Hatena::ブログ(Diary)

ピアノのへやから

2012-08-14

ブログ、引越します。

17:51

 ドイツ・オーストリア紀行以下は

下記HP内のブログをご覧ください。


http://piano-kobito.com/blog

このブログは広告が入るようになったため、

ここまでで終了します。

ご覧いただいてありがとうございました。

引き続きよろしくお願いします。

2012-07-30

真夏の一日

| 16:13

 今年もまた、脳みそが溶けそうな夏がやってきました!

日中は暑くて、何もする気になりません。

 犬の散歩も朝8時を過ぎたらもうキケン!

うちの子はずっとハァハァいってます。

 でも真夏の服部緑地公園には、この時期ならではの花が

咲き誇っています。

 円形花壇にはちょっとスリムな品種のひまわり

f:id:rimi1515:20120720071719j:image

 池には一面、蓮の花

f:id:rimi1515:20120716082752j:image

f:id:rimi1515:20120716082644j:image

すぐ近くでこんな風景に会える幸せ。

この花たちにもしばらく別れを告げて、

明日からドイツへ行ってまいります。

2012-07-23

こびとのへやの様子

| 22:41

 みゆうちゃんのお母さんが、こびとのへやの

様子を写真に撮ってくださいました。

f:id:rimi1515:20120706152023j:image:w360:rightf:id:rimi1515:20120706152004j:image:w360:right

 みんなでキンダーハープ子どもハープ)という

楽器を演奏しているところ。

 この楽器はドとファのない、5音階(ペンタトニック)

に合わせてあり、どの順番に音を弾いても

素朴なメロディーになります。

 終わりのない漂うような雰囲気は9才くらいまでの

子どもたちの気分に合うと言われています。

 このクラスは6才さんもいるのでちょっと高度なこと、

ひとりずつ順番に、向こうからとこちらからとグリッサンド

して、隣の人と呼吸のように受け渡します。

それから、「七夕」の歌に合わせて好きな音をつま弾きます。

 とても静かな空間が生まれます。

 耳を澄ませて音を聴く。楽器を習う前の子どもたちに

ぜひ体験してもらいたいことです。


 

2012-07-20

発表会、その後

23:29

 発表会の次の1週間はレッスンお休みで、今週からまた

いつものレッスン。

 嬉しいことに、何人かの生徒さんが発表会で弾いた曲を

もう一度弾いてくれた。

 3年生のききちゃんは、こちらが何も言わないのに

「弾けるよ!」といっていきなり弾いてくれた。

とても落ち着いて、楽しそうに。

 他にも「弾ける?」と聞くと喜んで弾いてくれる子が

何人も。みな本番が終わって肩の力が抜けた、いい演奏。

ついこの前まで苦労していた箇所もすっかり克服して、

もうレパートリーの域。

 せっかくピアノを習っているのだから、「何か弾いて」

と言われた時にさっと弾けるレパートリーを持っていて欲しいと

常々思っている。

 みんな、レパートリーを大切にしてね!




豊中市の個人ピアノ教室なら「ピアノのへや・こびとのへや」

2012-07-17

節電の夏

| 22:52

 梅雨が明けたとたん、うだるような暑さ!とても日中は歩けなかったので

夜9時過ぎてから犬の散歩に出かけた。

 外はまだマシだけど、家の中はこの時間でもむっとしている。

それなのに、ほとんどの家からエアコンの室外機の音が聞こえてこない。

注意して歩いてみると、10軒に1軒くらいしか、ついていないようだ。

 

 日本中の市民が、この暑さにも関わらず、節電に協力しようとしている。

日本人は元来、我慢強い民族なんだ!

それなのに、無理やり再稼働を強行する政府と電力会社は!

愚か者め!!!