スマートフォン用の表示で見る

北海道新幹線

地理

北海道新幹線

ほっかいどうしんかんせん

北海道新幹線は、青森県青森市から北海道札幌市までを結ぶ計画の高速鉄道路線

経緯

北海道新幹線は「全国新幹線鉄道整備法」に基づく整備計画で決定された路線で、2000年12月に政府与党整備新幹線検討委員会により発表された「政府与党申合せ」の中で、北海道新幹線については「新青森札幌間 環境影響評価終了後工事実施計画の認可申請を行う新青森新函館間、青函トンネルについて、貨物鉄道走行に関する調査を行う」とされた。

2002年1月8日、日本鉄道建設公団により、環境影響評価書が国土交通大臣及び北海道青森県知事等に提出されるとともに、工事実施計画認可申請がなされた。

なお、基本計画では札幌市から先、さらに旭川市までとなっている。

2016年3月26日に新青森駅新函館北斗駅間が開業された。東京新函館北斗間は最速で4時間2分(上り・下り合わせて3本)。

現状

新幹線新青森新函館間が2015年度末完成を目処に2005年5月22日着工。これで、青函トンネルがその実力を発揮するはずであったが、技術課題(新幹線在来線貨物列車とのすれ違いによる影響)があり、最高速度を抑えた状態で開業することとした。

速度

新幹線専用区間は最高速度260km/h、青函トンネルをはじめとした在来線共用区間*1(新中小国信号場j?木古内駅間約82km)は当面の間、在来線時代と同じ最高速度140km/hとする。

設置予定駅

*1:3線軌