えないのかな。2番もにょりつつも強引に進める。この曲は割とそんなことが多い。DIVE!で跳ねたくなるのをぐっと我慢。

Dinosaur

アルバムツアーのタイトル曲はいつもグッときてしまうのだけれど、今年は特に。ウルトラ下手席ではダイナソーくんの尻尾側しか見えないわけですが、結局A席っぽい見えにくさというのはこの演出だけだった気がする。心配していた音の反響もそんなに酷くはなかったし。演出としては大変に古風なこれぞダイナソー!というバボットだけど、イントロ真暗にして一気に色が付くのはベタだけど最高。あと、しょっぱなの一発吠えたシャウトが太くて伸びすぎで思わず笑う。ギターソロ前にアウアウ吠え、いつもより多めに吠えております。この曲のリフは洗練されてるとは言いがたいのに説得力がある。こーるみーだいなそー!

の頼もしさったらない。衣装は緑のヒョウ柄

King Of The Street

これのタオルにしろ、水の入ったプラコップにしろ稲葉さんの投げたものってみんなSS席じゃなくてS席なのねー、両方とも客席には届かずスタッフの人が拾ってタオル→放り投げ(当然争奪戦)コップ→目の前の人に手渡し(周辺も祝福)な感じだったので、見てる第三者としては手渡ししてくれた方が平和で気持ちが良い。蛇足ですが、むかしむかしマンウィズのライブでボーカルの投げたマフラータオルが私の前後の人で奪い合いになり、おぞましい綱引きに巻き込まれたことがあるw(っていうか何故に取れなかったのだ…)タオル回してると記憶力が低下するから*3止めようって毎回思うのに、なんかうっかり回してしまうのよ・・・なぜ。

フキアレナサイ

ここのコール&レスポンスも弱い男と同じく進化を続け、今日はついに松本さんが逃げないように腕掴んでたw通せんぼよりもダイレクトですよ。松本さん、ラスト頑張って声張ってたのと稲葉さんのロングシャウトすっげぇ。語彙力なさすぎだけどマジですっげぇ。コール&レスポンスが始まると布のおねーさんはいったん下がって待つ(長いからね)のと、大サビで紙吹雪が舞ってるのはスタッフがバケツから人力で投げ込んでるのに気が付く、嗚呼マンパワー


(かなり文章が曖昧なのでおおまかなニュアンスで)

稲「どうもありがとう!大阪の雄叫び凄かったです。ツアーを通してアルバムを作ったときよりもダイナソーという意味を感じています。ひとつは恐竜と言う意味で、もうひとつは時代遅れという意味で。これは僕の妄想なんですけど、どこかで恐竜が知れずにサバイブして生き残っていたらいいなと思ってまして、そういう誰も見たことが無いロマンチックでミステリアスな存在に惹かれました。僕たちも古いといわれる音楽をやっていくなかで、こういう仕事をしていくと古いとか新しいとか言われるんですけど・・・もう、気にしていられないので。時間は止められないから!自分たちが一番影響を受けたスタイルを磨いて武器にしてゆきたいと思っています。これからも、B'zにしかできない音楽、LIVE-GYMに来てくれれば他では聞けない音をとどけることができるか?それだけを判断基準にしてやっていきたいと思うのでよろしければお付き合いください。よろしくお願いします!」

ダイナソーツアー過去最高にまとまってた気がするMC。今個人的に稲葉さんのライブMCの遍歴まとめてるんですけどなかなか面白い。

Still Alive

松本さんの静のギターに歌声が乗り、そこにバンドが加わって動になるの最高すぎる。

ultra soul

「一緒にもうひと騒ぎしちゃいましょう!」と満を持してのウルソ。京セラドームはジャンプ禁止なので堪えつつのウルソ。イヤモニの調子がイマイチなのか手で押さえる仕草が何度か。シェーンの前にバリーとふたりでならんでカメラ指さしてるの可愛すぎた。モニター大正解。

BANZAI

あーーーーーホント良かった(´;ω;`)名古屋30日の次に感慨深い「ここまで来たことを称えましょう」千秋楽のアンコールはやっぱり何度行っても独特の空気感がある。無事にツアーが終わる、いつも感じる寂しさよりもホッとした気持ちの方が大きい。

千秋楽のラスト恒例のご挨拶。スタッフとバンドとお客さんに感謝を述べる稲葉さん。

稲「ツアーが無事に終わるのは痺れることです。心から感謝しています!いきましょうか!・・・せーの、オツカレー!」幸せをかみしめるような満たされた表情。お疲れ様。ズンチャッチャ流れるなか、今思い返せば中央で拳をあわせるふたり&ステージの端までで止まるB'zを見て「あれ?」という違和感を覚えていたわけで、そう千秋楽と言えば花道端までのご挨拶(松本さんのぴょーん)からのハグ。今回は無しなのかな・・・って予想ではもっと感極まった感じになるかと思ってたんだけどなと「この街で叫ぼう」の指揮をする松本さんと「大阪ね」と教えてくれる稲葉さんををへらへらしながら見ていた私。おおさかー!と叫んだ瞬間、暗転。

ツアーが終わった寂しさと安堵感といろいろ混ざったぐちゃぐちゃの気持ちを一気にフリーズさせる暗転。

B'z 」の赤いロゴ。Pleasureのイントロ。



THIS SUMMER



B'z LIVE-GYM Pleasure 2018




鳥肌が止まらない。思考が付いていかない。

絶叫のドームに笑いながら「今が一番盛り上がってるんじゃないですか?・・・そーゆーことなんで!夏に会いましょう!」と随分軽いノリで、でも最後の最後「どうもありがとう!!」はむっちゃ力強い声だった。興奮の冷めない客を残し、ステージを下りた稲葉さん。降りた先にはバンドメンバーがみんな待っていて、たぶんあれはシェーンだったと思うのだけどひときわ強く抱擁していました。泣くわ( ;∀;)


まとめ

ダイナソー無事完走。楽しくて、カッコよくて、可愛くて、死ぬほど心配して、泣くほど安心して、忘れられないツアー最後の1日。見届けられてよかった。そして、あの瞬間に立ち会えてよかった。約束なんかしない人たちとの夏の約束、熱い夏になりそうです。

*1:清々しい責任転嫁

*2タンバリンと言うかこういう周りのシャンシャンしてるやつだけの。あくまでイメージ画↓

*3:ギリchoもそう

2018-02-04

[][]B’z LIVE-GYM 2017-2018 LIVE DINOSAUR仙台公演へ行ってきた。

f:id:noki623:20180203130819j:image:w300

2018年1月27日28日 セキスイハイムスーパーアリーナ

大好きな仙台の街へ行って参りました。

ネタバレにご注意くだされ。

続きを読む

2018-01-28

[]仙台

f:id:noki623:20180128235704j:image:w300

2018年1月27日〜28日

青葉城にやっと行けました。

2018-01-26

[][]ジャングルの極限レースを走った犬 アーサー

日本ではあまり馴染みのないアドベンチャーレース。簡単に説明すれば超過酷なチーム戦の耐久レース・・・走るのはもちろん、自転車に乗ったりボートを漕いだり、コースはジャングルやら沼地やらなんでもあり。1週間睡眠もそこそこに700キロを競い合う。そんなナスDもびっくりなレースの魅力に取り憑かれているスウェーデン人の著者が南米エクアドルで出会った1匹の野良犬。

特に犬が好きなわけでもなかったのに、レースの最中になぜかチームに加わった金色の犬アーサー。

旅先で運命の犬に出会い、心を通わせ、母国に連れて帰ろうと奮闘する男性の話は意外に多い。

戦禍のアフガニスタンを犬と歩く

戦禍のアフガニスタンを犬と歩く

アフガニスタンバーブ

同じくアフガニスタンのナウザード

戦場で出会った子犬の物語

戦場で出会った子犬の物語

イラクで出会ったラヴァ

あと国を超えて犬を運ぶのはなかなか大変。

バルとサーシャと妻とぼく

バルとサーシャと妻とぼく

これは飼い犬ですが奮闘する日本人。

犬が選んだような物語はマールを彷彿とさせる。

出会いはどこに転がっているかわからない。

2018-01-22

[]Thanks 2000000HIT!

気が付いたら過ぎておりました。・・・ダブルミリオン!愛まま!!

画面の向こうのアナタ、いつも見守っていただきありがとうございます。よろしければ今後もお付き合い頂けると嬉しいです。

2018-01-20

[][]B’z LIVE-GYM 2017-2018 LIVE DINOSAUR東京公演へ行ってきた。

f:id:noki623:20180116192900j:image:w300

2018年1月8日 東京ドーム

東京ドームでB'zを見るのは久しぶり。やっぱり大きいねビッグエッグ

今日は去年のサマソニでのイナバサラスから興味を持ち始めた友人*1をお誘いして・・・なんかソワソワするwなんだろう、我が自慢の推しを見てくれ!という強気な気持ちと9300円という映画を誘うよりだいぶ高めな価格設定のせいか。

ネタバレ注意でっせ!!!

続きを読む

*1:本命は関ジャニ

2018-01-16

[][]B’z LIVE-GYM 2017-2018 LIVE DINOSAUR名古屋大晦日公演へ行ってきた。

f:id:noki623:20180116055057j:image:w300

2017年12月31日 ナゴヤドーム

12/5と12/30を頑張って書いたので大晦日は簡潔にサラッと覚書。今書かないと絶対に思い出せない←

いつもより若干良い宿にしたせいもあってか睡眠はばっちり。昨晩の気迫みたいなものに気圧され若干の疲れはあるものの、これはどちらかというと精神的なものだと思う。たまには名古屋らしいものを…ということで味噌煮込みうどんを食べたら(モーニングの時間に起きれなかった)することがなくなってしまい、今まで行ったことのない熱田神宮へ足を運んでお参り。もちろん願いはただひとつ、早く喉の調子が良くなりますよーーにーーー!!!

ニューイヤーイブ目当てにガチャぶっこむも今年はなかなか相性が悪くて、予算使い切り終了(-ω-)チーン

昨日に比べ気持ち的には全然楽、昨夜の吐きそうで逃げ出したいような緊張感は無い・・・だけど根がネガティブな人間なもんで「昨日より悪くなってたらどうしよう」とはずっと思いながら。とりあえず、今日さえ乗り切ってくれればと思いながら。大丈夫、きっと大丈夫、今日のお客さんは大晦日の夜に家族で紅白を見ながら団欒するよりもB'zを優先した人たちだから。大丈夫、大丈夫とずっと自分に言い聞かせながら。

ネタバレ注意!!!

ぺろんと出てきた座席券は毎度おなじみ1階スタンド、昨日よりも真ん中に近いほぼ正面。椅子がクッションになってるちょっといい席。

続きを読む

2018-01-10

[][]B’z LIVE-GYM 2017-2018 LIVE DINOSAUR名古屋公演へ行ってきた。

f:id:noki623:20180109133441j:image:w300

2017年12月30日 ナゴヤドーム


12月28日のお昼。

そういえばフェスのセットリストはどうだったかなーという軽い気持ちでリアルタイム検索をしたRADIO CRAZY、流れてきた情報は「B'zが中断してる」なんだろう?機材トラブルかなんかかな?「2曲で中断して客電も付いてる」これはただ事ではない、ステージが小さいって話だったからもしかして将棋倒しでも起こったか・・・

「稲葉さんの声が出ない」

「え?」

本当に携帯を握りしめたまましばらくアタマが働かなくなった。そんなバカな、ほんの5日前に行ったライブではむしろいつもよりも調子が良いぐらいだったじゃないか。何かの間違いであって欲しいという願いとは裏腹に徐々にわかる詳細にさらに衝撃を受ける。

今までだって調子が良くないときは何度かあった。でも、中断したことは1度もなかった。・・・なんて言ったらいいのか言葉が見つからない。自分でもびっくりするぐらい動揺してしまって、私がうろたえたところで何が変わる訳ではないんだけど、それでも。

一番の懸念は明後日に迫っているナゴヤドーム2デイズ、そんなにすぐに喉って治るもんなんだろうか?大事をとったほうがいいんじゃないか。聞きたいのに聞きたくない、何をどうすることが正解なのかわからない。今まで経験のない事態に、不安に押しつぶされそうになる。でも、どこか一方でこれまで30年やってきたんだから大丈夫だという気持ちもある。どっちつかずな感情がゆらゆらして、情緒が不安定になる。刻々と時間は過ぎ、29日の夜に名古屋へ向けて出発。こんな気持ちでB'zのLIVE-GYMに行くのは初めて。やっと振り替えられる過去になったから今こうやって書けているけれど、あの時は本当にそれどころじゃなかった。そんな余裕はなかった。

いつもよりギリギリに入場。出てきた座席券は1階スタンド正面のやや下手側、スピーカーの近くでスコーンと音が気持ちよく届く普段だったら当たり席・・・だけどこの日はなんてよりによってと思った。ナゴヤドームは満員、圧倒的な人の数に今どんなことを思っているんだろうと考えはじめるとまたぐるぐると思考スパイラル。。

祈るような気持ちで、いや実際に祈りながら開演を待つ。

ネタバレ注意!!!


続きを読む

2018-01-07

[][]B’z LIVE-GYM 2017-2018 LIVE DINOSAUR福岡公演へ行ってきた。

f:id:noki623:20180104213318j:image:w300

2017年12月23日 福岡ヤフオク!ドーム

もともとダイナソーのツアーは控えめにしておくつもりでした。今年は何と言ってもアニバーサリーツアー、夏ツアーもあるだろうし、まだまだきっと隠し球もあるし*1当初の予定は名古屋2+東京1+仙台2+大阪1=6公演。しかし、各種申し込んだ千秋楽があまりにも落選続き、しょうがないので代案を考え始め、目をつけたのが福岡ドーム。23日を半休にして日帰りできるんじゃないの?チケットもまだ取れそうだし。ドームの初日っていうのも良いね。

飛行機の値段を調べれば、1泊した方が安くすみそう。祝日だけど値段も落ち着いて3万円でおつりがくる。さーて、チケットはどうしようかな・・・と思った時にちょうど運良く機材解放席なるものの抽選がはじまり、それに申し込みをしたのでした。無事にクラブジム枠S席が当選し、7年ぶりMAGIC以来の福岡行き決定。

仕事を昼に切り上げ、そのまま羽田空港へ、冬休みに入ったばかりなので手荷物検査で時間がかかるかと思いきや意外にもスムーズに。

羽田発2時5分発の飛行機で博多到着は4時。開が5時というかなりぎりぎりなスケジュール。できれば初回はオープニングから見たいけれど、2曲程度はやむを得ないかもしれない。でも、やっぱ登場は見たいな。

グッズは終演後買えるかな。そんなことを思いつつ、ふと腕時計を見ればすでに2時15分をすぎている。


/(^o^)\

マジかよ。こっちは1分1秒を争うってのに・・・

結局、飛行機が羽田を飛び立ったのは2時30分過ぎ。2時45分には開場なのにまだ東京にいる絶望感ったらない。泣きそうになりながらも、こればかりはしょうがない。

ANAの頑張りもあって、30分近くも遅れた割に到着はほぼ定刻。もう今度はありがたくて泣きそうになる( ;∀;)

はやる気持ちを抑えつつ、地下鉄へ向かう。このあたり行けば思い出すだろうと思ってましたが、まったく記憶になかったw(参考までに空港から地下鉄までは新橋改札から横須賀線ホームぐらい距離がある)地下鉄で約20分、4時40分に最寄りの唐人町に着く予定。ドームまで徒歩15分、果たして席まで5分で行ける・・・のか?

改札を出て始まるヨーイドン、もう誰もいないかと思えば結構いるギリギリで生きていたい同士の皆さん!!!川沿いの道を走る!抜いたり抜かれたりしながら走る!1泊なのに荷物がクソ重い、そして1人だけコートにマフラーに手袋と完全重装備な冬の格好をしているので暑い!(この日の福岡は暖かかった)歩道橋の階段が辛い!道がデコボコしていて何度もつんのめりなりそうになりながら死にそうな形相で入場ゲートにたどり着く。良かった!まだ始まってなさそう。

が、ペロンと出てきた座席券に書かれた通路は2通路っっっっ!!おおおお真逆!!

そこからさらにドームを半周、なんとか席にたどり着いてコートを脱いでいる時に客電が落ちた。

ネタバレ注意!!!

続きを読む

*1:結局有楽町もあったわけで

2018-01-01

[]2018

あけましておめでとうございます。

f:id:noki623:20180101235741j:image:w400

わんっ!

2017-12-31

[]ゆくとしくるとし2017

毎年恒例。

一番良かったCD

CHUBBY GROOVE(初回限定盤)(DVD付)

CHUBBY GROOVE(初回限定盤)(DVD付)

チャビー今年だなんてウソだろ…

恐竜さんとは仲良くなるまでもう少し時間がかかる。

一番良かった本

今年は再読ばかり約90冊。お友達におススメされたアプリが良くて読書がはかどりました。

移動系はこっち。

チベットを馬で行く (文春文庫)

チベットを馬で行く (文春文庫)

定住系はこちら。

一番良かったライブ

これは後日また別で(書き直し中)


ライブは札幌・名古屋・東京・茨城滋賀・福岡…今年も良く行きました。特に滋賀の弾丸ツアーねw良く行ったよ、ほんと。プレミアムライブも忘れがたい。ずっといい場所で見れていた珍しい年。

7月には1年3ヶ月の闘病の末に最愛のお犬を見送り、きっと激しいペットロスになると構えていましたが、やりきったからかそんなに後悔は無く。去年の今頃は抗ガン剤を打ちに毎週病院へ行ってたのが遠い昔のようだ…戌年に肝心の君が不在なのはとても寂しい。

今年は1月にツイッターを始めまして、きっとすぐに飽きるだろうという予想を裏切り、どうでもいい呟きを淡々としております。なんで今更やり始めたんだっけ?と思い返せば1人で札幌遠征するのが寂しくてヒマだったからでした。

その分、ブログの方が少し疎かになってしまった気がするので、来年は…頑張ります。ブログは積み重ねていく感じが、ツイッターは流れていく感じがいいなと思ってます。

来年も、変わらずこんな感じでゆるやかにやってくかと思います。今年も大変お世話になりました。2018年もどうぞよろしくお願いします!それでは、皆さま良いお年を!

[]名古屋

f:id:noki623:20171230135049j:image:w300

2017年12月30日〜31日

大晦日だよダイナソー

昨日はこんなに晴れていたのに。

2017-12-24

[]博多

f:id:noki623:20171224102533j:image:w250

2017年12月23日〜24日。

クリスマスイブイブ。

2017-12-16

[][]戦場に行く犬

ビンラディン作戦の突入にイヌが使われたことは世界中の愛犬家に大きなインパクトを与えた。これだけ科学の進歩した現代において、戦場の最前線に犬。

今までその存在は多くを語られることはなかった*1理由はわかりやすく明快で、それは彼らが装備であると同時に軍事機密でもあるから。そんな部分にスポットライトを当てたのが本書。犬の入手方法、訓練、ハンドラーとのマッチング、実際に戦場へ派遣され行う活動、アメリカの軍用犬の置かれた立場なんかにも触れる。よく言えば読みやすく、悪く言えば広く浅く現代のアメリカ軍犬事情が書かれている。あくまで体験ではなく内部の人から得た「情報」なので、現場より少し距離を感じる点が少々惜しいところ。

この分野においてもやはり陽性強化に傾いてるのねーと時代を感じてみたり、最高の仕事だと語るハンドラーたちの自負心とともに戦地へ行く犬たちにはやはり命の危険はつきもの。「使役犬」と「家庭犬」はうまく気持ちの区別をしないとこちらがやりきれないと思ってみる。


隊の先頭であるウォーキングポイント、一番危険なその場所で、いくつもの命を背負って働く無邪気な犬達に幸あれ。

*1

資料としてはこっちの方が詳しい。