スマートフォン用の表示で見る

函館市

地理

函館市

はこだてし

北海道函館市

函館

イカ踊り夜景五稜郭土方歳三最期の地などで有名

岩見沢市同様、アイヌ語由来の地名ではない。

2004年12月1日付で、戸井町恵山町・椴法華村・南茅部町を編入合併した。

出発地によっては函館中心地に向かう場合、新幹線新駅より函館空港が利便性が高くなる可能性が考えられる。その理由として東北新幹線盛岡駅より北は基本最高時速260キロメートル 設計、青函トンネル区間は貨物列車などの安全性を確保するために最高時速140キロメートルの制限がかかる予定であり、さらに函館駅新函館北斗駅在来線に乗り換える必要がある。

名所

函館山

『世界三大夜景?』の一箇所として有名であったが近年長崎に見直される。季節、時間によっては函館山は、立ち入り禁止区域となっている。別名として『臥牛山』と呼ばれる事もある。標高334m。8月13日函館夜景の日であるが、近年特に関連イベントはない。

立待岬

観光名所というよりも、地元の名所としての雰囲気が強い。何故なら、地元民には立待岬は観光名所というよりは心霊スポットとして印象が強く、過去・現在と様々な噂の耐えない場所である。

金森倉庫

小物から日本刀まで、様々なお店が立ち並ぶ旅情豊かな所。観光客から地元の人間まで訪れる人が多く、レトロな雰囲気とは相俟って、活気のある函館名所の一つである。

夏は花火大会があり金森倉庫前の波止場にはさらに活気づき、冬は巨大なクリスマスツリーが設置され、落ち着いた雰囲気を楽しむ事が出来る。折々の季節により違う顔を見せるレンガ倉庫には、是非何度も足を運んで貰いたい。

なお、よく映画やドラマに使用される場所でもある為、有名人を見かける事も少なくない。

ラッキーピエロ

モスやマクドナルドなど大手が犇く中、函館にはラッキーピエロが悠然と立ち聳える。ハンバーガーとカレーを主なメニューに、『地元』のファストフードとして確固たる地位と人気を誇る函館にしかないお店である。

お勧めはチャイニーズチキンバーガー、市内の高校『大谷高校』内にも店舗がある。

塩ラーメン

詳しい歴史は、新横浜ラーメン博物館の『函館』の項目を参照。

日本各地に御当地ラーメンあれど、塩ラーメンを売りにする御当地は数少ない。函館は、その数少ない地域の一つである。

鶏がらと塩等でとった透き通ったスープが特徴で非常に繊細な味が特徴。塩ラーメンをあまり口にした事のない、本州からの観光客の口には、

「味がしない」

「薄い」

評価される事が多く、知名度は低いが、近年の『濃味』志向のラーメン界に一石を投じている。

イカ飯?

イカの身にもち米を詰めて、甘辛く煮た函館名物の一品。北海道物産展、全国駅弁祭り等で大活躍し、素朴ながら味わい豊かなその味にファンも多い。

そんなイカ飯だが、函館では家庭ごとに味があり、筆者の家では甘辛く煮てテリを出したりはせず、『はんなり』とした祖母の味として定着している。別名、運動会の友。

小学校の給食としてもでる事が多く、地元の人間にとっては慣れ親しんだ味である。

函館戸井マグロ?

平成の大合併で編入した戸井地区(旧戸井町)は青森県大間町の向かいにあたる立地条件からクロマグロが取れ、時折大間まぐろよりセリ値が高くなることがあり甲乙つけがたい。

こちらの漁法は大型船による延縄?で、おそらく小型船の一本釣りと本州最北端で居住環境が厳しい大間の方がテレビ演出上では都合がよいと思われるので、余り取り上げられず有名ではない*2

なお、ボーカロイド巡音ルカの持ち物は知名度の高い大間まぐろである。

文化

演歌

北島三郎のイメージが強いが、実際は知内町出身の歌手で、函館市内の高校に通っていたのと函館をモチーフにした曲があまりにも有名であるからこのようなイメージを持たれやすい。

どちらかといえば大石まどかの方が正確であるが難しい問題である。

声優

名探偵コナンハピネスチャージプリキュア!に出演されている松井菜桜子

ローカルアイドル

ダンスボーカル系のローカルアイドルユニット「玄舞☆少女隊」。他のローカルアイドルユニットとは違う「カッコカワイイ」さをウリにしている。ただ、小学生のダンススタジオ生であり、ダンスはトップレベルとの評価があるが、ボーカル面に難点がある。

ソロでは、若山紋花がいるが、2013年デビューであり明確なコンセプトがかたまっていない。

個人研究の範囲であるが、かつては北斗市のローカルアイドルユニット「北斗夢学院桜組」の前身、「HKD(HAKODATEより命名)」が本拠地であったと考えられる。

こちらがパイオニアで、北海道新幹線開業やその駅、無名の自治体のPRとの明確なコンセプトを掲げており、人口の多さで勝る函館を本拠としているローカルアイドルは苦戦を強いられている。

原子力発電所問題

電源開発が建設中の大間原子力発電所をめぐって係争中である。この発電所からはほぼ30km圏内に入り、事故時に自治体が機能しなくなる恐れあるため。

*1:このようなくだらない争いはここだけでなく燕三条駅でも起きていて、この地域の問題ではない

*2:大間でも延縄による漁は行われている

目次