たーくんの狂人日記 このページをアンテナに追加

2019-01-25 [読書]おどろきの中国

[]おどろきの中国

おどろきの中国 (講談社現代新書)

おどろきの中国 (講談社現代新書)

wikipedia:橋爪大三郎さんに、wikipedia:大澤真幸さんとwikipedia:宮台真司さんが疑問を呈する、というスタイル鼎談本。鼎談に先立って旅行もしたそうだが。

言ってみれば、中国wikipedia:欧州連合みたいなものだそうだ。

[読書]銃・病原菌・鉄 - たーくんの狂人日記は、中国に関しては藤生bんなんだそうだ。

ある中国人留学生曰く、

中国には交通ルールはない。強いて言うと、事故を起こさないことが交通ルールである

近寄らんとこ。

神が時間を超越しているから契約時間を超越できる。

江戸幕府が力を失ったのも、外国を前に、経済力軍事力もないのが明らかになったから

文字を作ったのは、メソポタミアエジプトマヤ中国だけなんだそうだ。

道教は、ひと口で言えばウラ儒教

ふーん、こんなんもあるんか:wikipedia:三民主義

wikipedia:五族共和勉強せなあかんかな?

中国との外交の真の相手は党(共産党)なんだそうだ。で、「指導部が正しい、と考えることが正しい」んだと。

こーゆーのもあるんだ:wikipedia:補完性原理で、

中国全体が一つの組織

政治は、人が人を支配することだから相対的

現在財務省には、財政再建路線というもの存在しない。存在するのは、天下りポスト増大をもたらす増税路線だけであり…

これも、あとで読んどきますか:ミッシェル・フーコーの権力論

いちばん許せないのは、日本人歴史を忘れること

左袒(サタン)とは - コトバンクとか言われて振り仮名振られても、意味わかんないんだよねorz

これもあとで読んどこ:内集団・外集団(ないしゅうだんがいしゅうだん)とは - コトバンク

これも要勉強かなぁ?:ナチスとアメリカの「優生思想」のつながり

これも(って、そればっかだなぁorz):今も「鳥かご」の中にある中国経済 経済改革の深化を唱えるも実際は統制を強化(1/3) | JBpress(日本ビジネスプレス)

中国では、wikipedia:文化大革命が終わってから性が解放されたんだそうだ。でも日本も同じくらいの時期でないか?

ふーん、こんなんも:wikipedia:客家

合理的ものは、中国では宗教のかたちをとる

言わば、「人びと全員が中国教徒」だそうだ。

相対的剥奪

日本中国リスペクトしないとすれば、それは日本側の偏見によるもの

という訳で、諸般の事情で今日はあまり時間がないから駆け足orz

あ、でもこの本よく売れたから、どっかの BOOK OFF で¥108 だったようだ。

2019-01-23 [読書]ノーベル賞受賞者が教えるノーベル賞をとる方法

市の図書館で見かけて手を出したんだけど。

[]ノーベル賞受賞者が教えるノーベル賞をとる方法

やっぱりお子様向けの本かなぁ?各章末に「実験してみよう」というコーナーがあるのは、要するに「ちゃんと買ってね」というささやきかな?

著者は、wikipedia:ヘリコバクター・ピロリ発見した人なんだってね。wikipedia:バリー・マーシャル

物理屋崩れだけど、知らんかったorz wikipedia:光速はよく c で表されるけど、これはラテン語に由来するんだってね。

偉大な科学者って、みんな片づけが苦手なんですか?

確かにその傾向はあるかも…もちろん、逆は真ならず(片づけが苦手だからと言って偉大な訳ではない。)

wikipedia:スブラマニアン・チャンドラセカールって、科学と芸術の関係に興味をもってたみたいだね(この辺とかこの辺とか)。

心に残ったのは、wikipedia:ロビン・ウォレンの口を借りて、

常識というものには気をつけなさい…それは、きみをしばりつけてしまうことがあるから

という言ですかね。ヱ、そんなのに感動するのは、狂人から

2019-01-22 [読書]誇大毛想

市の中央図書館で見かけてつい手が出たorz

[]誇大毛想

誇大毛想

誇大毛想

大物になりさえすればハゲなどちっぽけな悩みだ。それはわかっているけど…

そえばこんなCMもあったね。

D

うつ病患者に「がんばれ」と言うのと同じ

で、良くないそうだ。

毛が少なくなると、友だちも少なくなるそうだ。確かに相関関係はありそうだな。wikipedia:擬似相関のような気もするが。

そえばオラ、wikipedia:鼻 (芥川龍之介)はよく知らないなぁorz

ハゲは「毛なげ」だそうだ。

なんかググったら、こんな記事もヒットした:小峠が語る薄毛の極意「トレエン斉藤は攻めのハゲ、スキンへッドは逃げのハゲ」 (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

段階式の増毛法というのは、要は自分を納得させるために少しずつ増やしているんだそうだ。何をしようが、気付く人は気付く、と。

wikipedia:久住昌之氏曰く、「塗るな、かぶるな、ジタバタするな」だそうだ。

一方、wikipedia:かつら (装身具)経験者によると、大きさは気合で決めるものだそうだ。「かぶるの三日、外すの三年」だそうだけど。一種wikipedia:ドーピングだそうだ。

wikipedia:佐々木勝俊曰く、

ノッポと絶壁とワキガ、これは遺伝です。でもデブは不摂生ハゲ祟り

だそうだ。

触らぬ髪に抜け毛なし

ハゲからユーモアを取ったら、もう何もない。」

これまた佐々木氏曰く、カツラ屋は宗教だそうだ。そえば昔読んだ何かの本に「信じて金を払い続ける者は救われる」みたいなことが書いてあったし。ググっても不明だがorz また、wikipedia:放送作家はバ○で変態だそうだ。

wikipedia:外道意味は、Wikipedia が詳しいですね。

でも本書は伏せ字が多くてようわからんorz まぁこういうネタで実名書くと問題になるか。

脳内物質研究している人が言うには、好きな理由なんて後付けなんだって。

wikipedia:倉田真由美氏曰く、だめんずダメンズとは?特徴7選であなたの周りの男を診断!危険な男にハマらないコツご紹介! | Clover(クローバー))に一貫しているのが、客観性があまりないことだそうだ。オラもそうかな…昔「自己認識が甘い」ってよく言われたからorz