Hatena::ブログ(Diary)

it’s a small market このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2016-08-25

Instapaperの身売り


最近はRSSってどうなんですかね。そして、「あとで読む」ブックマークサービスってどうなんですかね。ぼくにはどちらも極めて重要なツール/サービスであり、毎日毎日大活用しておりまして、ぼくの場合それらは「Byline」であり「Instapaper」であるわけです。


で。今朝受信ボックスに飛び込んできたメールに書かれていたのは、「あとで読む」最強サービスのInstapaperがPintestに買収された、という事実。


彼らのブログによれば、開発者向けツールの提供停止であるとか新規ユーザーの受け入れ中止とか、ああ何か変わっていってしまうのねという風が流れてはおりますが、何というか、写真共有サービスと「あとで読む」が一緒になりましたと言われてもユーザーという立場からは今ひとつその効果がわからない、というのが本音です。iPhoneのSafariからでもWindowsのChromeからでも、スマホのRSSアプリからでも、とにかく「あとで読む」ウェブページをクリップしまくるのに最適最強なInstapaperだったのに、ソーシャルの波にはかないませんでした、ということなんでしょうか、寂しいながらも、受け入れざるをえない潮流でもあります。


Pocketへの引越しも視野に入れないと。

2016-08-16

六本木で究極のメンチかつバーガーを!

f:id:saitokoichi:20160816192155j:image


いま六本木では『六本木グルメバーガーグランプリ 2016』というお祭りをやっていまして、われらが豚組食堂さんも「究極のメンチかつバーガー」という期間限定メニューで本気の勝負をされてらっしゃいます。

f:id:saitokoichi:20160816193827j:image


ぼくはとんかつ大好き男ではあるのですが実はメンチかつはあまり得意ではなく、豚組食堂さんにはいつもお世話になっているもののさてこのメンチかつバーガーに行くべきか?について逡巡がございました。

f:id:saitokoichi:20160816190635j:image


しかし!そんな迷いも、現物を目の前にして、そして顎を大きく開いてこの巨大なバーガーを頬張った直後、見事に消え去るのでした。


f:id:saitokoichi:20160816193857j:image

上がグランプリへのエントリー写真、下が実物の横顔です。写真では厚みが伝わりにくいですが、これまで食べたどのメンチかつより厚いです。実際、揚げ時間も相応にかかりますので、一杯やりながら待つのがよろしいかと。

f:id:saitokoichi:20160816192329j:image


メンチと言いながらもひき肉ではなく粗くチョップした豚組さんらしい味のしっかりしたポークは、肉汁やジューシーさに過度に頼ることなく脂と赤身の究極なバランスを保っており、豚肉好きに…いや、とんかつ好きに「待ってました!」と言わせるパワーを持つ異次元のメンチであります。シン・ゴジラをも倒せるのではないかと思わせる破壊力には感嘆の息をつくほかなく、それ以上の言葉が出てきません。

f:id:saitokoichi:20160816192553j:image


チーズとか余計なものを挟んでないのもナイス! 絶品メンチを、ソースとキャベツとレタス、そして若干のからし、あと不思議な隠し味?とともに絶妙な硬さと甘さのパンズで包んでいただきます。「メンチカツ」と書かずに 「メンチかつ」と書くこだわりにも惚れてしまいますねー。

f:id:saitokoichi:20160816191435j:image


1日10食のみ、しかも8月いっぱいで販売終了です。いまだけなんです。まだの方はお早めに!

2016-08-11

『シン・ゴジラ』、話題になるのがよくわかる


ようやく観ることができました。


マニアックな映画ですねえ。前提知識を入れずに(登場人物の英語がどうしたこうしたというノイズが鑑賞前に聞こえてきちゃったんですがそれ以外はほぼ白紙の状態)観ましたが、見ごたえのある作品です。怪獣がお嫌いでなければ、肩の力を抜いてご覧になるのがよろしいと思います。ぜひ大画面で。


  1. とてもオタクです。
  2. セリフが多くて早口です。
  3. 描かれている人、組織、団体、大道具小道具、そのもろもろ、実にこだわって作ってることがビシビシ伝わってきます。
  4. 特撮も含む恐怖感のリアルな描き方は10年前の『宇宙戦争』(スピルバーグ)の方が上かな。ただ、ゴジラの圧倒的な強さから来る絶望感はうまく出てました。
  5. 日本ていいな、と思いました。(←ココ大事)

展開が早く密度が濃いので、尺が長くなってもいいからもう少しゆったり目に作ってくれると、恐怖感とか希望とか登場人物それぞれの人間像とかが頭と胸にじんわり染み込む時間がとれてなお良かった(じわじわする時間がなかった)のになー、とも思いました。