Hatena::ブログ(Diary)

ryo-ism このページをアンテナに追加

2014-10-31

2013-07-09

山の景色は・・・

f:id:ryo-ism:20130709231206j:image:w500

山から見る空と雲は格別。


f:id:ryo-ism:20130709231207j:image:w500

この雲、しろくまの毛皮の様に見える。

2013-04-14

海に漂いながら

f:id:ryo-ism:20130315101917j:image:w500


没頭して楽しめる事、そんな場所をもっていることは、幸せ。

それをかみしめていたら、

「何かから逃れるために、それに集中していませんか? 」 

そう、心配されたことがある。

2013-03-31

心の帰り場所

f:id:ryo-ism:20130331172357j:image:w500

休日出勤中、仕事しながら、少し思いにふけっていた。

こころの落ち着く場所。

帰ってきた気持ちになる場所。開放感と、落ち着きをくれる場所。

心を亡くすと書いて忙しいという字になるけれど、

そんな時間があったことを吹き飛ばしてくれるような場所。

私にとってそれは、大好きな自然の中にある。

ひとつが、釧路川の清流。

キラキラ光る水面。透き通った水。鏡の間の透明感。

そしてもう一つは、ダイビングで潜る、透明度の高い、きれいな南の海。

差し込む光を片手に、海に飛び込み、海の中に浮かぶ。

海の中からその光を眺めて、感じる。

自分がただ1つのちっぽけな生き物であることを感じて

溶け込みそうになる幸せを覚える。

今月、3回目のサイパン旅行。

成田から3時間のお手軽な外国は、私のそんな場所の1つになったことを確信させた。

まだまだ私の知らない美しい場所が世界にはいっぱいあるんだろうな。

でも、沢山知ってしまうと、それぞれに帰るのに、時間がなくって、

余計に日々が忙しくなってストレス抱えちゃうというパラドックス

2013-01-27

白い富士山。

f:id:ryo-ism:20130127054109j:image:w500

半年以上ぶりにBlogをかいてみます。

撮りたいものがないと、なかなか一眼レフに手が伸びないもの。

今年はまた自然に繰り出せるかな・・。

自宅前より白い富士山がきれいで撮影。

釧路在住の時は、雌阿寒岳雄阿寒岳を見て道東を感じたけど、

今は富士山をみて、横浜在住であることを感じる日々。

2012-05-30

今年初のリハビリ登山

f:id:ryo-ism:20120527131921j:image:w500

梅雨入り前の、よく晴れた日曜日。丹沢大山に登って来ました。


f:id:ryo-ism:20120527141911j:image:w500


古くから霊山として関東一円の農民からは農業の神、漁民からは航行守護の神として崇められ、

江戸の庶民には福を授け災害除けにあらたかな神として信仰を集めていた山、とのこと。


ケーブルカーの乗り場まで15分ほど延々と続く参道や 中腹の神社の雰囲気は

どこか高尾山を思わせる、そんな感じもうけました。


f:id:ryo-ism:20120527131353j:image:w340



横浜市内から約1時間。

アクセスもよく、1000M級のお手頃日帰り登山が楽しめて 

とてもお得感たっぷりの休日をすごせました。

実は朝寝坊して、登山開始は11時。

ケーブルカーを利用して少しショートカット

それでもとてもすがすがしく楽しめた一日でした!

今年初登山なので、やっぱり脚はガチガチ筋肉痛


http://www.ooyama-cable.co.jp/cource.html

標高1252m@神奈川県伊勢原市

2012-02-29

点と点

3年ほど前に読んだ本がある。

「僕がワイナリーをつくった理由」

http://www.amazon.co.jp/dp/4478004234

ワイナリー カーブドッチ

http://www.docci.com/index.html

当時の彼から借りて読んだ本。

挑戦と自分の理想を追い求める姿、心が熱くなる想いを受けて、

一緒に行ってみたいね、そう語り合ったのを覚えている。

そんな彼に弟子入りして自分の城を持つ人がいるだろうことも

納得がいく。

でも、脱サラしたり、貯金をはたいて投資したり、一大決心だろう。

いつか行ってみたい、最近ワインにはまっていたから、

全く忘れていたわけではなかったのだが、その思いはだいぶ風化していた。

今日、届いた1通のFacebookリクエスト。高校の部活の後輩から。

「いま新潟でワインつくっています!」

もしや、と思い カーブドッチの本を読んだことをすぐに返信。

「結婚相手がそのカーブドッチに弟子入りして、

昨年自分たちのワイナリーをオープンしました」、とのこと

まさか、こんな身近な人がここで私の読んだ本の中とつながっているなんて。

点と点がつながった感動。

そういえば、彼女とは、卒業後数回だけ会って、一緒に飲んだことがあるのみだけど

お酒にかなり強かったよな・・・ 顔色ひとつ変えず、淡々と飲んで人についでいたっけ。

一緒に時間を過ごした仲間が、いろんな時を重ねている。

おもしろいな。

Domaine Chaud(ドメーヌ・ショオ)

http://domainechaud.net/

近いうちに絶対に行こう。

   
Connection: close