スマートフォン用の表示で見る

サロベツ

地理

サロベツ

さろべつ
  1. サロベツ原野
  2. 利尻礼文サロベツ国立公園
  3. 札幌稚内間の特急列車。2017年3月3日まで、キハ183系気動車により、一日1往復運転された。後述する。
  4. 3.を前身として2017年3月4日から運行を開始した旭川稚内間の特急列車。キハ261系気動車により、1日2往復運転。後述する。

2017年3月4日からの運転系統

これまで「サロベツ」に使用されてきたキハ183系気動車の老朽化が進行しており、JR北海道では宗谷本線系統の特急列車をキハ261系気動車に統一することに決めた。

その上で、キハ261系気動車を使用する札幌直通の「スーパー宗谷」2往復を1往復に減便(同時に列車名を「宗谷」に変更)。

減便分の「スーパー宗谷」1往復と「サロベツ」1往復を旭川で系統分割(旭川札幌間は特急ライラック」に乗継)し、新たに旭川稚内間2往復の特急列車として生まれ変わった。

停車駅

旭川和寒士別名寄美深音威子府天塩中川幌延 − 豊富 − 南稚内稚内

2017年3月3日までの運転系統

かつて天北線が存在していた頃は、急行「天北」として運転されていた(14系客車→400系気動車)が、天北線の廃止により宗谷本線幌延経由に変更され、愛称も「宗谷」に変わった(既存の1往復と合わせて2往復体制となった)。

その後、沿線のサロベツ原野にちなんで「サロベツ」の愛称を与えられ、特急スーパー宗谷」誕生とともに特急に格上げされた。

当時の停車駅

札幌岩見沢 − (美唄) − (砂川) − 滝川深川旭川和寒士別名寄美深音威子府天塩中川幌延 − 豊富 − 南稚内稚内

※()内は上り列車のみ停車する。