souffle このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


2013年3月15日 京都の西 円町にて 食堂souffle 開店しました。http://www.souffle-shokudo.com

2018-08-31

もみじ市 2018 辞退のお知らせ

23:14 | もみじ市 2018 辞退のお知らせを含むブックマーク

もみじ市 2018 辞退のお知らせ

いろんなところで 少しご心配をおかけしているみたいで ごめんなさい。
さらっと書こうと思いましたが 余計に心配させるかと思い 少し長くなりますがお付き合いください。
梅雨の時期から体調が悪く今は通院している状態です。(よく言われるのですが おめでたでは無いです。新婚あるある
生死に関わるようなことはないのですが
激しい運動やハードな仕事ができないでいます。
これまで 酷使してきた体を労わる為にも 年内の関西以外のお仕事を自粛させていただくことにしました。(他にも お断りしてしまった方ごめんなさい。)
やんわりお伝えしてきましたが どうにも嘘が付けず困ってきたので 大切なもみじ市に出られなくなってしまったお知らせと一緒に書いた次第です。

とはいえ 大好きなお酒も美味しい食べ物も食べてなんの制限もありません。
たまに 寝転んでいますが 元気です!お腹が痛いぐらいで めっちゃ元気です!ハネムーンにも行くつもりです!

大切な夫や家族、大好きな友人に優しくされて 暮らしています。

どうか なにも聞かず 普段通りに接してもらえたら嬉しいです。

みなさんもお身体大切に 他のものはどうにかなるので 無理をせず 楽しく暮らしてほしいです。
命あっての人生です。
こんなしんどさ もっとしんどい人たちに比べたら へっちゃらです。

わたしの周りにも 病を抱えたり ブラック企業のせいで働きすぎたり 自営業だから休めない人たちがたくさんいますが みんな休んで!そして元気になりますように。

長くなりましたが これからも食堂souffleと塩見沙由理を どうぞよろしくお願いします。

2018-06-27 このエントリーを含むブックマーク

3月に結婚した。
毎日ありがとうと心の底から夫に思っていて、とても幸せ。
特別なことなんてなくたって ただ毎日一生懸命働いて おいしいごはんを食べたり プランターで何か育てたり ニュースを見て悲しんだり 怒ってケンカしたり 心の底から笑ったり 生活をするということが こんなに楽しいって忘れてた。


体の調子がずっと悪い。
それがしんどいのもあるけれど とても悲しい。それは きっと人生においてとても大切な人が心配するから。
でも 元気に歳を重ねるために 良い機会だと思って 整えようと思っている。


毎日一生懸命働いている。
気を抜いて肩の力を抜いて働きたいけれど
そんなことをすると 回らない。
いつもちゃんと頑張らなければ できない。
それは 性格なのか 許容範囲をとうに超えてしまったのか。
でも 頑張っていたら 5年もお店を続けることができた。
とても愛される良いお店になったと思う。
大好きな人がたくさん増えた。
できることもたくさん増えた。


このブログをずっと読んでくれている人は きっと毎日頑張って生きていて うまくいくこともうまくいかないことも 受け止めて生きていると思っていて
しんどいと膝を抱えて泣いてしまう日もあると思うのだけど
大丈夫、きっとうまくいくよと言いたい。


わたしがブログをずっと続けていて 本当によかったと思うことは とても心の優しい夫と結婚できたこと。いつもありがとう。

2017-08-09

喫茶パル

01:23 | 喫茶パルを含むブックマーク

買い出しも兼ねて 台風の中喫茶パルへ行った。
モーニングは玉子トーストコーヒーで400円

ブラックだと覚えてもらえてて 初めてオーダーしないで出てきた!嬉しい。
変わらないあつあつのカップに美味しいサイフォンのコーヒー
辛子の効いたサンドイッチ
チャキチャキ働く スマートな動きのマスター
ほんとうに素敵な店だ。


小さなことでくよくよしたり 頑張ることを保てなくなってしまうけれど
いいじゃないか!
わたしはわたし。女の子にだってなる。というか女の子だ。持てない荷物だってある。でも持ってくれる人がいない時は引きずる。泣ける。

だけど 一番頑張りたいことを頑張れないから もやもやしてるのだろう。
競争していたり目標となるものや人がいたり 頑張らなければ出来ないことがあれば 志しの高い人は 出来るようになりたい!と頑張れると思うのだけど
わたしは今 自分で自分自身のことを奮い立たせなければいけなくて それがうまくコントロール出来ない。

だけど もうすぐ 旅に出る。
きっと また やりたいことがむくむくと出てくると信じてる。
頑張った人にしか見れない景色をわたしは何度も見てきたのだから。



f:id:souffle2007:20170807094916j:image