うちの母は「ケセラセラ」 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-05-17

あれから...とこれから

8ヶ月振りのアップとなりました。



今年3月に、母の七回忌、父の二十七回忌を行いました。


カイ達も法事に出席してもらう為だけに

1週間だけ帰って来ました。



法事で流すビデオの編集に久々徹夜したり、

用意やら何やらでクタクタにくたびれ、

と言っても、何もしなくてもいつも疲れてる状態の日々なんですが。



そんな中、旦那に尻を叩かれ、ポルトブラなるダンスを先週から

習い始めました。

週一で、歩いて15分ほどの大学のオープンスクールです。



教室は楽しくて、続けられそうなのですが、

でも日々やっぱり疲れてます。




さて、今日は父の事を書きます。


二十七回忌なんて信じられないくらいの時が経ちました。



父は、5月1日に亡くなる数ヶ月前まで、

自分で運転して仕事に行っていました。



大病もあまりした事がない父で、

いつも背筋がピシッと伸びてシャンとしていました。



私は父は不死身でいつまでも長生きするものだと思っていました。

それが、2月に熱を出し、肺炎だといけないと病院に入院したのが

きっかけで、そのまま退院する事なく行ってしまったのです。




入院して間もない頃、まだ私もすぐに退院できると思っていた

頃です。

ふと父が私に言いました。

「もしお父さんに何かあっても、おまえは慌てちゃだめだよ。

 おまえは強くならなくちゃだめだ、いいかい。」



父がそんな事を言うなんて、びっくりしたと同時に

急に心細くなったのを覚えています。



いつも丈夫で、体に自信があったように見えた父だったので、

何か自分の体に違う状態を感じていたのだったと思います。




私は、父に叱られた事がありませんでした。

嫌な事、腹が立つ事を相談すると、

黙って聞いてくれて、そしていつも

「ハハハ...そんな事気にしてるのかハハハ...

 お父さんだったら、そんなのはへっちゃらだよ。

 ....こうすりゃいいんだよ」


どんな事があっても、父と話すと気持ちが落ち着きました。




私は、父にも母にもどれだけの事をしてあげられたのだろうか、

といつも考えます。






そしてこれから、

来月6月になると早くも夏休みに入るカイが、再度日本に

やってきます。

今度は約1ヶ月半。


また忙しい日々になります。






そして最後に、

あれから作ったもの載せます。


昨年9月、最後にアップした作りかけだった

ポーチも出来上がっています。

f:id:plum-k:20161219090300j:image:w300

f:id:plum-k:20161219090248j:image:w300


内袋つけました。

f:id:plum-k:20161219090237j:image:w250





手のしびれが酷かった時、憧れてた刺繍に手を出しました。

チクチクやってるほうが痺れなかったので。

f:id:plum-k:20170517143203j:image:w400



発表するようなものでもないのですが...

f:id:plum-k:20170519124309j:image:w400



こちらは、

携帯用刺繍セット作って見ました。

それに付けるピンクッションの

裏と表です。


f:id:plum-k:20170514164214j:image:w400


f:id:plum-k:20170514164210j:image:w400




ピンクッションをぶら下げて、

色々物入れる所作って、


f:id:plum-k:20170514165052j:image:w400


f:id:plum-k:20170514163340j:image:w400



表になる側です。

f:id:plum-k:20170514164223j:image:w400


f:id:plum-k:20170514164219j:image:w400



折って、

f:id:plum-k:20170514165057j:image:w400



もう一つ折って、畳みます。

f:id:plum-k:20170514164228j:image:w400




こちらは、友達へのプレゼント用に作ったコースター

f:id:plum-k:20170514165048j:image:w400


裏側

f:id:plum-k:20170514165044j:image:w400





刺繍セットを作った後の発見(失敗)で、

それには、刺繍糸を入れるのに入れずらく、

たくさんある糸をずらりと入れられたらと考え、




刺繍糸を並べて入れられる袋も作って見ました。


f:id:plum-k:20170516154251j:image:w400

f:id:plum-k:20170514165743j:image:w400

f:id:plum-k:20170514165739j:image:w400

f:id:plum-k:20170514165750j:image:w400



ぐるぐるぐると丸めて

f:id:plum-k:20170514172430j:image:w400

f:id:plum-k:20170516154252j:image:w400





こちらはまたコースターです。

f:id:plum-k:20170514165039j:image:w400

f:id:plum-k:20170514165755j:image:w400




今は、またほっぽっておいたのを

編み始めています。

仕上げてしまわねば.


f:id:plum-k:20170517100417j:image:w400

f:id:plum-k:20170517101332j:image:w400



体もあちこちガタが来ていて、

とても元気とは言えないのですが、

病院通いに加え、ダンス(体操)も少しずつ始め、

人様よりは、スローに進んでますが、

何とか生きています。



これからも、こんな調子で、忘れた頃にアップするかもです。

2016-09-21

お花いっぱいの小さなクラッチバックに誕プレ


友達から送られて来た誕生日プレゼント




一番奥が立体になるカード(銭湯です)

可愛い待ち針と、切れそうなハサミ、

ユニークな顔の繭玉で出来た起き上がりダルマ

白い歯がインパクトのミント

f:id:plum-k:20160912124624j:image:w400






実は、待ち針、私も同じシリーズで柄違いを持っていました。

待ち針コレクションにしよっかな...\(^o^)/

f:id:plum-k:20160912124615j:image:w400






ハンドメイド クロッシ

〜Ha-Naが贈る、かぎ針編みのアイディア手帖〜

より




花いっぱいのクラッチバックです。

本では、ハマナカ エコアンダリアとフラックスKの

引き揃えで編んでありますが、



これを、40番のno.810とno.733の引き揃えで、

レース針6号で編みました。


f:id:plum-k:20160912123216j:image:w400




お花は、PUPU 10色に、ビーズ 3色で、

本と同じ花の他にも、違うデザインのものも

入れてみました。



フラップには、マグネットホックを付けました。



大きさは、底が16cm、高さが8cmになりました。

f:id:plum-k:20160912123206j:image:w400




縁編みのバック細編みが綺麗に揃わず、

全体的になんだか歪んでます。





で、誕生日当日は旅行だったので、

5日遅れでケーキが届きました。



私が大好きな、WITTAMER のケーキです。

f:id:plum-k:20160915002355j:image:w400

f:id:plum-k:20160915002346j:image:w400

f:id:plum-k:20160915002337j:image:w400



これは私1人で、あっという間になくなりました。





そして、いま編んでいるのは、こんなもの

f:id:plum-k:20160920130743j:image:w400





またしばらく冬眠かなぁ〜....






うちの母は、「ケセラセラ♪」の
ホームページです。


いつもありがとうございます。

フォトブログへリンクします。

母のケセラセラ♪フォトブログへ

2016-09-14

次のポーチと村上へ


もう一つのポーチです。




CROCHET BEST SELECTION

レース かぎ針編み

可愛いこもの

ベストセレクションより



この本の中では、ハマナカ ウォッシュコットンを

5号かぎ針で編んでいますが、



これを、金票40番を8号レース針で編みました。




なので当然小さくなるので、

底の細編みを長編みにしたりして、

かなり強引に



側面のお花のモチーフも段数を増やしました。




最後に縁編みのピコットに無理やり

ビーズを入れて、



こちらです。



f:id:plum-k:20160824143359j:image:w400


f:id:plum-k:20160824143407j:image:w400




底の直径が10cm、高さも10cmです。

見本とはまるで別ものになりました。




f:id:plum-k:20160824143506j:image:w430





内袋をつけたいのですが、

これが苦手ときたもんだ。

f:id:plum-k:20160824143515j:image:w400





どうしたもんじゃろのぅ。







ところで先日、誕生日旅行で、また新潟の村上に行って来ました。

宿は瀬波温泉

海沿いにあって、波の音と風が心地よく

お天気も上々で、城下町村上を散策出来ました。





ちょうど屏風祭りも間近で、

古くから伝わる自慢の屏風の数々が

町屋に展示披露されていました。





ここは、吉永小百合さんの大人の休日倶楽部のポスターのお店です。

私ではありませんよ。

f:id:plum-k:20160912125058j:image:w400




この村上は、こんな風な古い建物や景観

残しています。

黒塀や町屋造りの家が立ち並び、

とても情緒あるところです。



食べ物も海のものも山のものにも恵まれています。





このお店の暖簾、

上のポスターの時より、ボロボロになっていたので聞いたら、

5年でボロボロになっちゃうそうです。

f:id:plum-k:20160912125104j:image:w400




店の中に入って奥のほうには、

ずらりとシャケが、1,000本干されていました。

塩引き鮭は、1年干すそうです。

f:id:plum-k:20160912125112j:image:w400


f:id:plum-k:20160912125119j:image:w400



壮観です。



ここ城下町村上では、切腹を連想させる為、

お腹は全部切らないそうです。




1,000本の鮭が、こちらを見ているようで、

目を合わすことが出来ませんでした。




でも、美味しく頂いて来ましたよ。







うちの母は、「ケセラセラ♪」の
ホームページです。


いつもありがとうございます。

フォトブログへリンクします。

母のケセラセラ♪フォトブログへ

ページビュー
517307