たかぴろの 狂人日記 このページをアンテナに追加

2017-01-19 [読書]ぺコロスの母の贈り物

[]ぺコロスの母の贈り物

そもそも岡野さんの漫画は、確か道新にも連載されてたことがあった。で、何年か前のお正月ペコロスの母に会いに行く古本屋で見かけて、正月記念と思い買った記憶がある*1

ペコロスの母の贈り物

ペコロスの母の贈り物

ハゲチャビン(はげちゃびんとは - 大阪弁 Weblio辞書)というのは、「ハゲの人を悪く言う言葉」なんだそうだ。

wikipedia:対州馬というお馬さんもいたんだってね。

バフン紙(wikipedia:黄ボール)は、Wikipedia には「死語」と書かれてますorz

まぁ私、幸か不幸か(って、不幸だよ!)、親の介護にはもう無縁ですからなぁorz

*1:だから、家の中を探せば出てくるはずなんだが…

2017-01-18 [読書]熟議が壊れるとき、など

[]熟議が壊れるとき

熟議が壊れるとき: 民主政と憲法解釈の統治理論

熟議が壊れるとき: 民主政と憲法解釈の統治理論

ググったらこんな記事もあった。:キャス・サンスティーン『熟議が壊れるとき』第1-3章まとめ - かすてらすねお。(d) で、この記事にはない4,5章はというと、第二階の卓越主義だの第二階の決定(最後の章の扉の文言によると、

合理性限界がある現場の(=第一階の)意思決定者と、それを支援し導くための制度設計する(=第二階の)意思決定

という説明があったが。)だので、なんか法学の話っぽかった。一応目は通したが、なんかよくわからんorz でも「第二階」というキーワードのおかげで訳者あとがき編者解説を見つけた。:(PDF) あとでゆっくり読もう。

最初の方では、集団極性化:心理学用語集 サイコタム集団極性化)の話をしてた。

簡単にいえば、熟議集団構成員が、その傾向を熟議前よりも極端化させること

とのこと。

そえば、wikipedia:ヒューリスティクスは「発見手法」と訳してた。いづれにしろ、よくわかりませんorz

トーシローは、wikipedia:ソロモン・アッシュ実験とか言われても全然わかんないんだよね… これらしい:長いものには巻かれるべきか 多数派に従う「同調」の心理|マーケットで成功するための投資の心理学|ダイヤモンド・オンライン

どうやら、公の場で多数派に対する賛成の意が示されたとしても、発言者自分多数派と同じ集団に属していると考えている場合、その発言は不正確で本心ではないと考えている可能性が高いのである

で、この集団極性化という現象は、同調欲求によるものだ、というのは一つの説明の仕方ではあるが、そういう問題ではないそうだ。

インターネットは、多くの人にとって、極端主義の温床なのである

やはりそうか…

から、この集団極性化減少が示すのは、

現実の状況下においては、熟議によって真実へ到達するという可能性が高まるという保証はほとんどない

ということなんだって。なんかお先真っ暗…

多数決は、選考の正確な集計を提示できない

で、本文中に「wikipedia:権原」なんていう語が出てきたから、変換ミスか?と思ったら、そういう用語があるんですね…ムチなオイラの負け!

共通善への献身にむけて市民たちをまとめるのに役立つのは、戦争である

戦時はもちろん、平時においても)

お上が無節操に「善」とか「お国のため」とか言い出したときは、眉に唾つけたほうが良いってことか?

google:ロクナー時代というのもあるらしいんだけど、ググってもわからんorzロクなもんじゃね〜

D

憲法などといった

完全には理論化されていない合意時間をかけて吟味批判されるべきである

というわけで、ここつながりで発掘して読んでみたけど、素人には敷居が高かったorz

それともう一冊。まぁこれまたななめ読みではあるが。

[]再開発は誰のためか

出版社記事 日本経済評論社 - 再開発は誰のためか

著者曰く、wikipedia:2020年夏季オリンピックはアベノピックスだそうだ。だから、喜ぶのはスーパーゼネコン一覧と比較 | ゼネコン.netとか大手ゼネコン一覧と比較 | ゼネコン.netばかりのようだ。なので、身の丈に合った「身の丈再開発*1を、ということでした。

でもやはりこういう怒りの文章には誤植が残っていて、節のタイトルは「低炭素化を口実に…」となっているのに本文中には「低酸素化を口実にした…」となっていたり(低酸素?濃度にもよるが死んじゃうよ!)、やっぱり怒りの文章はちゃんと二重、三重に見直そう。

*1:ググったところ、そもそもこの語を使ってるのはwikipedia:国土交通省のようだが。

2017-01-15 [読書]地図入門

[]地図入門

市の図書館で見かけて手を出したんだけど

地図入門 (講談社選書メチエ)

地図入門 (講談社選書メチエ)

実はここで見かけてましたね(記憶になしorz

さらには、著者の本はこの辺でも読みかけてた。(当然記憶になしorz

あと、あとがきではオン・ザ・マップ - たかぴろの 狂人日記の話もしてた。

そもそも地図というのは元は軍隊が作っていたものだそうで。wikipedia:地図

軍事面でも自国や敵国の地形を把握することが重要となっていった。

日本では、wikipedia:西南戦争をきっかけにwikipedia:迅速測図を整備することになったんだとか。だから戦前は田を表す記号も乾田・水田沼田*1と三種類あったらしい。:消えた地図記号から戦争を考えよう!(PDF)

ベニスヴェニスと書き表されるように、

(今や)現地呼称尊重する世界的な流れは定着しているようだ。

とのこと。

海保wikipedia:海上保安庁)の人たちにとっては地図と言えばwikipedia:海図のことで、フツーの地図は「陸図」と呼ぶんだそうだ。

で、地図の作製は一言で言えば「この世の世の記号化」だそうだ。

wikipedia:縮尺の大小については、Wikipedia 参照。(手抜きorz 間違えやすいので、覚え書き。でも粗い・細かいという語の方がわかりやすい気もするなぁ。)

mmミリメートル)やkmキロメートル)にも一応漢字wikipedia:国字)があるんだってね。:【みんなの知識 ちょっと便利帳】単位の漢字 - 外来の単位に使われる略字・当て字、尺貫法での漢字など

wikipedia:フィートというのは

ほとんど見たこともない「大足」であるが、靴を履いた状態が元らしい。

とのこと。でも昔(T田さんと仲良しの)K本さんは足の大きさが靴を履かずに1フィートあったが。

wikipedia:ヤード起源は、本書では Wikipedia の一番目のものが紹介されてた。

アルプス一万尺についてはwikipedia:ヤンキードゥードゥル参照。

スイス地図は美しいそうだ。:足で歩くスイス・読み物 スイス国土地理院(Swisstopo)見学記

そーえば京都では○○通西入ルとかいう住所が一般に使われていたから、七桁郵便番号は一問題だったらしい。:【京都うらみちあんない】京都よもやま話26 7桁郵便番号の功罪

著者の本はここでも見かけているが、ここで出てきた地勢図は戦前は「1/200,000帝国図」というものだったそうだ。

著者によると「地名は無形文化財」*2だそうだ。

wikipedia:五稜郭と言えば函館か、と思いきや、長野県佐久市にも五稜郭があるそうな。:龍岡城五稜郭|観光ポイント|信州佐久 旅の観光ガイド|長野県佐久市観光協会

てなところで。

*1しょうでんと読む。

*2:本書では「…という表現があるが」なんて書いてたが、ググっても著者絡みの記事しかヒットしないぞorz