DeSeanの日記 旦⊂(´-` )お茶ドゾー

2016-09-25

人と比べて

娘が生まれる前は、他人が「うちの子はすごい、特別だ」といっても、当然のごとく「ふーん」で終了でした。

ガキなんて誰でも一緒じゃないか、特別なんてことあるわけないじゃないか、と。

しかし自分に生まれてみると、これまた当然のごとく、我が子が特別に見えます。

こんなことができるなんてうちの子だけ、と。それが悪いことでもいいんです。こんなことができないのは、うちの子だけ、でもいい。とにかく特別だと思う。

その「特別さ」を他人に言うと、やはりたいてい「うちの子だってそうですよ」といわれる。で、ガッカリするわけです。


どうやら今のところはごくごく普通に育っているようです。ま、それでいいし、それが当然か。父親がごくごく平凡な人間だし。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sean97/20160925

2016-09-18

人の要らない世界

さっき、ふらっとホームセンターに行ってきました。

こういう店にありがちな、店員が少ない店舗。

「必要な時は声を掛けてください」という張り紙はありますが周りを見渡しても誰もいません。私は買うものもなくぼんやり見ていただけですが、欲しいものがあったらさぞストレスでしょうね。


とはいえ、店員が少ないおかげで値段は安いし、また消費者も、少しでも安い方がいい、という人が多いんでしょう。

本来は、高くても店員が多い店と安いけど店員が少ない店、両方あって選べればいいのですが、近年では、前者はほぼ絶滅しかけてますね。人のいない安い店ばっかり。


でも店員がいればまだいい方で、ネットになるともはや店舗もなければ店員もいません。

商品と、本当に最小限の人がいるだけ。その人も、接客もしなければ商品の知識もない。単に注文されたものを包装して送るだけ。


これが行き着くと、この先、どうなるんでしょうね。

値段が安いのはいいことだといっても、買うためには稼がなきゃならんわけで。その稼ぎ先がなくなれば、いくら安くたって買えません。


こういう未来のシュミレーションは本としてもいろいろ出ていますが、どうも決定版はないようです。

やはり長生きして、この目で見届けるしかないですかね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sean97/20160918

2016-09-14

多様性

NFLが始まったのですが、今期は(今期から?)GAORAでの放送がなくなってしまいました。

まあ、視聴率が伸びない、ということなんでしょうね。で、この局の場合は野球とテニスに集中すると。

選択と集中、と最近ではうんざりするほど言われます。我々の業界もそう。役に立ちそうな分野や人に集中してお金を投じる。

授業では、今までみたいに「何でも屋」ではなく、地方の大学ではその地域のことをやれ。学生もいわゆるお勉強じゃなく、実践で学べ。

まあ、ある程度は仕方ないとは思います。


しかし一方で、私は単純な多様性主義者なので、それでいいの?とはいつも思っています。

なにより、自立心を失わせますよね。「お前はこれとこれだけやればいいんだ。その方が効率がいいんだ。」という指導で自立心が育てられるはずがないでしょう。もちろん、教育って所詮は「これをやれ」という命令なんだから、どっちもどっちといわれれば、まあそうかもしれません。でもその中でも、できるだけ選択肢を用意し、疑似的にでも「自分で選んだ道」というのを装わないと、いつまでたっても「やれと言われたからやる」から脱却できません。


しかしGAORA撤退は痛い。近藤さんや村田さんの実況・解説がどのくらい勉強になったことか。今だと現地の放送をネット配信で購入できるんですが、さすがに英語の実況をきちんと聞き取れるほどの英語力はないし。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sean97/20160914

2016-09-13

物忘れ

最近、物忘れが激しくて困っています。

なんてのは私だけじゃないだろうし、40から上の人が集まるとたいてい物忘れ自慢が始まるものです。

私の場合、その被害を一番被っているのは、ここでしょうね。

ふとした時に「あ、これ書こう」と思う。で、いざパソコンに向かうと、「あれ…?」となる。で、まいっか、と。で、書けない。

このネタも一度思いついて、忘れ、今寝床でようやく思い出して「忘れないうちに」ともそもそ起き出して朝の5時に書いてます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sean97/20160913

2016-09-03

多様性

台湾ではテレビをずっと見てました、が、「色」の違いはあまりわからず。

見てたのは娯楽番組が主ですから、色も何もないのでしょう。

さて、台湾には100以上のチャンネルがあるわけです。その中からみんなが好きなのを選ぶ。

これだと、番組に色がついていても別に気にしませんよね。嫌なら違うのを見ればいいわけだから。

一方、日本は地上波せいぜい一桁。

なのでみんな、「公平性」を異様に気にするわけです。このチャンネルは偏向している。特定の意見しか流さない/特定の意見を流さない。左右お互いにそういい張ってますよね。

どっちがいいとは一概にはいえないでしょうが、でもかなり単純な多様性主義者の私としては、選択肢が山ほどあって、そこからみんな好きな報道を選ぶ方がいいだろうと思います。それがメディアリテラシーというものじゃないの?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sean97/20160903