ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

しあわせのかたち。

2016-11-29

11月29日

1年前は福田さんの卒業を見届けに武道館に行ってたんだなぁ…。

正直、今年だったらどうしてもどうしても公演の翌日の月曜は朝一から仕事に出なければならず、休みは絶対に取れなかったと思うので…天に感謝。

f:id:nozamaihsih:20151201224904j:image

そのときどきに抱いている想いを比較することは難しいけど、純粋に、あの完成度の高さ、パフォーマンスの素晴らしさを越える公演というのは、そうそう見られないだろうなって、今でも思います。自分の人生史上ベスト現場を挙げろ言われたら、その一角を占めることは間違いないです。

そのときもアンジュルム最高!と思ったし、今もアンジュルム最高!と思えていることが嬉しいです。ピークっていうのは何度やってきても良いと思うので(笑)。

〜〜〜

武道館公演での福田さんは、こんなに愛に溢れた人だったんだなぁ…って、改めて気づかせてくれる素晴らしいパフォーマンスを残して卒業していったわけですが…そんな人として素晴らしいお姿もそうですが、卒業してからの、やっぱり面倒くさい感じの福田さんも嫌いじゃなくて、本当に面倒くさいですけど(笑)、彼女が構ってくれなくなったら寂しくなっちゃうんでしょうね、きっと。

そんなわけで、卒業1周年おめでとうございます…というのも変なのかな? まぁ、これからもよろしくねということで。

2016-11-28

アンジュルムライブツアー2016秋〜絆〜@小樽 に行ってきました!

昨日はライブから帰ってきて、満足感と疲労感に襲われながら早々に寝てしまってました(汗)。21時前に寝てしまったとか久しぶり(汗)。アラフォーとしては本気参戦のスタンディングライブ2本もなかなか応えますし、北海道民とはいえ、寒い中、長時間外にいたら疲れるわけで…。

だがしかし…そのおかげで今年は見られました!アンジュルム雪合戦!!昨年は会場にいたのに、雪合戦の開催に気づけず見逃していたので、今回はある意味、必死でした(笑)。

それにしても、こんなことがライブ会場横の空き地で、ファンの目の前で行われることがあるんだなぁ…と、その光景を見守りながら、何とも不思議な気分になりました。近い人は、本当に目の前で、それを見ていたので。りなぷー曰く「ファンの皆さんが身をわきまえて」「溜まり場見たいところから」見守ってくれるからできるんですよね、と(笑)。

もう少し上質な雪でお出迎えしたかったんですが、当日、雨が振るような天候で、シャーベット状の雪が少し残っていた程度。雪8割ドロ2割みたいな感じで、終わった後は若干、ドロにもまみれてしまったそうですが、メンバーは楽しそうに遊んでました。

油断したらやられる!(笑)みたいな感じで、隙を少しでも見せたら雪が飛んできたり、背中に雪を入れられたり、耳にも雪が入るメンバーもいたり…と仁義なき戦い(笑)が繰り広げられ、メンバーの素のリアクションも見られて楽しかったです。

雪合戦には参加せず、写真や動画を撮ることに専念していたりなぷーがまるでマネージャーさんみたいだったのも何だか面白かったり(笑)。

ひとしきり遊んだ後、引き上げ際にかななんがたけちゃんを捕まえて「雪だるま作った!」と笑いを取りながら(笑)、メンバーは建物の中へ帰って行ったのでした。

〜〜〜〜

今回はネタバレ全開で書いていきますね。

一番、こみ上げてきて泣けてしまったところ

自分でも超意外だったのですが…今回のツアーですが、公演毎の回代わりで、メンバーが2、3人でのユニットを組んで2曲ずつ披露してくれるのですが、かみこちゃんとかっさーの後輩コンビが聞かせてくれた「泣き虫少年」でした。

Cafe Buono!

Cafe Buono!

Bouno!の名盤から。このアルバム好きなんですよね。曲もオリジナルは嗣永さんの低音の歌声を堪能できるナイスな曲です。

楽曲の良さもありますが、かみこちゃんとかっさー2人のイキイキとしていて勢いがあって、荒削りだけどキラキラなパフォーマンスで客席をグイグイと引っ張るステージングを見ていたら、目頭が潤んできちゃって。泣き虫おじさん的な(←上手いこと言った感だそうとして、全く出せてない感…)。

明るい未来が目に浮かんでくる幸福感や…勝手な親目線的なものもあるのかな?(汗)良いパフォーマンスだったんです!映像素材をもらえればそれを肴に一晩酒を飲める!くらいの(笑)。

こちらの勝手な「期待せずにはいられない気持ち」って、まぁ、どうなったら、それを叶えてもらったといえるのかも、あやふやなことで、これと決めようがないことだし、そんなワクワク感をもらって、応援させてもらえるだけで幸せなことなんですけど、長いことヲタを続けていると、何というか期待と現実のギャップ的なものに打ちのめされることもあったりして。

ちょっと疲れちゃったりして、もう、そんなに踏み込みすぎずに緩い感じで見守っていくか、なんて思たこともあるけど、こういうステージが目の前で展開されて、それを目の当たりにして理屈抜きにワクワクしてしまううちはヲタ卒とか無理なんだろうなって、そう思います(笑)。

このコンビにそんなアクトを見せつけられるとは、正直、思っていなくて油断していていたので、すっかりやられてしまったのでした(汗)。

かみこちゃんとかっさー

f:id:nozamaihsih:20161128224216j:image

かみこちゃん可愛い…と、昨日は寝言で言ってしまったのではないかと心配してしまうくらい、会場でそう思ってました(爆)。小樽公演は前日に食べたカニのカニパワーで頑張ったそうです。

彼女を初めて見てから、会う度にパフォーマンスが満遍なく底上げされいく様子を目撃し続けている感じなんですけど、どこか一つ殻を破って飛び出し始めたら…どうなるんだろう。また、勝手な期待が(笑)。

10ヶ月前に今回と同じ会場でツアー初参加の彼女を見ました。そのときの1曲目が「ドンデンガエシ」で、ワンコーラス目から、以前、福田さんが歌ってたパートがいきなり彼女に任せられていて、凄いなと思ったんです。歌う前にクルッと体を1回転翻して、真正面をグッと見据えて歌い始めるんですが、こんな小柄な子が、どれだけのプレッシャーを肩に背負って、それに潰されないように、どれだけ強い気持ちを持ちながらこちらを振り向いているんだろう…なんて、そのシーンがとても印象的で覚えていて。

今回「ドンデンガエシ」は本編のラストなんですが、そこで同じフレーズを安定感、音圧も増しながら歌い上げている彼女を見られて嬉しかったです。

〜〜〜〜

f:id:nozamaihsih:20161128224219j:image

かっさーは見ていて面白いですね。素敵な子が入ってくれたなぁ…(しみじみ)。

かっさー固定のソロDVDが出るなら欲しいくらい、笑顔から凜々しい表情とか、ちょっと煽ってくるかのような挑戦的な表情などなど、表情も豊かだし、動きも、現状持てる力を出し切って頑張ってる感があふれまくっているフレッシュなパフォーマンスが素晴らしい。

ポニーテールで決めてくる凜々しい表情とか、個人的にはとっても大好きです(汗)。るろ剣の薫役とかできると思います(何)。

そういえば、彼女に対してやらかしたことが…。握手でのことなんですけど、今回は上から期ごとの年齢順での握手で、和田さんからはじまり、最後がかみこちゃん、かっさーの順番。かみこちゃんには「今日も可愛かったです」とか、軽口を叩いてみたのですが、次のかっさーの純粋そうな目を見たら、その瞳に吸い込まれてしまったかのように動けず、声も出せず、かっさーに手を強めに握ってもらいながら無言で立ち尽くすおっさん…という失態を(汗)。不快な思いをさせてなければ良いんですけどね(涙)。

2016-11-27

アンジュルムライブツアー2016秋〜絆〜@小樽

本日は、北海道でのアンジュルムのライブ開催日です!

正直、めいめいこと田村芽実さんに心酔し過ぎていた自分としては*1めいめいがいないアンジュルム単独ライブを観るのが怖いなぁ…なんて気持ちも少しはあるのです。でも、アンジュルムのメンバーのこと好きだなぁ…という気持ちは、それとは別に湧き起こってきて深まっていくばかりなので、多分大丈夫なのです。

しばらく姿も見られないと思っていためいめいツイッターを始めてくれたりして、近影も含めて、頑張っていること・姿を見せてもらえてもいることも大きいかもしれないですね。

スマイレージアンジュルム現場には、ずっとめいめいTシャツを着て参戦していたので、今回はどうしようかな…と、ツアーグッズの一覧を眺めていると、どうやら今回もTシャツはクールハロー仕様の模様(涙)。

そこで、遂に手を出してしまったのです。自作Tシャツに(業者への発注ですけど)。誰のTシャツを作ろうかな…と、3日ほど真剣に悩んでみたのですが、決めました。

続きを読む

*1:彼女の卒業にショックを受けたこと意外に要因を説明できない体の変調があったりとか! 自分がそんな繊細な人だったとは!(爆)