ある、プログラマーの記憶

2006/10/10

[][]すばらしきサービス!!

http://www.wolf.ne.jp/paint.html


以前、Vaioをペイントしてくれるサービスを探したんですが、その時にはなかったんですよね・・・

ちょっと値段ははりますが、Mobile機器を自分色に染めたいと思う人は少なくないはず!!

僕も近々利用してみようと思いますw

自分で白くしたVaioがはげてきちゃったのでキレイにしてもらいます☆



2006/09/25

[][]VisualStudio2005 StandardEditionを買ってみた。

今回、アプリ開発をやってみようと思い、以下の本を購入しました。

Windows Mobile 5.0 アプリケーション開発 Beginner's Book

http://www.gihyo.co.jp/books/4-7741-2891-0


この本によると、WindowsMobil5.0用のアプリ開発は以下に分類されるようです。


C++(Visual C++?)による、Win32APIを利用した開発

VisualBasicによる、Win32APIを利用した開発

VisualBasicによる、.Net Compact Frameworkを利用した開発


に、分かれるそうです。

で、本はCompactFrameworkを使った開発方法について説明されています。

今回僕は、VBでの開発から段階を経てC++に移行しようと考えています。

CompactFrameworkは遅いですからね・・・

現在はCE開発用の本を平行して探してる感じですね。


頑張るぞーー!!賞金100万目指すぞーー!!w



[][]白エスを修理に出した日・・・NANDのバックアップ方法を知った日・・・(T-T

白エスを、例の如く立川ウィルコムカウンターに出してきました。

今回は3回目だったので、きつーーーく言ってきました!!


・スライドロックを硬くしろ。

OS書き換えはもう沢山だ。使い物にならない。

・基盤を交換してくれ。


と、言ってきました!(−−+)


と、そんな矢先に・・・

W-ZERO3[es]のNANDバックアップの方法が公開されている!?

ちょっとショック・・・

自分でまだ何とか出来たかもしれないのに・・・

フリーズ時に、この対処法で復旧できるか試せたのに・・・orz


ちなみに:

NANDのバックアップは危険を伴うとのこと。

補償対象外の行為でもあるらしいので、やってみる人は気をつけて実行して下さい!

以下方法の公開先です。

http://d.hatena.ne.jp/kzou/20060923/1159020166



2006/09/22

[][]三度目のクラッシュ・・・

もうね、飽き飽きですよ。本当・・・

今回も例の如く白esです、はい。

初期ロットの白は兎に角ダメみたいですねー・・・


今回はカバンに”ロックかけて電源切って”閉まっておいたにも関わらず

出したらブラックアウトして固まってました。

嫌ーな予感通りに再起動してくれませんでした。

嫌ーな予感通りにフォーマットできませんでした。


ワタシの白エスはどうもロックが軽くてダメですね。

カバンから出したらロック外れてましたよ。

そんでどっかで電源を押してしまったのかな・・・

その状態でゴソゴソ・・・みたいな。


まーね、なれたもんですよ。

また明日修理に持って行きます。

どうせOS書き換えて見ましたと言われるのが落ちだと思うんですけどねー。

せめてロックを硬くしてくれたらうれしいな。


白エスどうしたらいいんだろう・・・

本当は白使いたいのに、もう怖くて使えない・・・(;−;)

白を使ってた時間て、トータル1ヶ月ないんじゃないのかな??


なんとかして下さいSharpさん!!大事に使いますから!!




2006/09/21

[][][]Todayアプリを作ってみる。

取り合えず、TodayにHelloと出たのでやってみることにした。

機能はこんな感じを予定。

Webしかやったことないから勝手が判らないよ・・・大丈夫かな orz



EzViewシリーズ 第一弾

EzView With NextTrain 機能概要



■1.本アプリケーションの目的

WindowsMobile5.0端末(W-ZERO3を主な対象とする)のDesktop(Today)画面にて、NextTain用時刻表CSV内のデータを

より詳細に表示、カスタマイズ出来る事を目的とする。


■2.本アプリケーションの要件

2-1.縦表示を"Line"、横表示を"Block"と呼称し、それぞれの表示数、サイズがカスタマイズ出来る。

2-2.Line表示設定にて、時刻表データと時間帯(現在・指定時間・指定時間数以前以後)が指定出来る。

2-3.Block表示設定にて、最大Block数と現在時刻以前表示Block数、それに応じた1Block毎のサイズがカスタマイズ出来る。

2-4.ポートレート表示時、ランドスケープ時の表示Lineを個別にカスタマイズ出来る。

2-5.背景画像・背景色・各種文言がカスタマイズ出来る。

2-6.背景画像・背景色・各種文言がカスタマイズ出来る。

2-7.データの区切りに区切り線を使用するかどうかを指定出来る。

2-8.指定したサイトより、指定時間間隔でデータの更新をチェックし、指定ディレクトリに保存出来る。



以上

2006/09/20

[][]PC史上最強のBluetoothマウスの登場か!!?

BTがやや再発気味ですね・・・

やばいかも・・・


今回はマウスです。PCで使用する事を想定しています。

これはね、私ね、ナイスアイデアあだと思う。

っつかすごい!!ちょー欲しい!!


こちらの商品でございます。

MoGo Bluetooth Mouse

http://www.pocketperipherals.co.uk/scan/st=db/co=yes/sf=category/se=MoGo%20Mouse/op=eq/sf=prod_group/se=Bluetooth/op=eq.html?id=jp7HtqX6


海外でしか買えないようなので、かなり高いです。

ですが、私の価値観ではそれを飛び越えても欲しいですね。

PCカードスロットにしまえて、充電されると言うのがかなりくすぐられた!w

欲しい人は一言声掛けて欲しいな〜

共同購入の方が安いのでw



[][][]こんなBTステレオヘッドフォンを待っていた!!MSI MEGA FS530に期待する!

BTネタです。ここのBlogでは初めてですかね。

以前Mixi内部のBTコミュや、Vaio Hotstreetで以前こんな事を書きました。


https://hotstreet.vaio.sony.co.jp/article/article.php?id=15348

http://d.hatena.ne.jp/Lavista/20051230#c1136009235

Mixiログインしてからみてください。

http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=3373339&comm_id=11177


以前、WindowsBTを使っている時ですが、BTマウスBTヘッドセットやBTステレオヘッドホンが

干渉すると言う問題にぶち当たりました。

で、メーカーにも問い合わせたんですが、結局解決しませんでした・・・

多分、マウスもヘッドセットもBTバージョン1.2が周流だったので

帯域が足りない事が原因だったとは思うのですけどね・・・


それ以来、結構BTから離れていたんですが(BTモデムは使ってた)

また再発しそうです。

マウスキーボードは最悪有線でもよいので

これいいですね。


MSI MEGA FS530

http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20060807/msi.htm


通常のステレオヘッドホンと何が違うのか、私のBT経験と照らし合わせて紹介して置きます。




MSI MEGA FS530のよい点


1.充電が楽なはず。

  通常のBTヘッドセットや、BTヘッドホンは充電しながら使えない事が多い

  しかし、クレードル刺さなければならないといえど充電しながら使えるのうれしい。

  予備にわざわざ有線ヘッドセットを持ち歩くとか、無駄な運用をしないですむはず。


2.BTW-ZERO3[es]に、繋ぎっぱなしに出来る気がする。

  BTヘッドセットを携帯と繋げていると、やはり家でもそうしておきたくなる。

  しかし、ヘッドホンをしたまま生活するのは割りと困難である。

  これならクレードルがスピーカーになってくれるので

  家でも簡単に使える。

  さらに、W03で音楽を再生しっぱなしと言う事が容易に実現できるのもうれしい。




MSI MEGA FS530の悪い点


1.マルチポイントモード(マルチペアリング)に対応していない可能性がある。

  ヘッドセットだと、割りと最近は当たり前なんですが

  マルチペアリングってのに対応していることが結構重要だったりします。

  複数の携帯電話や、PCで一つのヘッドセットを同時に使うんですね。

  ソニエリのAVRCPヘッドホン対応のヘッドセットに

  HBH-DS970  http://www.sonyericsson.com/spg.jsp?cc=gb&lc=en&ver=4000&template=pp4_loader&php=php1_10394&zone=pp&lm=pp4_1&pid=10394

  と言う製品があるのですが、こちらは最大で10台のヘッドセットとしてのペアリング設定が出来ます。

  しかし、2台くらいであればプロファイル分のペアリングが可能でしょうから

  問題はないでしょう。




以上を踏まえ、これは現状かなりベストバイだと自分は考えます。

発売が楽しみ!

買ったら使用感をご報告致します!!