アナログとデジタルの狭間で このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

タイトル変更しました。旧タイトル「日記もどき」

2011-04-21 簡単な火力発電所の話:デマというか誤解について

簡単な火力発電所の話:デマというか誤解について

簡単な火力発電所の話:デマというか誤解についてを含むブックマーク 簡単な火力発電所の話:デマというか誤解についてのブックマークコメント

この話は火力発電所の中でも汽力発電所についての話です。汽力発電所というのはいわゆる蒸気機関のことで、ボイラーで火を焚いて作った蒸気でタービンを回して発電すると言う仕組みになっています。日本の電力会社の火力発電所や自家発電所のだいたいがこの汽力発電所になります

今回の震災による計画停電や夏場の電力の話題に伴い、火力発電所にも注目が集まっていますが、ネット上において連続運転なんて危ないとか、需要に合せて負荷を変動させるなんて危ないとか、定格で常時運転なんて危ない等色々言われています*1

これはデマというか誤解に基づいています

まず、火力発電所の定格出力とは定められた条件で連続して発揮しうる最大能力の毎時間当たりの値のことです。環境*2設備状況などにより多少上下動*3がありますが、この値で運転できるように設計運用がなされています

残念ながら火力発電所の出力データが公表されているところを見つけられなかったのですが、代わりに原子力発電所の出力データがあるところを紹介します運転情報・実績データ ? 原子力発電所の運転情報 | 電気事業連合会

その中の関西電力のものが見やすいと思います*4、出力のばらつき具合がわかるかと思います。火力発電所も原子力発電所と原理は同じ蒸気機関であり、大きく変わりません。

連続運転時間については1年間で10〜11ヶ月連続運転していますメンテナンスとして1年に一回業者の自主点検・2年ないしは4年に一回定期修理*5を行っており、平均すると1年に1〜2ヶ月程度が停止している時間になります。そのため火力発電所の年間を通しての最大稼働率メンテナンス期間を除いた期間定格運転をしたとして8割前後となりますが、実際の稼働率は4〜5割程度と低くなっています*6。これは火力発電所がベース電源にもピーク対応もできる万能の電源のため負荷に合わせて発電量を増減しているためであり、火力発電所には供給余力があります

*1:たとえば大貫剛さん(@ohnuki_tsuyoshi )による、原発を止めると電力不足になる理由 - Togetterまとめここのコメント欄やハテブのコメントなど

*2:外気温や冷却水温度等

*3:110〜90%ぐらいの幅で

*4原子力発電所の運転状況 リアルタイム表示|原子力発電所の運転状況 リアルタイム表示|発電状況とモニタリング|公開情報|原子力発電について|エネルギー|エネルギー・安定供給|関西電力美浜発電所2号機101%,2号機105%:4/21 23:00現在

*5:何年か前の知識で、その時点で間隔を伸ばすことを検討していたので最近はもっと間隔が伸びているかもしれません。

*6no titlepdf注意

火力発電勉強中火力発電勉強中 2014/10/03 14:45 今年から火力発電所で働くことになって、今勉強中なのですが、非常に参考になりました!!

最大稼働率が8割前後が平均なんですかね。
うちの発電所は比較的新しいのに75%ぐらいなんですが、相当低いということでしょうか?

tei_wa1421tei_wa1421 2014/10/08 00:04 火力発電勉強中さん
コメントありがとうございます。本職の運用の方からコメントいただけるのはなんかうれしいですね。

稼働率について日本だともっぱら80%と言われています。アメリカなんかだと政府機関の資料だと85%と言う数字が出てくる例が多いようです。
状況がわからないので一般論としてはですが、新しい場合初期不良が顕在化して、稼働率が一時的に低くなるのは仕方ないと思います。
もしくは電力の調整力として動かしている場合は記事中にも書きましたが、稼働率(設備利用率)は低くなることがあるのではないでしょうか。