啄木の息 <ブログ版>

─ いまもなお瑞々しく語りかけてくる啄木の魅力を追い その息づかいに触れてみたい ─

     「本家 啄木の息」のリンクは、このページの最下段にあります。

 | 

2015-08-31

[][] 国際啄木学会 東京支部会 明大 駿河台校舎 9/19

f:id:takuboku_no_iki:20150831155704j:image:w640

[ハギ]


国際啄木学会 東京支部会

  • 2015年9月19日(土)13:30 〜
  • 場所 明治大学駿河台校舎研究棟4F 第2会議室

   

○ 発表

・日景敏夫 「高橋六介の国語綴方教育 -啄木と賢治にも関連して-」

・近藤典彦「伝記研究の理論と方法 」

 

○ 支部会(発表の前におこなう)

・次回の予定

・支部会報について


☆ 初めての方のご参加も歓迎 ☆

────────────────────────────────────

2015-08-29

[] 三軒茶屋 "啄木ポスター" 結核予防キャンペーン

f:id:takuboku_no_iki:20150829211830j:image:w640

田園都市線の三軒茶屋駅。

改札の外側から見るポスター(中央)。






f:id:takuboku_no_iki:20150829211923j:image:w640

改札の内側。






f:id:takuboku_no_iki:20150829212011j:image:w640

正面。


「JOYと偉人(支援キャンペーン)」

石川啄木 享年26歳。 正岡子規 34歳。 滝廉太郎 23歳。 樋口一葉 24歳。


JOYさんは25歳のころに肺結核になり、その闘病経験から「ストップ結核パートナーシップ日本大使」に任命された。






f:id:takuboku_no_iki:20150829212051j:image:w640

  • 結核は過去の病気ではない。
  • 二週間以上咳が続いたら、早めの受診を。


   

   思ふこと盗みきかるる如くにて、

   つと胸を引きぬ――

   聴診器より。


   薬のむことを忘れて、

    ひさしぶりに、

   母に叱られしをうれしと思へる。

           『悲しき玩具』石川啄木


────────────────────────────────────

2015-08-27

[][] 国際啄木学会シドニー大会 9/5

f:id:takuboku_no_iki:20150827201623j:image:w640

[オトコエシ]


2015年 国際啄木学会シドニー大会

◎ 2015年9月5日(土)午前10時〜午後8時(懇親会を含む)

  場所 シドニー大学(オーストラリア)


  • 10:00〜 開会行事
    • 会長挨拶  池田功会長
    • 会場校挨拶 マッツ・カールソン(シドニー大学准教授)
    • 来賓挨拶  シドニー大学代表者
    • 来賓挨拶  遠藤直国際交流基金(シドニー)所長
  • 10:30〜 基調講演
    • ロジャー・パルバース(作家、劇作家、演出家)「明治時代のソールブラザーズ」

12:10〜 昼食

  • 13:00〜 ミニ講演
    • (1)Dr. Leith Morton(東京工業大学名誉教授)「モダニズムとは何か ― 石川啄木とケネス・スレッサーの詩歌」
    • (2)P.A.ジョージ(インド・ネルー大学教授)「現代社会における啄木短歌の意義と価値 ―インド人の観点から見た『一握の砂』」
    • (3)結城文(歌人、詩人、翻訳家)「石川啄木短歌の英訳について」
    • (4)ウニタ・サチダナンド(インド・デリー大学准教授)「現代社会における啄木短歌の重要性−インドの目からの再解釈」
  • 14:15〜 研究発表
    • (1)村松善(岩手県立杜陵高等学校教諭)「『明治四十一年戊申日誌』と『明治四十一年日誌』の一月二日から一月三日の項の比較考察」
    • (2)林水福(台湾・南臺科技大学教授)「石川啄木の短歌の翻訳を論ずる ―私自身の啄木短歌の中国語への翻訳を中心に」
    • (3)Dr. Yasuko Claremont(シドニー大学准教授)「『ローマ字日記』と日本語表記の問題」
  • 16:00〜 日豪交流朗読会
  • 16:40〜 閉会行事
    • 総括   若林敦事務局長
    • 閉会挨拶 望月善次大会実行委員長
  • 18:00〜 懇親会

────────────────────────────────────

2015-08-25

[] 啄木は結核で亡くなった 決して過去の病気ではない -広告キャンペーン-

f:id:takuboku_no_iki:20150825171642j:image:w640

[センニンソウ]


JOYと偉人(支援キャンペーン)

  • 明治時代以降に蔓延し始めた結核が、今なお年間2000人以上もの人の命を奪っていることはあまり知られていません。
  • 結核は決して過去の病気ではない。石川啄木など結核で亡くなった偉人たちの肖像とともに、「ストップ結核ボランティア大使」であるJOYさんが、その事実を真摯に語ります。
  • 二週間以上咳が続いたら、早めの受診を。

◎テレビCM・ラジオCM・新聞広告の3バージョンがあり、石川啄木が画像入りで登場する。

────────────────────────────────────

2015-08-24

[] 啄木24歳! 時代へ鋭い眼差しを注ぐ

f:id:takuboku_no_iki:20150824170934j:image:w640

[ムラサキバレンギク]


今週の本棚・この3冊

 明星歌人と時代 松平盟子・選

 <1>与謝野晶子評論集(与謝野晶子著、鹿野政直・香内信子編/岩波文庫/821円)

 <2>ちくま日本文学033 石川啄木石川啄木著/ちくま文庫/950円)

 <3>メロディアの笛 白秋とその時代(渡英子著/ながらみ書房/2835円)

  • 『明星』という二十世紀初頭の文芸美術誌は多彩な才能を育んだ。その筆頭は与謝野晶子。歌集『みだれ髪』の「やは肌のあつき血汐(ちしお)にふれも見でさびしからずや道を説く君」は、女性にあるまじき品位のない歌と世を驚かした。
  • 石川啄木も『明星』から出発した天才。歌集『一握の砂』『悲しき玩具』で知られる。
  • その一方、啄木は時代へ鋭い眼差(まなざ)しを注ぐ。幸徳秋水らの一斉検挙、つまり大逆事件における社会主義者への国家権力の発動を「強権の勢力」と捉えた長文の評論「時代閉塞の現状」はその一つ。切迫した文章は今読んでも心が震える。新聞発表は見送られた。言論を取り巻く圧力はかほどに厳しかったのだ。このとき啄木、二十四歳。同年秋に日韓併合があり多くの日本人は歓喜に湧いたが、啄木は心を痛めていた。
  • 「新しき明日の来(きた)るを信ずといふ/自分の言葉に/嘘(うそ)はなけれど−−」。絶望と危機感の中に、切実な祈りもこめられているように思う。
  • 北原白秋は、日本語の豊かさや音楽性をひたすらに追い求め、詩歌のみならず童謡・民謡にまで広く手を染めた国民詩人だった。詩集『邪宗門』『思ひ出』、歌集『桐の花』に至る絢爛(けんらん)たる作品は、ただただ眩(まぶ)しい。

(2015-08-23 毎日新聞)

───────────────────────────────

2015-08-22

[] 銀座四丁目の「石川啄木パネル」


f:id:takuboku_no_iki:20150822165832j:image:w640


石川啄木記念碑

The Monument to Takuboku Ishikawa

───────────────────────────────

石川啄木は、かつてこの地にあった新聞社の校正係として、

明治42年〜45年まで勤務していました。新聞社跡地の前に建つ記念碑には

「一握の砂」に収められている歌が刻まれています。


Takuboku Ishikawa worked at the Shimbun newspaper

which used to be located in this area, as a proofreader from 1909 to 1912.

The monument was erected in front of the site where the newspaper company had been situated

and is engraved with one of the poems from A Handful of Sand.








f:id:takuboku_no_iki:20150822165916j:image:w640

パネル右部分の啄木碑写真


   京橋の瀧山町の

   新聞社

   灯ともる頃のいそがしさかな

              啄木


  • 石川啄木パネル」は横長一枚で、左側が説明文(一枚目の写真)、右側が啄木記念碑の写真(二枚目の写真)となっている。
  • 場所はJR有楽町駅から1km弱の晴海通り沿い、銀座四丁目交差点と三原橋交差点の間。
  • 白い壁面に飾られたこのパネルの並びの最初には「銀座探訪」と題されている。「石川啄木記念碑」パネルの近くには、「街灯にとまる金の鳳凰」「豊岩稲荷神社」「金春芸者」「浜離宮前踏切」などのパネルがある。

 #銀座の啄木パネルは、Googleマップストリートビューで見ることもできる。

 #一時的な展示の可能性あり。

────────────────────────────────────

[] 盛岡四高が初優勝 短歌甲子園きのう閉幕 土谷さんも優秀作品賞

  • 第10回全国高校生短歌大会(短歌甲子園2015)は21日に最終日を迎え、団体戦では盛岡四高が水戸葵陵(きりょう、茨城県)との決勝に勝利し、初優勝を収めた。個人戦では、盛岡四の土谷映里さんが「似」の題で詠んだ作品「まだ君は眠ってるだろう/静けさの/自転車置き場は海に似ている」で優秀作品賞を受賞した。
  • 団体戦決勝の題は「願」。盛岡四の武田穂佳さんが「新しく生まれたい夜/願いこめ/二十枚の爪すべてを磨く」を披露。見事優勝を決めた。
  • 特別審査員の歌人・小島ゆかりさんは講評で、作品については「まず短歌の形式としてのリズムをきちんと持って、かつ三行詩としての光があることが、啄木を顕彰する短歌甲子園の目指すところ。いろいろなことを学ばせてもらった」と述べた。

(2015-08-22 盛岡タイムス)

────────────────────────────────────

2015-08-21

[] 誰が見てもとりどころなき男来て/威張りて帰りぬ… 啄木

f:id:takuboku_no_iki:20150821171433j:image:w640

[モナルダ]


近事片々:選択の機会を与えない打算

 <誰(たれ)が見てもとりどころなき男来て/威張りて帰りぬ/かなしくもあるか>

  • そしてなお、何かと根の浅い、極端な言説が相次ぐ昨今、かなしきこと絶えず。
  • 岩手県知事選、与党「不戦敗」。今さあ主権者教育だ、と声高に言いながら、選択の機会を与えない打算。
  • かなしくもあるか。

(2015-08-21 毎日新聞)

────────────────────────────────────

[] 短歌甲子園2015

  • 全国の高校生が表現力と技術を競う恒例の「短歌甲子園」が石川啄木の故里、盛岡で開かれています。
  • 最終日の21日は、午前中、団体戦の決勝トーナメントが行われ、前日の1次リーグと敗者復活戦を勝った14チームが臨みました。
  • 高校生たちの短歌は恋愛や学校生活を詠んだ微笑ましいものや、人生観を詠んだスケールの大きなものなど様々で、テーマに沿った歌を次々と披露していました。

(2015-08-21 IBC岩手放送

────────────────────────────────────

2015-08-20

[] 啄木ゆかりの地で題詠ツアー 短歌甲子園

f:id:takuboku_no_iki:20150820170517j:image:w640

[オニドコロ]


啄木の地、高校生歌人集う 盛岡で短歌甲子園開幕

  • 全国高校生短歌大会短歌甲子園2015は19日、盛岡市玉山区渋民の姫神ホールで開幕した。
  • 開会式の後、啄木ゆかりの地を巡り歌を考える題詠ツアーを実施。各校には「歩」「森」「忘」から2題が与えられた。
  • 横手(秋田)の生徒は「啄木の育った自然豊かな地はまるで自分の古里のよう。その良さをしっかり表現したい」と意気込む。

(2015-08-20 岩手日報

────────────────────────────────────

2015-08-19

[][] 「青森の海を臨む 石川啄木歌碑」 <その12(おわり)>

啄木文学散歩・もくじ

青森県上北郡野辺地(のへじ)町 常光寺-4


f:id:takuboku_no_iki:20150819194450j:image:w640

常光寺 歴代住職の墓地


葛原対月の墓について

『啄木の母方の血脈──新資料「工藤家由緒系譜」に拠る』

      編集 森 義真 佐藤 静子 北田 まゆみ 2008年5月11日発行


対月の墓は、青森県上北郡野辺地町の日照山常光寺にあり、「前總持當寺十六世佛禎對月大和尚禅師」の墓碣銘として以下の銘が刻まれている。

「師諱ハ常久幼名勇治ト云フ熊谷条作ノ二男文政九戌年十二月一日盛岡仙北町ニ生ル安政五午年夏龍谷寺泰中和尚再會ニ立職同年玉山村東楽寺大舟和尚ニ嗣法慶應二丑(編注 「寅」の誤刻と思われる)年平館村大泉院初住十七世明治三午年龍谷寺へ轉住拾六世明治廿八未年當寺ヘ移住明治四十三戌年十一月初八日遷化齢八十五歳」。







f:id:takuboku_no_iki:20150819194526j:image:w700

葛原対月の墓(前列右)

「前總持 當寺十六世佛禎對月大和尚 禅師」




(おわり)

────────────────────────────────────

2015-08-18

[][] 高校生歌人の集う「短歌甲子園」8/19〜21 盛岡

f:id:takuboku_no_iki:20150818201213j:image:w640

[コバノガマズミ]


短歌甲子園」全国から35校挑む 19日盛岡で開幕

第10回全国高校生短歌大会「短歌甲子園2015」は19〜21日、盛岡市で開かれる。全国15道県35校から約120人の高校生歌人が集まり、石川啄木生誕の地で至高の歌を目指す。

19日は同市玉山区渋民で開会式を行い、啄木ゆかりの地を訪ねる題詠ツアーを実施。20日は、団体1次リーグと個人題詠を行う。21日は決勝までを行い、それぞれ王者を決める。

団体出場校

 ▽北海道 札幌旭丘 旭川商▽青森 八戸 三沢▽岩手 盛岡二 盛岡四 盛岡商 花北青雲 沼宮内▽宮城 宮城一 仙台 気仙沼 名取 小牛田農林▽秋田 秋田 横手▽福島 会津若松ザベリオ学園▽茨城 水戸葵陵 結城二 並木中教校▽群馬 高崎北 高崎商大付 太田東▽埼玉 星野 東野▽千葉 渋谷教育幕張▽神奈川 横浜翠嵐 横浜▽山梨 甲府南▽岐阜 飛騨神岡▽三重 高田 鈴鹿高専▽福岡 福岡雙葉 福岡女学院 須恵

(2015-08-18 岩手日報

────────────────────────────────────

2015-08-17

[][] 『啄木そっくり』な先生の講座 佐野市 8/22

f:id:takuboku_no_iki:20150817194246j:image:w640

[ゲンノショウコ]


佐野市民大学「啄木短歌の魅力」

石川啄木は、たくさんの哀愁あふれるすばらしい短歌を残していることで知られています。今回の講座では、そのすばらしい短歌の魅力について、みんなで一緒に学んでみましょう。

『啄木そっくり』がキャッチフレーズの大室先生が、お話しします。

  • 日時 2015年8月22日(土) 午後1時30分〜3時30分
  • 定員 先着100人(無料)
  • 申込 佐野市中央公民館 0283(24)5771

 ※手話通訳あり

────────────────────────────────────

2015-08-16

[][] 『「日記にあらわれる啄木」講演録』 函館

f:id:takuboku_no_iki:20150816163448j:image:w640

[コオニユリ]


函館中央図書館

 ドナルド・キーン氏 啄木を語る

  • 平成26年4月12日に函館芸術ホールで開催されたドナルド・キーン氏の講演会「日記にあらわれる啄木」の講演をまとめた図書『「日記にあらわれる啄木」講演録』です。希望者が多く聞けない人が続出した講演会です。
  • 主催した啄木会では、聞けなかった人たちのために講演録を作り、図書館にも寄贈いただきました。是非借りてお読みください。


(2015-08-13 函館中央図書館)

────────────────────────────────────

2015-08-08

[][] 「青森の海を臨む 石川啄木歌碑」 <その11>

啄木文学散歩・もくじ

青森県上北郡野辺地(のへじ)町 愛宕公園-4

f:id:takuboku_no_iki:20150808095535j:image:w640

ハマナスの赤い実



石川啄木と野辺地町」

  今井輝夫 啄木歌碑建設の会常任理事

  • 啄木の日記や手紙を読むとき、そして、啄木の生涯を考えるとき、野辺地町が啄木にとっていかに大きな存在であったかがうかがわれる。
  • 啄木歌碑がこの地に建立されたこの機会にこそ、野辺地町民はもちろんのこと、青森県民あげて、"石川啄木と野辺地町"のゆかり深い事実を銘記しなければならないと思う。

 『啄木の父 一禎と野辺地町』高松鉄嗣郎著 

   資料『啄木と野辺地』

    歌碑建立にあたって/野辺地町啄木歌碑建設の会刊(1962年(昭和37))










f:id:takuboku_no_iki:20150808095950j:image:w640

八甲田連峰 (青森県観光物産館アスパム展望台より)

中央一番高い山が「八甲田大岳1584m」、すぐ左が「赤倉岳1548m」。


・啄木と「八甲田山雪中行軍遭難事件」

1902年(明治35)1月29日、岩手県立盛岡中学校4年、15歳の啄木は、ユニオン会有志と「岩手日報」号外(青森歩兵第五連隊第二大隊八甲田山雪中行軍遭難事件)を売って義援金を募り、足尾鉱毒地の被災者に送った。




☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆


啄木は26歳で逝ってしまった。

若すぎる、短すぎる、せめてもう少し。

勝手なことをいってみる。


しかし、十分生きた。

人生は年月の長さだけでは測れない。

とも感じる。


啄木は懸命に生きた。

文字通り命を懸けて生きた。

赤裸々に生きた。




   かなしみといはばいふべき

   物の味

   我の嘗めしはあまりに早かり

                『一握の砂』


   先んじて恋のあまさと       

   かなしさを知りし我なり

   先んじて老ゆ 

                『一握の砂』



   津軽の海その南北と都とに別れて泣ける父と母と子

                『復元 啄木新歌集』近藤典彦 編 桜出版

                 「一握の砂以後」(四十三年十一月末より)

                 「仕事の後」



 ☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆



    f:id:takuboku_no_iki:20150808110632j:image:w640




(「おわり」を訂正し <その12> へ つづく)

────────────────────────────────────

2015-08-07

[][] 「青森の海を臨む 石川啄木歌碑」 <その10>

啄木文学散歩・もくじ

青森県上北郡野辺地(のへじ)町 愛宕公園-3

f:id:takuboku_no_iki:20150807105351j:image:w640

歌碑の向こうに見える野辺地町と野辺地湾


愛宕公園から見る海は意外に近い。




啄木の野辺地訪問  書簡より(『石川啄木全集 第七巻』 筑摩書房)

 *書簡のため、実際に訪れた日とは異なっている*

一度目 

・1904(明治37)年

九月二十九日青森より 前田儀作宛

(略)

途次野辺地駅に下りて、秋涛白鴎を浮ぶるの浜辺に、咲き残る浜茄子の紅の花を摘みつゝ、逍遥する事四時間。正午少しすぐる頃再び車中の人となりて二時青森に入りぬ。(略)

              青森市にて 啄木

 前田林外様


十月十一日小樽より 小林恒一宛

(略)

三四時間野辺地が浜に下車して、咲き残る浜茄子の花を摘み、赤きその実を漁童と味はひなどして再び車便一駆青森に着、その夜そこに冷たき夢を結び申候。

(略)

              北海小樽にて 啄木

 翠淵大兄 侍史 







f:id:takuboku_no_iki:20150807105620j:image:w640

ハマナスの青い実



二度目

・1906(明治39)年

二月二十八日盛岡より 小笠原謙吉宛

(略)

とある暁、夜汽船を青森港に錨投げさせ候ひしより、父が居る野辺地が浦に立ち寄り、又故里の方へも泊りあるきて、四五日前帰宅。

(略)

              石川啄木

 小笠原迷宮様 御侍史




三度目

・1907(明治40)年

八月八日函館より 宮崎大四郎宛

(略)

夕刻再び車中の人となりて野辺地に下り、凹凸極まりもなき道を腕車にゆられ乍ら、常光寺と申す禅院にまゐり候、八十二歳なる老僧は乃ち我が伯父君にして、父も此処にあり、老母は僕よりも早く着し居候ひき、其夜の心地は宜敷お察し下され度候、

(略)

               啄木生

 郁雨大兄 御侍史



(つづく)

────────────────────────────────────

  

2015-08-05

[][] 「青森の海を臨む 石川啄木歌碑」 <その9>

啄木文学散歩・もくじ

青森県上北郡野辺地(のへじ)町 愛宕公園-2

f:id:takuboku_no_iki:20150805163631j:image:w640

歌碑を示す標柱


右後ろにあるのが啄木歌碑。








f:id:takuboku_no_iki:20150805163718j:image:w640


『啄木文学碑紀行』浅沼秀政 著

青森県野辺地町・愛宕公園の歌碑

啄木の母カツの兄は葛原対月という曹洞宗の僧で、父一禎の師僧でもあった。対月が平館村の大泉院の住職として赴任した時に一禎はその薫陶を受け、のち対月が盛岡の龍谷寺に移ると一禎もそのあとを慕って龍谷寺の役僧となった。二十五歳の若さで一禎が日戸村常光寺の住職になれたのは対月の尽力によるといわれる。

対月は二十五年間龍谷寺役僧を勤めたあと、明治二十八年六月に青森県上北郡野辺地の常光寺住職に転じたが、生活苦に耐えかねた一禎はたびたびこの寺に師僧を頼って身を寄せた。このため啄木もまた何度か同寺に立ち寄っている。

このゆかりから昭和三十七年五月四日、野辺地町啄木歌碑建設の会が中心となり、常光寺にほど近い愛宕公園の中腹に啄木五十回忌記念として歌碑が建立された。







f:id:takuboku_no_iki:20150805164023j:image:w640


    潮かをる北の浜辺の

    砂山のかの浜薔薇よ

    今年も咲けるや

           啄木


碑石は啄木の故郷の姫神山から産出した黒みかげ石、文字は啄木自筆からの集字拡大である。







f:id:takuboku_no_iki:20150805164151j:image:w640


<碑陰>

石川啄木が明治三十七年九月廿九日初めて野辺地町を

たずね「・・・野辺地が浜に下車して 咲き残る浜茄

子の花を摘み 赤きその実を漁童と味わいなどして・

・・」と友人へ報じている

伯父葛原對月が常光寺住職として十五年間在住し 父

石川一禎も この師僧を慕って数年間身を寄せ 啄木

もまた数回訪れて数々の文献を残された 我が町は県

下唯一の啄木ゆかりの地といえよう 天才詩人の琴線

にふれたつぶらな浜薔薇の実は今も十符が浦の潮風に

さゆれている

ここに啄木没後満五十年を記念し 万人に愛好されて

いる啄木文学を顕彰し ゆかりの歌を刻みその面影を

しのぶよすがとした

 昭和三十七年五月四日 野辺地町啄木歌碑建設の会

                  盛岡

                   高橋仁助刻




(つづく)

────────────────────────────────────

2015-08-04

[][] 受講者を募集!「啄木学級故郷講座」

f:id:takuboku_no_iki:20150804170116j:image:w640

[セミ]


平成27年度 啄木学級故郷(ふるさと)講座「函館と啄木」

石川啄木が教壇に立った旧渋民尋常小学校校舎を会場に,「啄木学級故郷講座」を開催します。
今回は,函館市文学館の藤井良江館長を講師に迎え,函館における啄木132日間の足跡についての講演などを行います。

  • 日時 2015年 9月5日(土)午後1時受付開始
  • 会場 旧渋民尋常小学校校舎(石川啄木記念館内)
  • 内容 ①入学式・校歌斉唱(春まだ浅く) ②記念撮影 ③講演・対談 ④卒業式(卒業証書授与)
    • 講演 講師:函館市文学館館長 藤井良江氏

    • 対談 函館市文学館 藤井良江館長×石川啄木記念館 佐々木裕貴子学芸員

  • 申し込み  往復はがき(1人につき1枚)に郵便番号・住所・氏名・電話番号・無料シャトルバス利用の有無を明記のうえ,下記申し込み先へお送りください。

  〒028-4132 盛岡市玉山区渋民字渋民9

   石川啄木記念館 啄木学級係


  • 費用 1000円(当日会場でお支払いください。)

────────────────────────────────────

 | 
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

カテゴリー


「本家 啄木の息」は、下記のリンクでご覧になれます。

・石川啄木 年譜 ………… 26年と53日の生
・ローマ字日記………… 漢字と仮名では書けないことをローマ字で
・啄木文学散歩………… 息づかいの聞こえる ゆかりある場所を訪ねて
・啄木行事レポート …… イベントに参加しての私的レポート
・啄木の 女性たち ……… 啄木の人生を彩った「忘れな草」たち
・啄木と花 ……………… 歌に登場する花や木の資料

◉ 「本家 啄木の息」のトップページ ……………… アーカイブです。


ページビュー
1274626