啄木の息 <ブログ版>

─ いまもなお瑞々しく語りかけてくる啄木の魅力を追い その息づかいに触れてみたい ─

     「本家 啄木の息」のリンクは、このページの最下段にあります。

 

2017-09-25

[][] 「啄木悲しき砂を一握り」ゴロ文学シェーッ!

f:id:takuboku_no_iki:20170925163209j:image:w640

[アザミ]


増補改訂版 ハイパー日本文学史 ゴロ文学シェーッ! 

   2001年 アルス工房

   作家 板野博行/宮下善紀



《ゴロ合わせで覚える日本文学史》

啄木悲しき砂を一握り

   啄木(石川啄木)悲しき(悲しき玩具)砂を一握り(一握の砂)


わずか26歳で生涯を閉じた石川啄木は貧乏と肺の病いに苦しみつつ、「三行書き」という独自のスタイルの短歌を作った。「明星」の与謝野鉄幹の知遇を得て詩集『あこがれ』を発表するが、『雲は天才である』などの小説は認められなかった。歌集『一握の砂』『悲しき玩具』以外に評論『食ふべき詩』『時代閉塞の現状』がある。


Q1 評論『食ふべき詩』や、歌集『一握の砂』・『悲しき玩具』などを書いた歌人はだれか。


Q2 啄木と関係の深いものを次の中から一つ選び、記号で答えよ。(早稲田大学)

イ 和歌革新運動  ロ 「白樺」  ハ 口語自由詩運動  ニ 『春と修羅』

ホ 『赤光』  ヘ 「明星」 ト 『春』


Q3「ふるさとの訛なつかし/停車場の人ごみの中に/そを聴きにゆく」の歌が収められている歌集を次から選び、記号で答えよ。

ア 海の声  イ 桐の花  ウ 一握の砂  エ 赤光


Q4 石川啄木の作品を次の中から二つ選び、記号で答えよ。(山脇学園短期大学)

ア 若菜集  イ 邪宗門  ウ 一握の砂  エ 路傍の石  オ 月に吠える  カ 悲しき玩具


Q5 次のア〜オの中から石川啄木の第二歌集を選びなさい。(青山学院大学

ア 一握の砂  イ あこがれ  ウ 悲しき玩具  エ 呼子と口笛  オ 島影


Q6 啄木の三行書きに影響を与えたと言われる歌人を一人選びなさい。(立正大学

1 若山牧水  2 土岐哀果  3 長塚節  4 釈迢空  5 正岡子規


   ↓

   ↓

   ↓

   ↓

   ↓




A1 石川啄木

A2 ヘ

A3 ウ

A4 ウ・カ

A5 ウ

A6 2



 

2017-09-22

[][] 「生きがい」よりも「死にがい」が強制された青春 岩城之徳 <2>

f:id:takuboku_no_iki:20170922155727j:image:w640

[啄木墓碑裏面 拓本『大丈夫だ、よしよし、おれは死ぬ時は函館へ行つて死ぬ』]


『国文学 解釈と鑑賞』特集─石川啄木の世界─

   1974年(昭和49)5月号 第494号 至文堂

(2017-09-07の つづき)

◎私の卒業論文  岩城之徳

 「石川啄木の伝記的研究」

  • 昭和23年の春、私は日本大学法文学部文学科を卒業した。卒業論文は「近松浄瑠璃における道行の研究」400枚。卒論に近松の世話物を選んだのは、封建社会の矛盾を全身に受けて苦しむ町人階級の人びとや、罪なくして死に追いつめられてゆく心中物の若い男女に、かつての自己を発見し深い共感を覚えたからである。
  • 私は卒業後北海道へ渡り、昭和25年の春北海道大学の大学院に入学した。その頃の北大は、図書もなく暖房炭も少ない古びた文学部の教室であつたが、古典研究の歴史を語り、源氏物語の成立を論じる風巻景次郎教授の講義は若々しい情熱にあふれる魅力的なもので、学生たちは寒さを忘れて夢中で聞きいつた。風巻先生は大学院で石川啄木の研究をやりたいという私に、「事実の証明」に力を入れるよう指導され、戦後の歴史学や近代文学の成果を採り入れて幅の広い視野から啄木の伝記を実証的にまとめてはどうかと奨められた。
  • 私が啄木を研究対象に選んだのは、当時世界評論社より刊行された『石川啄木日記』全三巻を読んで、不幸な運命とたたかいながらも多くの名作を残した啄木の文学者としてのすぐれた素質と、社会の不条理に挑戦した鮮烈な詩精神に心が打たれたからである。
  • 私は北大時代の5年間を文字通り啄木の研究に没頭し、「石川啄木の伝記的研究」1500枚を大学院修了論文として提出した。昭和30年1月のことである。この研究は『石川啄木伝』として刊行され、これが契機となつて母校の日本大学の専任講師に迎えられた。私は大学に赴任してからもたえず啄木とその周辺を調査し、十数冊の啄木に関する著書を世に送つた。
  • 啄木のその比類なき業績を明らかにすることで、自己の青春の夢を果たそうとしているのかもしれない。その意味で「私の卒業論文」は学部の「近松」より大学院の「石川啄木」のほうが私にとつてふさわしいような気がする。

(おわり)


岩城之徳(いわき ゆきのり、1923年―1995年)は、日本近代文学研究者、日本大学名誉教授。石川啄木の実証的研究の基礎を築いた。1986年、「啄木歌集全歌評釈」「石川啄木伝」で第1回岩手日報文学賞啄木賞受賞。国際啄木学会発起の中心人物となり、会長も務めた。(wikipediaより)


2017-09-21

[][] 『啄木の足跡を辿る』岩手県立図書館

f:id:takuboku_no_iki:20170921153858j:image:w640

[ビルベリー]


岩手県立図書館

 『啄木の足跡を辿る』    

  第33回 賢治資料展

  平成29年9月22日(金)〜11月12日(日)

宮沢賢治石川啄木コレクションのうち、直近の2年間に収集された関連図書を隔年で紹介。(昨年は啄木、今年は賢治、そして来年は啄木と順に紹介する予定)

それにちなんで、今年は企画展が行われない啄木関連の図書を当館所蔵資料からご紹介いたします。渋民村(現在の盛岡市渋民)に生まれ、国内を流転しながら多くの歌を詠んだ啄木の足跡を辿ることができる資料です。


『啄木の足跡を辿る』

明治38(1905)年に小田島書房から発行された「あこがれ」を底本とした、石川啄木の処女詩集。この詩集をきっかけに、啄木は「天才詩人」として世に知られるようになりました。初刊とほぼ同じデザインからも当時の香りが伝わる1冊です。

  • 『一握の砂』 石川 啄木‖著 石川啄木記念館 2003年

明治43(1910)年に東雲堂書店から発行された「一握の砂」の復刻版です。巻末にある東雲堂書店の発行書目からは明治末期の文学界の息吹が感じられます。

  • 『釧路街並み今・昔』 永田 秀郎‖文 北海道新聞社‖編 北海道新聞社 2005年

「挽歌」と啄木の哀愁に彩られた道東の拠点都市、釧路。その産業と風情の移ろいを多くの写真と詳細な説明で描き出した、釧路の今昔をつづる郷土史料です。

  • 『東京文学散歩 名作の舞台と文豪ゆかりの地をめぐる』 神保町文学散歩倶楽部‖著 メイツ出版 2010年

情緒あふれる下町に漱石、鴎外、露伴らの足跡を辿る。根津・千駄木や、碑に刻まれた啄木の想い、龍之介の面影を探して歩く銀座・築地・・・。傑作が生まれたルーツを辿りながら、作家の愛した街を歩く文学散歩本です。

啄木が慕い、創作面でも大きな影響を受けた与謝野寛(鉄幹)と晶子夫妻を仙台文学館が特集した企画展の図録です。啄木も参加した雑誌「明星」や「スバル」にも触れており、当時の文学界を知ることができる内容です。


  岩手県立図書館 電話:019-606-1730 ファックス:019-606-1731



2017-09-20

[] 啄木「どうか壊れた時計にはなってくれるな」18歳 初の政権選択選挙を考える

f:id:takuboku_no_iki:20170920161705j:image:w640

[カツラ]


「卓上四季 壊れた時計」[北海道新聞]

  • 北海道にもゆかりの深い石川啄木は、母校の盛岡中学(現・盛岡一高)の校友会雑誌に寄せた「林中書」で、後輩にこんなメッセージを贈っている。「どうか(漫然と毎日を過ごす)壊れた時計にはなってくれるな」と。そして「百科全書的な下らぬ勉強」より、「何か人生に些少(さしょう)なりとも影響を与えるような考えを起(おこ)してくれ」と呼び掛ける。作品が評価されず、仕方なく代用教員をしていた1907年(明治40年)のことだ。
  • 悶々(もんもん)とした思いから生まれた言葉なのか。「壊れた時計」になるなとの訴えは、現代にも通じるように思う。
  • 衆院解散の公算が大きくなってきた。加計(かけ)、森友学園問題や陸自の日報隠蔽(いんぺい)問題はどうなるのか、「大義なき解散」と言われても仕方あるまい。
  • ただ、選挙になるなら若者たちにも大きな関心を持ってほしい。18歳選挙権が導入され1年余。初の政権選択選挙だ。面倒くさいかもしれないが、それをやめたら「壊れた時計」になってしまう。わずか1票で社会が変わるわけではない。だが、社会を変えるにはそれぞれの1票が必要なのだ。一生懸命考えてみてほしい。

(2017-09-20 北海道新聞


記事


[] 盛岡てがみ館の閉館検討

「22年度以降の閉館検討 盛岡市教委がてがみ館」 [盛岡タイムス]

  • 盛岡市中ノ橋通のプラザおでって6階にある盛岡てがみ館が2022年度以降に閉館が検討されていることが分かった。収蔵資料は、22年度から25年度までの間に市先人記念館や石川啄木記念館、原敬記念館などに移管する計画。
  • 市公共施設保有最適化・長寿命化中期計画で、同館は機能の集約化が計画され、展示資料は先人記念館や石川啄木記念館へ移管し、跡地は産業支援センターへ転用する方向性が示されている。

(2017-09-19 盛岡タイムス)


記事



[] 牧水と啄木の交流 宮崎図書館

県立図書館名誉館長 文化講演会

若山牧水と『創作』」

  • 日時 2017年10月7日(土)14:00〜15:30(受付開始 13:30)
  • 場所 宮崎県立図書館 2階 研修ホール
  • 定員 100名(定員に達し次第締切)
  • 費用 無料
  • 講師 宮崎県立図書館 伊藤 一彦 名誉館長

若山牧水創刊の短歌雑誌『創作』(全878冊)の寄贈があったことを記念して、歌人でもあり牧水研究家でもある伊藤一彦名誉館長による講演会を行います。

『創作』は、牧水の人柄や啄木など友人との交流、関東大震災等の時代の空気などを読み取ることが出来る大変貴重なものです。これらの資料を通し、若山牧水の素晴らしさを是非感じてください。寄贈いただいた『創作』は、当日展示し、講演会終了後より閲覧利用(館内のみ)を開始します。


・宮崎県立図書館 情報提供課 郷土情報担当

・宮崎市船塚3丁目210-1 TEL:0985-29-2954 FAX:0985-22-9070


申込等 詳細



2017-09-19

[] 「不来方の城あとに立ち老翁が十五の君をおもひみるとき」岡井隆

f:id:takuboku_no_iki:20170919144717j:image:w640

[ワレモコウ]


「風土計」 【岩手日報

  • 歌会始の選者を務めた岡井隆さんは、盛岡を訪れた際「不来方(こずかた)の城あとに立ち老翁が十五の君をおもひみるとき」と石川啄木の有名な短歌を踏まえて詠んだ。80歳を過ぎた岡井さんと20代で世を去った啄木。時を超えて歌壇の重鎮と若き天才の魂が呼応する。歌人の故小高賢さんは啄木らを挙げて、近代短歌を恋愛と挽歌(ばんか)を中核とした若者の文芸だったと著書「老いの歌」に記した。
  • 平均寿命が現在は男女ともに80代となった。老いの表現手段として短歌が威力を発揮していると小高さん。自らの来し方行く末を詠み味わうことは、老いそのものを知ることであると勧める。
  • 「切り捨てられる時間や存在ではない豊かな可能性もそこにある。『老い』はそういう無限に広がる新しい場所なのである」と。老いへの不安は、広い未知の世界の入り口に立つことの裏返しかもしれない。きょうは敬老の日。

(2017-09-18 岩手日報


記事



[] 歌人石川啄木の歩いた道をたどる

啄木の足跡をたどる

 盛岡市・宝徳寺一好摩

  • 盛岡市渋民出身の歌人石川啄木の歩いた道をたどろうと、幼少期を過ごした宝徳寺から、作品に登場し、上京などで使った好摩駅を目指した。石川啄木記念館の森義真館長によると、啄木は鶴飼橋を渡り北上川沿いを進んで、線路沿いに北上したとみられるという。
  • つり橋の鶴飼橋で北上川を渡ると、渋民運動公園に入る。… 西に進み、線路にぶつかり北に進路を変えた。好摩駅まではひたすら真っすぐ。やがて右手に「金矢家の跡地」の看板を見つけた。啄木が幾度も訪ねた場所らしい。
  • 松川を渡り、黙々と歩けば遠くから滝沢市陸上自衛隊岩手演習場から「ドォン」という音が響く。「滝沢の 演習場の大砲の─」。さて、啄木なら何と詠むだろうかと考えているうちに好摩の街並みが見えてきた。約4キロを1時間20分かけ、6912歩。(報道部・佐々木佳)

(2017-09-18 岩手日報



2017-09-16

[][] 国際啄木学会 東京支部会 明治大学和泉校舎 10/1

f:id:takuboku_no_iki:20170916163643j:image:w640

[ゲンノショウコ]


国際啄木学会 東京支部会

  • 2017年10月1日(日)14:00 〜
  • 場所 明治大学和泉校舎 研究棟1F 会議室(和泉キャンパスのいちばん奥)

  • 発表
    • 横山 強 「啄木研究あれこれ」
    • 及川 謙 「『愛すべきクズ人間』 〜男子高校生の啄木受容の一断面〜」

○ 終了後、支部会


 ☆ 初めての方のご参加も歓迎 ☆



2017-09-15

[][] 講演「啄木の現代的な魅力」10/21

f:id:takuboku_no_iki:20170915153430j:image:w640

[コブシ]


平成29年度 堺市民芸術祭 堺短歌大会

  • 日時 平成29年10月21日(土)午後1時〜4時30分
  • 場所 堺市東文化会館(フラットホール)堺市東区北野田1084-136
  • 参加費 資料代として1,000円(当日)

  • プログラム
    • 第一部 講演 松村正直氏「啄木の現代的な魅力」
    • 第二部 選者による作品選評

  どなたでも参加できます。


  • 主催 堺市文化団体連絡協議会・堺歌人クラブ


2017-09-14

[][] 同じ明治43年発刊『一握の砂』と『遠野物語』NHKカルチャー 10/13

f:id:takuboku_no_iki:20170914151622j:image:w640

[コブシ]


NHKカルチャー >盛岡・北上教室

 遠野物語』と『一握の砂』−明治43年に生まれた岩手の名誉−

  • 講師 石井 正己 東京学芸大学教授
  • 2017年10月13日(金) 13:30〜15:30

柳田国男の『遠野物語』と石川啄木の『一握の砂』は、同じ明治43年に発刊されています。一方は民俗、一方は短歌ですが、両者には共通するところが見られます。岩手の風土と人情から生まれた名著の世界についてお話しします。


受講料等 詳細



[][] 日常生活から見える啄木作品の魅力 NHKカルチャー  10/14〜3/10

NHKカルチャー >盛岡・北上教室

 啄木への目線 〜日常生活から見える啄木作品の魅力〜

  • 講師 啄木ソムリエ 山本 玲子
  • 開催期間 10/14〜3/10 第2土曜 10:00〜12:00

  2017年 10/14、11/11、12/09

  2018年 01/13、/02/10、/03/10

啄木の作品を一つずつ紐解きながら明治の時代背景、啄木の交友関係、啄木が見た風景などを具体的に見ていき、啄木の世界へタイムスリップします。また、啄木は現代に生きる私たちに様々な言葉を投げかけています。その言葉に耳を傾けることによって、私たちは生活の中に一抹の潤いを得ることができましょう。


受講料等 詳細



2017-09-13

[][] 中学中退の啄木と与謝野寛・晶子との出会い 石川啄木記念館 9/26〜1/8

f:id:takuboku_no_iki:20170913163539j:image:w640

[コブシ]


石川啄木記念館 第8回企画展「啄木と与謝野寛・晶子」

  • 開催期間:平成29年9月26日(火)〜平成30年1月8日(月・祝)
  • 場所:石川啄木記念館展示室 企画展示コーナー
  • 入館料・料金:一般:300円 高校生:200円 小中学生:100円 ※市内に住所がある65歳以上と小中学生は無料

明治35年11月9日、盛岡中学を中退した啄木は、東京新詩社にて初めて与謝野寛(鉄幹)と出会います。そして翌日には晶子ととも初めて対面を果たします。近代短歌を確立した与謝野寛・晶子夫妻。二人は啄木が盛岡中学時代に影響を受けた雑誌『明星』の主幹と代表歌人であり、啄木を物心両面から援助した人物でもありました。

今回の企画展では、二人の人物像や活躍、そして啄木との関わりについて紹介します。与謝野寛・晶子の作品や自筆資料なども展示予定。この機会にぜひお越しください。


ギャラリートーク「啄木と与謝野寛・晶子」

  • 開催日:平成29年9月26日(火)、10月29日(日)、11月26日(日)、12月24日(日)
  • 時間:各日とも14:00〜14:30
  • 場所:石川啄木記念館 展示室
  • 料金:無料(入館料だけで参加できます)

第8回企画展「啄木と与謝野寛・晶子」について、当館館長または学芸員がわかりやすく解説!


館長講演会「啄木と与謝野寛・晶子〜『明星』からの出発〜」

  • 開催日:平成29年10月1日(日)
  • 時間:13:30〜15:30
  • 場所:渋民公民館 2階大会議室
  • 講師:石川啄木記念館館長 森義真
  • 料金:無料
  • 定員:50人

「啄木と与謝野寛・晶子〜『明星』からの出発〜」をテーマに、当館館長・森義真(もりよしまさ)がわかりやすく紹介します。

盛岡中学中退後に上京した啄木は、寛と晶子に初めて会った感激を日記と手紙に書き残しています。与謝野夫妻と啄木について、あまり詳しく知らない方も、知っているという方も、この機会にぜひお越しください。


 電話 019-683-2315 ファクス 019-683-3119


企画展 チラシ ギャラリートーク 館長講演会



2017-09-10

[] 石川啄木ゆかりの地 &「あまちゃん」舞台 「バスタルジア」

f:id:takuboku_no_iki:20170910162637j:image:w640

[葉]


ラジオ番組「バスタルジア」 岩手県北バスで行く石川啄木ゆかりの地 &「あまちゃん」舞台

バスから始まる街の物語を紹介するラジオ番組「バスタルジア」。その地に降り立った男女のモノローグで紹介する。

  • 9月10日(日)のオンエアでは、岩手県盛岡市と久慈市を舞台にした男女の物語が紹介される。明治を代表する歌人・石川啄木ゆかりの地に、2012年に放送された連続テレビ小説あまちゃん」の舞台に向けて岩手県北バスが走る。

歌人・石川啄木ゆかりの岩手県盛岡市 &「あまちゃん」舞台の久慈市

  • 男性が訪れた岩手県盛岡市は、明治を代表する歌人・石川啄木ゆかりの地。文学で身を立てようと中学を自主退学するほど熱中するものの、思うように軌道に乗らず、同市で苦難の時を過ごす。そんな彼の名が世間に広まったのは、後の代表作となる処女歌集「一握の砂」。番組では、肺結核を患い、26歳という若さでその生涯を閉じた彼の功績を紹介する。
  • 海女だった女性が3年ぶりに潜った岩手県久慈市の海は、2012年にNHKで放送された連続テレビ小説あまちゃん」の舞台。主人公のアキが練習していたように、海女たちが行なうのは海岸に飛び込み、素潜りでウニやアワビなどの海産物を採ってくる漁だ。番組では、そんな海女の日常と歴史に迫る。

「BUSTALGIA(バスタルジア)」番組概要

【放送日時】2017年9月10日(日)12:00〜12:25

【放送局】TOKYO FMほかJFN 38局


石川啄木が過ごした街

記事



 
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

カテゴリー


「本家 啄木の息」は、下記のリンクでご覧になれます。

・石川啄木 年譜 ………… 26年と53日の生
・ローマ字日記………… 漢字と仮名では書けないことをローマ字で
・啄木文学散歩………… 息づかいの聞こえる ゆかりある場所を訪ねて
・啄木行事レポート …… イベントに参加しての私的レポート
・啄木の 女性たち ……… 啄木の人生を彩った「忘れな草」たち
・啄木と花 ……………… 歌に登場する花や木の資料

◉ 「本家 啄木の息」のトップページ ……………… アーカイブです。


ページビュー
1243936