ヴィクトリア朝と屋敷とメイドさん このページをアンテナに追加 RSSフィード


AMAZON『英国メイドの世界』へ  ■講談社より刊行しました! 屋敷の暮らしと使用人の仕事が分かる『英国メイドの世界』
 -屋敷で働くメイド・執事の仕事が分かる資料本『英国メイドの世界』:第一章の試し読み開始
 -出版化時にこだわった「読みやすさ」と「分かりやすさ」

 ■英国ヴィクトリア朝・屋敷や貴族関連の資料/映像をお探しの方にオススメ
 『ダウントン・アビー』を見る前に読んでおきたいカントリーハウスと職場の解説

 -SPQR[英国メイドとヴィクトリア朝研究]更新中




2007-12-01 今も生きる高名なイギリス執事

冬コミ新刊の概要とテーマ

『タイトル未公開(イベントまで秘匿予定)』のINDEX


13歳のメイドはシャーリーだけじゃない

メイドの仕事は大変なのです

メイドさんも会社員と同じ

二つの世界

不屈のメイドさん

そんなに悪くない

姉妹でメイド

音楽なしでは生きられない

奇妙な主人たち

ご主人様、かく語りき

独特なメイドさん

愛さずにはいられない

家族想いのメイドさん

魂に響くメイドさんの言葉


内容は実在したメイドさんのエピソード集です。彼女たちの名前(一部匿名)、年代、働いた年齢、職業などを整理し、「誰が、いつ、そのエピソードを語ったか」を明確にして、彼女たち(一部執事やフットマンも混じっています)のことを覚えてもらおうかと思います。


しかい、デイリーメイドとランドリーメイドのなんと少ないことか……それぞれ1名しか見つけられませんでした。いちばん大変なメイドオブオールワークや、料理も掃除もしたbetween maid(tweeny)の方が多いです。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/spqr/20071201/p2