Hatena::ブログ(Diary)

流浪の狂人ブログ〜旅路より〜 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-09-04

「思い出のマーニー」感想

f:id:synkronized417:20131212171015j:image:w360
 イギリスの作家、ジョーン・G・ロビンソン原作の児童文学小説を、借りぐらしのアリエッティ米林宏昌監督スタジオジブリ製作で長編アニメ映画化。

 哀しい過去により心を閉ざした少女・杏奈が、喘息の療養のために訪れた北海道の田舎町で、湿地に建つ古い屋敷に住む不思議な少女・マーニーとの出逢いと交流を経て、成長していく姿を描いた本作。
 清楚な美少女フェチの宮崎監督が今まであまり描かなかった、もしくはあえて描こうとしなかった、思春期の少女特有の鬱積した負の感情や、自己嫌悪の末に自らを傷つけ、内側に引き篭もる姿にフォーカスしている点は、意外と好印象。
 自分が周りの全てから拒絶されていると思い込むあまり、知らず知らずのうちに壁を作る杏奈の、お世話になる親戚の家に着くなり「他人の家の匂いがする…」とひとりごち、上から目線で何かとかまってくる近所の女子を「太っちょ豚!」と罵る、これまでのジブリヒロインではありえなかった台詞が飛び出す、ある意味での新鮮さもさる事ながら、そんな彼女の心の傷を共有し、無条件に受け入れる謎の少女・マーニーの存在も、なかなかに秀逸。
 先天後天問わず、多くのコンプレックスを抱えた子供たちにとって、それは他人、特に大人からすればほんの些細で(言葉は悪いが)バカみたいに思える事でも、思春期の未成熟な精神には、文字どおり生死に関わる重大な問題であり、我が身を蝕む劣等感、孤独、惨めさに慟哭し、時に行き場のない怒りに苛まれる事も少なくない。その生きた証拠が、何を隠そう小生である。
 そんな時、善悪を越えて自分を肯定し、そばにいてくれる人がたった一人でもいるだけで、どれだけ救われる事か。…まあ、残念ながら小生にはそんな有り難い御仁は一人もいなかったが、とにかく、これが原作の力によるものなのか、あるいは本作の監督をはじめとするスタッフの尽力によるものなのかはさておき、そうした少女達の機微を丁寧に汲み取り、不思議で美しい友情劇、そして瑞々しい成長譚へと落としている点は、非常によかった。

 とはいえ、物語そのものの素晴らしさはともかく、一劇場アニメ作品として観た場合、どうにもメリハリがなく、いい意味でも悪い意味でも優等生、模範的な作りという印象を受けた。それがダメ、というわけではないが、図らずも新生ジブリの指針となる作品だけに、もう少し尖った部分、言い換えるならセールスポイントのようなものを示していただきたかったところ。
 それが上記した事ではないのか、と言われればそうなのだが、実際のところ、題材が変わっただけに過ぎない。こうした新しい題材を扱うからこそ、批判覚悟で「今までのジブリとは何か違うぞ」と思わせる何かがあれば。
 元々ジブリは、徳間書店宮崎駿という才能のために巨額の資金を投じてブッ建てたスタジオではあるのだが、ここまでネームバリューが肥大化し、世間一般ジャパニメーションジブリとの認識さえある昨今、仮にも横綱の看板を掲げる以上、それ相応の相撲を見せていただきたい。

 それに関連してもう一つ付け加えるなら、マーニーの正体がかなり早い段階、というより、予告映像かキャッチコピーを見た瞬間にあらかたの予想がついてしまうのは詮方ないにせよ、それこそかぐや姫の物語…はハードルが高すぎるが、オチも展開も分かっていながら楽しめるぐらい、物語のポテンシャルを引き出せていれば。
 原作は未読ながら、聞くところによると「こんなもんじゃない」そうで、舞台をわざわざ北海道に移した理由はさておき(単にロケハンしやすかったとか?)、それなりのポテンシャルを秘めている作品なればこそ、今のジブリの力量を世に知らしめる、またとないチャンスだったのではないかと察する。それだけに、何とも惜しい。

 ちなみに、物語のポテンシャルを引き出すとは、ただ内容をムダに複雑化するとか、いらない情報を洪水のごとく垂れ流すとか、登場人物が意味ありげで実はまるで無意味な言葉を吐きまくる、という事ではない念のため。それでは、ただのA野になってしまう。

 さて、ここまで悪口のような事ばかり書き連ねてしまったが、実際のところ、モノとしては決して悪くなく、少なくともここ10年内のジブリ作品の中では、かなり好感の持てる出来と言える(もちろん、かぐや姫〜」は除いて。アレは別格)。
 宮崎監督が引退を表明されて約一年。その間も、制作部門を一時解体するのと報道や、某プロデューサーがナントカいうのを後継者に推すなどと金が絡みすぎて頭おかしくなったとしか思えない発言をしたりと、今なおジブリ内外は衆目を集め続けているが、良くも悪くも日本アニメ業界の牽引役として、今後の活躍を期待したいところ。
 …と同時に、すごく矛盾するような事を言うが、そろそろ他のアニメスタジオも、いつまでもジブリの後塵に甘んじる事なく、(世間的に)隠れた才能をバンバン世に送り出し、全力でぶっ潰すぐらいの覚悟で臨んでいただきたい。破壊なくして想像なし!バカヤローー!!(ダレ?)


 じゃ、何かとてつもなくワケの分からん感想もなっちゃったけど、今回はこの辺で。

 ☆☆☆★★+

 あと、途中から出てきたメガネの子なんかも、もっとしっかり掘り下げたエピがほしかったな。星3つプラス!!
















スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証