古本屋の覚え書き このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 古本屋の覚え書きを検索

2009-01-06

ユングは偶然の一致を「時間の創造行為」と呼んだ/『本当にあった嘘のような話 「偶然の一致」のミステリーを探る』マーティン・プリマー、ブライアン・キング


 科学的・数学的見解を前半で示し、劇的な偶然が織り成すドラマを後半にずらりと並べている。つまり、「恐るべき事実の数々が“単なる偶然”で説明できるのか?」という挑発的な姿勢を貫いている。


 偶然の一致とは何か――


 ユングは偶然の一致を「時間の創造行為」と呼んだ。これらのエピソードの持つ力そのものと、登場する人物たちが感情を放出し、気持ちを変化させていくようすを見ていると、この言葉はまさに言い得て妙というところだ。


【『本当にあった嘘のような話 「偶然の一致」のミステリーを探る』マーティン・プリマー、ブライアン・キング/有沢善樹、他訳(アスペクト、2004年)以下同】


 ユングらしい上手い言い草だ。では、どのような創造がなされたか? 一つだけ紹介しよう。


 1841年にカナダのプリンスエドワード島東岸の町で生れたチャールズ・フランシス・コフランは、当代きってのシェークスピア劇の名優だった。

 1899年11月27日、コフランはアメリカ南西部にあるテキサス州の港町ガルベストンでの公演中に、突然の病に倒れてまもなく亡くなった。遺体は、遠く離れた故郷に送るのは無理だったので、鉛で縁取った棺に入れられ、町の共同墓地にある石造りの地下納骨所に埋葬された。

 およそ1年後の1900年9月8日、大きなハリケーンがガルベストンを襲った。大波が墓地に激しくたたきつけ、納骨所はめちゃめちゃに壊れた。コフランの棺は波にさらわれてしまった。

 棺はメキシコ湾に流され、そこからフロリダ沿岸を漂流して大西洋に達し、メキシコ湾流に乗って北に運ばれた。

 1908年10月、プリンスエドワード島の漁師たちが、風雨に打たれてひどく傷んだ長い箱が浅瀬に浮かんでいるのを見つけた。9年の歳月を経て、チャールズ・コフランの遺体は5600キロも離れた町から故郷に帰ってきたのである。棺は島の人びとの手で、彼が洗礼を受けた教会の墓地にあらためて埋葬された。


 まるで漫画の世界。いや、漫画だってここまで都合のいい展開はないだろう。人間の想像力を軽々と凌駕するほどの衝撃的なドラマである。


 人間心理が偶然の一致にこれほど魅了されるのは、「つながり」を求める心理的回路があるためだろう。仏教の「縁起」という思想も同様だと思う。で、一旦つながりを見出すと、次に物語が作られる。で、物語はおのずと起承転結の力学に従うというわけだ。人々はいつだって「完結するドラマ」を求めているのだ。


 そして、起承転結の「転」には不思議という名のスパイスが不可欠となる。これこそ「偶然の一致」であり「神からの恩寵」であり「ご先祖様の守護」なのだろう。


 結論――人間は理にかなった人生を嫌う(笑)。

本当にあった嘘のような話 (アスペクト文庫 B 19-1)

LMLM 2010/09/10 23:06 2年近く経った後に済みません。

http://en.wikipedia.org/wiki/Encyclopæ;dia_Britannica_Eleventh_Edition
これのVolume 6(DjVu 6)from Châtelet to Constantine
P.673に「Coghlan, Charles Francis」があります。
「Irish actor, was born in Paris.」

ご参考までに。

sessendosessendo 2010/09/12 01:21 すんません、日本語でお願いできますか?

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証