立待岬

地理

立待岬

たちまちみさき

函館市近郊の函館山の東麓にある岬。

岬名はアイヌ語のピウシ(岩上で魚を待ちヤスで捕る処の意)に由来する。

岬に至る山道には、石川啄木一族の墓があり、またその先には与謝野鉄幹・晶子夫妻、宮崎郁雨の歌碑がある。

好天時には下北半島が望める。