札幌駅

地理

札幌駅

さっぽろえき

JR函館本線の駅で、JR北海道ターミナル駅。また、千歳線及び学園都市線の実質的な始発駅でもある。

北海道新幹線の終着駅にもなる予定*1

駅自体は札幌市北区に所在するが、南口は中央区*2

1880年開業。1978年に高架化工事が始まり、1988年に一部が高架化開業、1990年には高架化全面開業。

南口は2003年に再開発が完了し、JRタワーが完成。大丸札幌店が入居。大通にある地場・老舗の丸井今井札幌店を追い抜いて地域一番店となっている。また、かつて札幌そごうが入居していたESTA(エスタ、現在はビックカメラユニクロなどに変わっている)・バスターミナルと直結。周辺はオフィス街とデパートで形成されている。

一方の北口も周辺の再開発が進んでおり、サッポロバレーとして2007年までに完了予定。北海道大学も目の前にあり学生街となっている。

西口周辺はヨドバシカメラ紀伊國屋書店などが進出。

2011年秋にはサツエキブリッジも開業し、TSUTAYA、サルバドーレ・クオモなどが進出している。


発着する各路線と主な行先


発売する乗車券について

札幌駅の自動券売機で、以下の切符の購入が可能である。


ちなみに札幌市営地下鉄は「さっぽろ」駅である。


* リスト:駅キーワード

* リスト:駅つきキーワード

*1:1,2番ホームを転用する予定

*2:高架化工事までは駅の全体が中央区内にあったが、高架化に伴い駅全体が北側(北区)にずれている。