Hatena::ブログ(Diary)

まりふのひと RSSフィード

訪問数:3203241直近記事一覧見かたPCRFAQ別紙ふせんSSKPro一覧)|麻里府発OneDriveiPS-BB掲示板2
月間予定表予定一覧MAPS-TAMAPS-TPiPS-77iPS-BB)(修了:iPSなかよしiPS遊々, iPSマクロ研WAWP)|よくある質問

 

2017.6.28 (水)

今年最後の田植えの手伝い|午後からはブログの下書きを仕上げた

 今年最後の田植えがあった。隣の田であるが、2年前までは現役だった田。
今年、苗が余るというので急きょ借りたもので約1反×2枚。

 8時、いつもの手順で苗を運び出す‥‥ 計51枚を2回で運んだ。
田植え機も調子良く、11時半には終わった。が、長男曰く、「何で平行に作ってないんだッ!」と。田んぼの長辺が平行でなく、植え継ぎが必要だからだ...


 しかし今年は、23日に注射した場所が今も痛く、かがむ度に気になるので、午前中で早退することにした。何があったのか‥‥

  1. 23日午後は田んぼの野焼き
  2. そういえば夜は体調不良で、顔も洗わず布団の中に入ったっけ...
  3. 24日は、朝から田植えの手伝い。
  4. 25日は窯開けだから、疲れも無いはず。
  5. 26日は午後から草刈り
  6. 27日午前は MAPS-TA、午後は草刈り

 何時もなら、当日と翌日は静養的な生活をしていたが、2., 3. が堪えたのかなぁ〜


 午後はおとなしく過ごそうと、軽トラを水洗いし、ブログの下書きを一週間振りに仕上げた

Word2013/「Wordで作る備忘録」の自作スタイルの削除で苦戦した

 「Wordで作る備忘録」の手順を検証中の出来事。

  1. 箇条書きの行を作成し、
    • 行頭文字:小さい〇、左インデント:0字、最初の行:ぶら下げ、幅:1字
  2. [新しいスタイル]を作成した。f:id:ogohnohito:20170627104024p:image:w400:right
    • 名前:備忘録4
    • 種類:段落
    • 基準にするスタイル:リスト段落(規定)
    • 次の段落のスタイル:備忘録4
  3. 作成したスタイル「備忘録4」を削除する。
     スタイルを削除するには(ワニchanのぱそこんわーるど 2017/04/23)
     不要なスタイルを削除するには、[スタイル]ウィンドウの対象となるスタイルを右クリックして、ショートカットメニューより[削除]を選択します。この際、そのスタイルが適用された個所はスタイルが解除されて[標準]スタイルになります。
    1. 【スタイル】ダイアログボックスを表示する。(右図)
    2. f:id:ogohnohito:20170627140542p:image:w360:right「備忘録4」を右クリックするも‥‥
      1. [削除]メニューが無い!
      2. [スタイルギャリーから削除]しても、リボンのギャラリーからは消えるが、スタイル・ダイアログボックスからは消えない。

  4. 再度、ネットを検索・確認等‥‥

  5. ふと、「リスト段落に戻す」が何故あるか‥‥
    • 基準にするスタイルが「リスト段落」だからだろう...
  6. ではスタイルの「リスト段落」は削除出来るのだろうか‥‥ と、
     リスト段落を右クリックすると「リスト段落の削除」はある。
    • 「リスト段落」の基準にするスタイルは「標準」になっていた。

  7. f:id:ogohnohito:20170627140533p:image:w360:right「備忘録4」の基準にするスタイルを「標準」に変更すると、
  8. スタイルの「備忘録4」の右クリックメニューに「備忘録4の削除」が出たぁ〜


 更にテストを進める‥‥

  1. 「備忘録4」の基準にするスタイルが「リスト段落」の状態で、
  2. f:id:ogohnohito:20170628163617p:image:w240:right「リスト段落に戻す」を選択すると、
  3. 何と「備忘録4 スタイルを文書から削除しますか」の警告が出て、
  4. [はい]を選択すると、
    • スタイルから「備忘録4」が削除され、
    • カーソルのある段落は「リスト段落」になった。


≪結論≫
  1. スタイルを削除するには、基準にするスタイルを「標準」にする必要があった。
  2. 基準にするスタイルを「標準」以外(例えば XXXX)にすると、「XXXX に戻す」のメニューが出る。
     これを選択すると確認メッセージ後、削除出来る。

 但し、2. の方法は、羊頭狗肉の感があり、お勧めできない‥‥ かも。

2017.6.25 (日)

89th(c)昭輔窯/精錬度は前回並みであった

今回のポイント

  • 目標は、前回(88回)並みの品質で操業時間の短縮。
  • 底部 12cmまでは、比較的乾燥した竹を詰めた。

焼け落ち量

 内窯の高さ 57cm。

今回
89回
f:id:ogohnohito:20170625215803p:image:w320
  • 茶色は酸化鉄。(たぶん)
  • 内窯と上蓋の間に竹が挟まって(の部分)隙間が出来た為か‥‥ (準備に手抜かりがあったということ)
  • 煙の漏れが多かったのも この所為だろう...
  • 落ち込みは比較的少なく、極端な「穴」も無かった。
88回 f:id:ogohnohito:20170507110503p:image:w320
  • 局部的に落ちている場所があるものの、
    比較的きれいに焼けていた。
87回 f:id:ogohnohito:20170507114030p:image:w320
  • 焼け落ち量が大きいとは思っていたが‥‥
    特に手前(焚口と反対側)がひどい。
  • 精錬度が Goodなので、仕方ないか...
86回 f:id:ogohnohito:20170310192125j:image:w320
  • 平均的に焼け落ち量は小さく、
    「おやッ?」という感じであったが、
    局部的にはかなり凹んでいた。
  • 一部に錆が付いていたが、
    平均的? で気になるほどではなかった。
85回 f:id:ogohnohito:20170120051337p:image:w320  


精錬度

今回
89回
f:id:ogohnohito:20170625220209j:image:w480
  • 今回より精錬度≦2.0(100Ω以下)を一級品とした。
    f:id:ogohnohito:20170625223551j:image:w200
    まずまずの一級品(左側)が採れた。
  • 底部 12cmは、前回より乾燥度では劣るが比較的乾いた竹を置いた。
  • 薪にする竹は十分に用意し、ボンボン燃やした積りだったが...
  • 精錬度では前回より劣った。
88回 f:id:ogohnohito:20170505185615j:image:w480
  • 底部 10cmは、比較的乾いた竹を置いた。
  • 前回より2cm少ないのは、見通しの甘さで準備不足。
87回 f:id:ogohnohito:20170323182620j:image:w480 底部 12cmは、乾いた竹を置いた。
86回 f:id:ogohnohito:20170310192733j:image:w480 上部 5cmは、精錬度不足の炭を置いた。
85回 f:id:ogohnohito:20170120051727j:image:w480 底から10cmまで
精錬度不足の炭を置いた。
84回 f:id:ogohnohito:20161224094157j:image:w480 底から5cmまで
精錬度不足の炭を置いた。
83回 f:id:ogohnohito:20161224100520j:image:w480 底から12cmまでは
82回の(乾いた)残り竹。


結果

  • 朝起きた時は雨だったが、昼間には晴れ間が‥‥ で、15時より窯を開けた。終了は16時半頃。
  • 精錬度は、87回より劣るものの、量的には同じであった。
  • 時間的には、88回:11時間45分、今回は11時間であった。
  • 乾燥度の高い竹を底に敷くのは、精錬度の高い炭をつくるのに「効果あり」と思われる。
  • 内窯と上蓋の間に竹を挟んでシマッタ!
     「やけに煙が漏れるなぁ〜」と感じたのはこの所為であったと推定される。(反省

2017.6.24 (土)

田植え用の苗を運ぶのにバテバテ

 昨夕、野焼きが済んで帰宅。動かなくなったためか急に寒さを感じ、顔も洗わず(午前中 注射したので、入浴は禁じられている)厚手のジャンパーを被って横になる‥‥

それでも良くならず、かろうじて起き出し、顔だけは洗い‥‥ 布団を敷き、掛け布団を被って、そのまま寝てしまった。


 今朝は‥‥ 体調は普通? に戻っていたが、一食飛ばしているのに食欲はない。
腰がチョッと痛いかなぁ〜 っと、ラジオ体操をし、それなりに動けるだろうと 8時前、田植え用 苗の運搬のため、一人岸田(交差点のあるところ)に出掛けた。

 昨日聞いていたとおりに緑米の苗 32枚をはがして運ぶ。1時間要したぁ〜
その後、赤米を 50枚近くを ん時間 掛けて運搬した。

食欲はまだわかないので、軽目の昼食をいただき、また苗の運搬。しかし今度は二人で‥‥

 田植えは順調に終わったが、14時頃からの小雨は次第に弱雨変わっていた

長男が、「苗箱を洗ってもう帰りぃ〜」と言い、自分は昨日草を燃やした田の粗起こしに行った。

 17時、帰宅。寒気が増したので風呂に入る。
その後の体調は、普段並みであったが、早めに床に入ることにした。

2017.6.23 (金)

放棄田んぼの草を燃やした

 午前中は病院に行ったので、15時頃から、長男が草刈りした放棄田んぼ(1反)の草を燃やした。

まずはチョッとだけ燃やす‥‥ と、北西の住宅の無い方向(田布施川の方向)に煙が流れたので、「絶好の野焼き日和」と判断、まず一辺約 60mに点火した。

 すごい煙の量が納まった頃、近所の人が出て来られた。
家の方向には煙は流れていない‥‥ はずだが「苦情かな」と頭を下げて近づく‥‥

  • 田んぼするのですか?
    • 長男がすると言うので‥‥
  • 80歳になり田んぼは止めました。向こうが私の田です‥‥ (と言われて田布施川の方向を指差す)
  • 3年振りですかね、一面田んぼになるのは‥‥
  • しかし、ここで秋から太陽光発電をすると聞いているのですが、稲刈りが終わってから工事に入るのかな?
    • 事情はわかりませんので、長男に聞いてみます。
  • 私も聞いてみましょう。

で、分かれた。


 「苦情」でなくて一安心。むしろその逆かも...
何と、水路上に置いてあった石を持って帰らたぁ〜(シエシエ !!!

前立腺がん/定期治療で周東総合病院へ…PSAは0.1下がり0.6であった

 予約は 9時半,血液検査があるので、8時15分前頃にバイクで出かけた。

  • 飲み薬は止めていますけど、調子はどうですか?
    • 特に変わりません。
  • PSAがわずかに下がって 0.6です。このまま続けて(飲まないで)様子をみましょう。
    • 了解です。
      f:id:ogohnohito:20170623121141j:image:w560

2017.6.22 (木)

89th(b)昭輔窯/時間は88回より短かかったが精錬度は86回並みに下がるか...

炭焼き状況

85th86th87th88th今回今回の状況
0゚00'0゚00'0゚00'0゚00'0゚00'07:55 着火。
空気孔用のパイプを入れた。
0゚20'0゚35'0゚15'0゚25'0゚30'煙が出だしたが、直ぐに止まった? ので様子を見る。
    1゚00'煙突をつぎ足し‥‥ 笹を入れる。
0゚51'1゚13'0゚40'0゚55'1゚48'竹酢液採液開始 ‥‥ 遅くて心配していた。
    ‥‥ 
2゚302゚563゚50′3゚55’5゚02’竹酢液、5ℓビンが満タンになった。
    ‥‥ 
  5゜56’7゚00’7゚00’竹酢液採取止め
次の3ℓビンが満タンになりそうなので、煙突取り外しに掛かる。
引き続き 竹の薪をくべる‥‥
    7゚25’太めの薪を詰め、焚き止め準備開始。
6゚15'7゚00'6゚18'7゚30'7゚54'焚き止め
空気孔用の単管 2本。
6゚30'7゚50'6゚30'7゚40'8゚10'15:05 遅い昼食帰宅。
7゚20'8゚20'7゚50'9゚10'9゚15'昼食から戻る。
煙突の直上の煙は透明。
  10゚50'11゚10’10゚28’内煙筒に、わずかにリングが見える。
直感的に「チョッと高い?」
8゚56’10゚52’11゚00’11゚25’10゚40’ねらし開始 ‥‥ リングの赤みの高さが増さないため。
置き薪は燃え尽きないで残っており、炎が出る。
9゚11'11゚08'11゚22'11゚45'11゚00'ねらし終了。(20分)
底のエキスパンドメタルが見える。
  11゚30'12゚00'11゚20'煙突を上から見ていたが、底まで赤くならないので塞いだ。

終わって...

焚き付け前焚き終わり後
f:id:ogohnohito:20170624182024j:image:w160 f:id:ogohnohito:20170624182028j:image:w160

  1. 薪にする竹は、積み上げ高さ 95cm準備した。(長さは 60〜75cm)
    終了後は 30cmだったので 65cm燃やしたことになる。
    • それにしても写真で見ると汚い薪だねぇ〜〜〜
       光の加減としておこう...
    • 乾燥を目的に屋外に放置していたのは事実だが、切ったのは直前。
       今後は、四ツ裂きしたらなるべく早く切って、ここで保管することにしよう...
  2. 空気孔パイプは入れた。
  3. 上蓋の上には、前回同様レンガを全く置かなかった。
    • それは良しとして、内煙筒と煙を集めるボール(フード)を密着させるのは良くないのではないか‥‥ と感じた。
       隙間があれば、空気を吸い込むのではないか...
  4. 竹酢液が 5+3ℓ採れたところで採取止めの準備に入った。
    • 落下する液が黒ずんだ(=温度が上がった)ためと判断。
  5. 焚き止め時には、煙が臭ったが、全く自信なし。鼻も高齢化で鈍くなっているのかな?
  6. 終了後、焚口を塞ぎ、内煙筒を塞ぐ前に中を見たら、赤味は広がっていなかった。
    • 前回ほどの精錬度は、期待できないだろう...
  7. 時間グラフ
    f:id:ogohnohito:20170624185229j:image:w600
    • 「88回より時短」は達成したが、精錬度は期待できない...
    • 底に敷く竹の乾燥度が足らなかったのかな?
 
迷惑コメント(英文)で困っております
コメント入力方法は
こちら を参照してください。


お世話になります

カレンダー
<< 2017/06 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
おいでませ
3203242