Hatena::ブログ(Diary)

it’s a small market このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2016-12-03

ずば抜けたミルキー度でもてなす『もち豚とんかつ たいよう』

f:id:saitokoichi:20161203202711j:image

カウンターだけのこじんまりとしたお店なのですが予約がないとなかなか入れない武蔵小山のとんかつ店『もち豚とんかつ たいよう』。東京のとんかつランキングでは必ず上位に入ってくる人気店です。定食屋で予約が必要ってどういうことよ、という反発とも言える思いがあってこれまでお伺いしていませんでしたが、今回は意を決しての予約訪店でありました。


十席にも満たない縦長の店内では、ご主人が一人で黙々ととんかつを揚げています。メニューはきわめてシンプルで、特上とか上などといった格分けはありません。ロースならロース、ヒレならヒレのみです。ぼくはもちろん、ロースとんかつ定食1,650円を注文。客への応対はとても丁寧で好感度高し。落ち着いて食事ができるのは飲食店として何より大切なことであります。


さて、ロースとんかつ定食ですが、比較的大きめのお椀にほどほどの具がおさまった白味噌の豚汁、大根・人参・きゅうりの漬物、そしてとてもおいしいご飯とともに届けられます。とんかつは七枚に包丁が入れらており、見ただけで肉の濃厚さが伝わってくるまずまずの厚みのロースです。

f:id:saitokoichi:20161203204559j:image


ひとくちいただいて、うむ、これは、濃厚なれど脂のしつこさがないロース、そして、ザ豚肉という香りとは違うまろやかな風味が口の中に広がる、ガツンというよりどっしりという形容が合う深みあるミルキーな味わいが。脂を感じさせないという意味ではかなりの上級ロースとんかつですね。衣にも揚げ油の残党たちはほとんど見当たらず、手入れの行き届いた完成されたとんかつです。個人的な好みで言えば、もっと軽くて色の薄い衣が好きなのですが、十分に匠の技が光った仕上げでした。人気の理由がわかります。

f:id:saitokoichi:20161203220820j:image


帰り際に、なぜ予約制を取っているのかをご主人に聞いてみました。定食屋は食事をすることが目的で訪れるのであり、特にこの店のようにテーブル席がないような所ではなおさら、予約がないと入れない店は敬遠してしまいます。ご主人によれば、完全予約制にしているわけではなく来店してもらって空き席があれば食事ができるとのことでしたが、遠方から訪れる客からすると、来てみないと入れるかどうかわからないでは行く気が起きないし、来る前に電話確認しないといけないというのはフラリと寄ってみるのが通例の定食屋(普通は一人で、多くても二人で行くような店です)としては面倒なことこの上ないです。おいしい店であれば多少並んででも予約なんてせずに行ける店がいいなあ、と思うのですが、ちょっと感覚変ですかね? 客の回転にはマイナスだしオペレーション的にも効率を悪くしてないかな、などど余計な心配もしてしまいます。

f:id:saitokoichi:20161203204645j:image


とは言え、たいようのロースは一流のとんかつでありまして、機会があればぜひに、とお勧めするお店です。


もち豚とんかつ たいよう

東京都品川区小山3-22-7 メゾンいずみ 1-112

ホームページへのリンクはこちら

2016-11-25

iPhoneに辛い冬

f:id:saitokoichi:20160130193451p:image


マフラーや手袋が必要となる時期の通勤では、駅までの徒歩の間ずっと愛機であるiPhone 6sをコートの外ポケットに入れています。このiPhonが寒さにやたら弱いのです。


歩きスマホはしませんので、家を出たあと最初にiPhoneに触れるのは駅でSwarmのチェックインをする時なのですが、この季節になると、ポケットから取り出したiPhoneは勝手にシャットダウンされちゃっています。電源を入れようとしてもバッテリー切れで起動不能との表示でビクともしません。


原因は寒さのようです。復旧方法は二つ -- 外付けバッテリーをつなぐか、本体を温めてやること。バッテリーから通電するとすぐに復活しますし(残量ゼロ近くではなく、シャットダウン直前の残量に戻ります)、冷たくなったiPhoneをしばらく手でじんわり温めてやると息を吹き返します。


当初はぼくのiPhone固有の問題なのかなと思ってAppleへトラブル報告をし新品に交換してもらいましたが、現象は変わりませんでした。この交換ではっきりしたのはバッテリーの劣化が原因ではないということです。ちなみにぼくのiPhoneのA8プロセッサーはバッテリー駆動時間に難あり?と噂されたサムソン製。交換前も後も、TSMCではなくサムソンでした。関係あるのかわかりませんが。


寒さで弱っちゃうのはある程度理解できるとしても、たかだかさいたまあたりの寒さでこの有様って、ちょっと残念ですね。ぼくはiPhoneは裸派なのでスクリーン保護シール以外は何も着せていませんが、これを機に、寒さ対策として冬だけiPhoneにケースを装着することも検討しています。あるいは、コートの外ポケットではなく、体に近い所 -- たとえばお尻のポケットとか胸の内ポケットなどにしまっておけば寒さで昇天されることはないのかもしれませんが。


iPhone 5以前ではこのような現象に見舞われたことはないので、いつか購入するであろう最新機種では同じ問題が起きないことを期待して…。

2016-11-18

生野菜


夕食は適切な時間にきちんといただかないと生きていけないぼくが、仕事の関係で今週は月曜からまともな夕食をいつもの時間にとれていなかった。そして木曜、つまり四日目にして限界が近づいていた。


そんな今夜はとにかく生野菜が食べたかった。こういう時は、レタスもいいけどキャベツの千切りをドレッシングなどかけずにザクザク行くのが良い。丼屋で出される乾燥しきった野菜ではだめで、適度に水分を保った千切りキャベツをぜひともいただきたい。


会社を出るときにググってみると、途中下車したところにある大戸屋が23時まで営業していることがわかった。まだ間に合う。ここにお邪魔するのはたいてい18時台なので、大戸屋がそんな時間までやっていることを知らなかった。小さくガッツポーズ。


生野菜さえあればメインディッシュは何でも良かった。もちろん、メインがいらないわけではない。きちんとメインをとることは今夜生野菜を食べることと同じくらい重要である。ご飯をしっかりいただくことも大切だ。だから大戸屋を選んだ。でも真っ先に、生野菜をザクザク行きたい。


メニューを見て、メインに追加してグリーサラダを注文するとこにした。ほどなく、ザクザクにありつけた。感無量。生き返った。全身に何か新しいものが行き渡る感覚。値段を見ずに注文したが、このサラダは一皿159円と伝票に書かれていた。コストパフォーマンスの異常なまでの高さに感激度はマックスに。


ありがとう大戸屋。


生野菜ラブ。


あれ?日が変わってしまった。生野菜の叫びとともに何となく五十代突入。