Hatena::ブログ(Diary)

Schazzie Club Journal このページをアンテナに追加 RSSフィード

\ホームページを移転しました/
★SCHAZZIE CLUB★ http://schazzie.wix.com/index

640330HOME読書記録日刊知的ぐうたら生活SOUTHBOUND
GRAND TOTAL : * To: * Ye:

2018-05-20

土曜日は中華


f:id:schazzie:20180520230909:image

夜中に実家の母から電話があったり、朝早く義母から電話があったり。どっちにしても寝不足低気圧の影響もあって目眩がした土曜日。近所にできた四川料理のお店で夕食。

ちなみにここ、前菜三種盛りと餃子生ビール777円。安くないですか?

メインには、お店の売りである麻婆飯担々麺を食べましたが、麻婆豆腐唐辛子の辛さではなく、山椒の痺れる辛さ。

横浜四川料理のお店で食べた麻婆豆腐唐辛子激辛で、それは美味しいと思ってそのイメージでいたのですが、唐辛子の辛さはかなりいける口だけれど、山椒の痺れる辛さは苦手かなあ。

アメリカ人が好きな本


f:id:schazzie:20180520212900:image

USA TODAY記事に「アメリカ人に人気のある本100冊」という記事がありました。第3位に大好きなジョン・アーヴィングの『A Prayer for Owen Meany』が入っています。さらに、これまた大好きなロバート・マキャモンリスト入り!

ちなみに、アメリカ人が好きな本、人気がある本ということなので、アメリカ文学限定ということではありません。

というわけで、アメリカで人気のある本と言えば、当然ながら写真ハーパー・リーの『To Kill A Mockingbird』(アラバマ物語)も入っています。これは私も、本も映画も大のお気に入りですが、現在、新たに出版されたリーの『Go Set A Watchman』と『To Kill A Mockingbird』の文章比較研究中です。

翻訳では分かりませんが、英文では明らかにこの2冊の文章の書き方が違う感じがして、以前から囁かれている「トルーマン・カポーティが手伝った説」または「実はカポーティが書いた説」について、私なりに検証してみたくなったので、上記2冊に加えてトルーマン・カポーティ文章についても研究中。

両者が幼馴染で親しかったことはよく知られていますが、現在のところ、『Go Set A Watchman』の文章カポーティ文章には似ても似つかない感じを受けていますが、『To Kill A Mockingbird』の方は、カポーティ文章と言ってもおかしくはないような気がしています。

しかし、これはあくまでも推測です。両者とも亡くなった今となっては真相を知りようがありませんが、答えはどうであれ、自分の中で自分なりに納得したいという気持ち

それが納得出来たら、次はジョン・スタインベック文章研究したい。ノーベル賞作家の巧みな文章を、丁寧にひもといてみたいと思っています。スタインベックももちろん、100冊の中に名前を連ねています。

ところで最後スタインベックを出したのは、アメリカ文学ではスタインベックを一番尊敬しているのもありますが、個人的に密かにジョン・アーヴィングノーベル賞を取ればいいのにと思っているからです。そろそろいいんじゃないかな、アーヴィング

2018-05-16

少年時代


f:id:schazzie:20180516134033:image

この写真を見て真っ先に思い浮かんだのが、ロバート・マキャモンの『少年時代』(原題 : Boy's Life)。ちなみに、これが書かれた時はロバート・R・マキャモンでしたけど。

アメリカ南部舞台に、キラキラした少年時代夏休みを描いた傑作ですが、そこはアメリカの三大ホラー作家の一人と言われたマキャモンですから、単なる青春物では終わらない。この写真のように美しくも不穏な雰囲気に包まれながらも、マキャモンの真面目な人柄を感じ、しみじみ温かい気持ちになれる作品です。人間、真面目が大事ですよね。

というわけでこの写真がきっかけとなり、この夏は『少年時代』を再読して、しばらくご無沙汰だったマキャモンの【いい人】ぶりをたっぷり感じてみたいと思った次第。

アイリッシュパブ


f:id:schazzie:20180516010758:image

新大久保チーズタッカルビを食べて超満腹になったため、これじゃビールも飲めないと、新宿まで歩いてカロリー消費した上で、そもそも目的アイリッシュパブへ。

元々ビールはあまり飲まないのだけれど、アイルランドのキルケニーは好み。歩いてビール一杯分くらいはカロリー消費したようで、キルケニー3/4パイントを美味しくいただきました。

本当はフィッシュ&チップスも食べたかったのだけれど、チーズタッカルビの後ではさすがに無理でした。残念!