souffle このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


2013年3月15日 京都の西 円町にて 食堂souffle 開店しました。http://www.souffle-shokudo.com

2017-01-28

お便りと朗読会のお知らせ

10:08 | お便りと朗読会のお知らせを含むブックマーク

メールが届いた。
年が明けて少し経った頃。

そこにはsouffleがどうして円町にあるのか
わかった気がしたと書いてあって 夕暮れの似合う町だと言ってくれた。

話さなくても伝わることがある。
自分が意識して そうしていることが 言わなくたって ちゃんと伝わることがある。

募集を締め切って  何カ月も経ったある日
手紙が届いた。
手伝いたいという想いを 心を込めて書いてくれた文章
こうやって 誰かの何かに触れることができているのなら わたしの生きている意味はもぉあるんじゃないかと思った。



今年は 自分が選んだもので 暮らしていく覚悟みたいなものを見つけようと思う。



お店ではだいすきなななつきぐもが2カ月に1度朗読会をしてくれます。
1年かけて 彼女たちを見てみたい というわたしの要望に応えてくれました。

暮らしの延長にあるような ないような そんな時間を一緒に過ごせたらいいなと思います。

ななつきぐもより*******

振り返ると、昨年朗読したのは2回だけでした。
自分たちでつくった朗読の時間は、夏のたった一度だけ。
それで、わたしたちには十分だった気がします
どんなにゆっくりとしたペースでも続いていけば、それでいい。

夏につくった音源を聴いて
冬のある日、数年前一緒に朗読をした友人が感想を届けてくれました。
―ななつきぐもとの朗読は、朗読をするってことの
それ以上になにかを確かめられるような、そういう時間だった

きっといつでも、なにかを確かめていたのかもしれない。
あたり前に見えること、とりとめのないこと、
通り過ぎてしまいそうなこと、泣きたいような一瞬、
遠くなっても忘れられない記憶。

日々の暮らしを見つめて、自分なりの言葉でなぞる。
それを声に出して読むということを特別なことではなく
もっと生活の一部のようにやってみたいと思いました。
だれかが聴きに来ても、たとえ来なくたっていいから
定期的にやるのもいいはず、ときっかけをつくってくれたのは
食堂souffleのさゆりちゃん。
これまでとは違って、1年間という少しだけ長い時間をかけて
書くことと、読むことを続けてやってみようと思います。

ごはんを食べるところ、暮らしに寄りそう場所で
これから二か月に一度、朗読会をはじめます。
自分たちの生活とひとつづきにあるような、
耳を傾けてくれた人もすっと自分の日常に戻れるような
時間がいいなと思っています。

ななつきぐも 朗読会
2月18日(土) 17時から 参加費500円(要1order)





2017-01-23

神戸へ

22:22 | 神戸へを含むブックマーク

がんばらないとできないことが こんな仕事をしていると 結構あって 
友達と会う時は なんにも考えなくていいように
お酒をのんだり きゃっきゃとふざけ合ったりしている。
だけど  立ち止まるとできなくなるから止まれなくて たまに辛くなった時は 涙が出てくる。
でもやっぱり かっこよくがんばりたい。


神戸にきょーちゃんがいるおかげで この街に来るようになったし
この街を知ることができて 嬉しい。
近くて遠い知らないところだったけれど そんなことが無くなった。
4時から8時までしか開いてないカウンターだけの藤原さんで 70代の元気なお父さんお母さんたちとおしゃべりしながら呑んだ。

じぶんのいろんなことを 思い出すきっかけがあって
そんなタイミングで 引っ越しが決まり
そして けじめをつける日が来て
そういうもんだと思った。

怖くて触れられないことがあって だけど そういうことを そのままになんてしてられないのだと思った。

生きたり 優しくしたり されたり。

あの日 1日でも なにもかも忘れさせてくれて 優しくされて わたしはその日から変われたから 感謝してる。


そういう いろんなことを思った。





2016-10-04

souffleケータリングとイベントのスタッフ募集します。

15:42 | souffleケータリングとイベントのスタッフ募集します。を含むブックマーク

募集の方は締め切らせていただきました。たくさんのご連絡ありがとうございました。


こんにちは。

毎日バタバタと通り過ぎていくものを見送ってる感がすごいです。

年々ありがたいことにお仕事が増えてきました。(時期によって忙しい時とそうで無い時もあります。)

いつもは 知り合いの方に頼んでいたのですが
継続的に手伝ってくれる方を一名募集してみようと思います。



条件
・食堂souffleを好きでいてくれる方
・社会経験のある方
・健康な方
・体力に自信のある方
・調理経験のある方(野菜を洗う 切る 剥くといった基本的な作業ができる方)
自動車運転ができる方(こちらに限っては必須ではありません。)


将来お店がしたい方 
ケータリングやイベントなどの出店に興味のある方にとっては 刺激的な現場だと思います。
イベントやケータリング時のみのお願いになりますので
基本的に 土日祝日がお休みの方 お待ちしています。

まずはメールにて お問い合わせください。
後日連絡いたしますので 直接お会いしてお話を伺いたいと思っています。
mail/   info○souffle-shokudo.com
(○を@に変更してください)

食堂souffle 田中沙由理