湘南寺田屋 シドニー支店

2018-05-20 Snow Travel Expo in シドニー

[][][]Snow Travel Expo in シドニー

朝は気温が10度を下回ることもある最近。冬が来るとスキーがが気になるのは、雪の降らないシドニーでも同じようだ。今日は「Snow Travel EXPO」があるとのことで、出かけてみることとする。

昨日から、またも鉄道北向き線(City Rail North Line)は土日とも運休して、代行バスが運行中。結構頻繁に行われるので以前はちょっと驚いていたが、最近はバス移動に慣れてしまったので問題無し。

f:id:teradaya:20180520194252j:image:w300電車代行バス(Train Replacement Bus)

M20番で市内に入り、中華街のモールのいつもの久留米ラーメンを食べてから、ダーリングハーバーの展示場「IEC」に向かう。すっかり晩秋の気配。

f:id:teradaya:20180520194247j:image:w300 f:id:teradaya:20180520194245j:image:w300

中華街を見下ろす / ダーリングハーバーへの連絡道

f:id:teradaya:20180520194242j:image:w300 f:id:teradaya:20180520194239j:image:w300

噴水も秋の気配 / カモメたちが休んでいた

展示会は大きなフロア全体に日、米、カナダ、欧州、NZ等からスキー場、ツアー、航空会社、観光協会、スキー用品メーカー等が出展し、大変なにぎわいであった。オージーは本当にスキーが好き。日本は最も人気のようで、八方はエリアごとにいろいろなブース(いつも御世話になる小谷村も)があり、新生なったアライ(Lotte Arai。やはり非圧雪バーンの管理が前面。)、東北も安比(APPI)や秋田等。もちろん北海道はニセコだけでなくキロロ等リゾート系も大いに宣伝していたし、韓国からはピョンチャンもアピールしていた。米国とカナダも大規模出展、欧州はスイス、フランス、イタリア(ドロミテ)等、各国1ブースくらいでちょっと地味。意外だったのはニュージーランドで、ようやく探して資料をもらいにいったのだがあまりやる気なしのようで閑散としていた。

f:id:teradaya:20180520194236j:image:w300 f:id:teradaya:20180520195613j:image:w300

IEC(International Exhibition Center) / Snow Travel EXPO

f:id:teradaya:20180520194220j:image:w300 f:id:teradaya:20180520194226j:image:w300

日本コーナー白馬、志賀、妙高、東北、北海道とは最大 / モンベルも

f:id:teradaya:20180520194229j:image:w300 f:id:teradaya:20180520194223j:image:w300

米国のコロラド、ユタやカナダのバンフ等も人気 / テスラの雪仕様はクール

f:id:teradaya:20180520195608j:image:w300 f:id:teradaya:20180520195605j:image:w300

セントバーナードのいる欧州エリア / 移動式のクライミングウォール車も

久々にスキーイベントの雰囲気を楽しんだが、人いきれにあたったのかまた喉の痛みがでてきたので、ボルダリングは中止して早めに引き上げる。今日は交通が2.5ドル上限の日曜なので、タウンホールからバスでサーキュラーキーまで行ってフェリーで帰ることとする。

f:id:teradaya:20180520195601j:image:w300 f:id:teradaya:20180520195558j:image:w300

新旧が混ざり合う(左はQVB,クイーンビクトリアビル)/  服装いろいろ。寒く無いの?

f:id:teradaya:20180520195554j:image:w300 f:id:teradaya:20180520195549j:image:w300

立派なカラオケ。ちょっと入りづらい? / 金曜開幕Vivid Sydneyの旗が並ぶ

雲一枚無い快晴となり、サーキュラーキーのフェリー乗り場は大にぎわい。そのせいか、若干混乱していて、バランガルー方面線(F4)はかなり遅延した後で大きい船に変更すると一旦アナウンス。反対側乗り場に船が入ったら、元の船もやはり乗ってよいこととなり、なんと2便連続運行となった。

f:id:teradaya:20180520195747j:image:w300 f:id:teradaya:20180520195745j:image:w300

青空の船日和 / 結構なスピード

f:id:teradaya:20180520195742j:image:w300 f:id:teradaya:20180520195738j:image:w300

オペラハウスとハーバーブリッジを通るいつものルート

f:id:teradaya:20180520195735j:image:w300 f:id:teradaya:20180520195731j:image:w300

ミルソンズポイントでは2便目が後ろで待機 / マクマハンポイントで下船

5時前に家に着いて、ちょっと体調も戻ってきたので軽く走っておく。買い物や散髪髪によく行くニュートラルベイ(Neutral Bay)を経由して、古い映画館のあるクレモルネ(Cremorne)までミリタリーロードで往復7キロ強。悪くは無いルートだが信号が多く停まることが多いのが弱点かも。

弾いてみた#14 鳥の人 エンディングテーマ

D

ついでに #15 となりのトトロ(これは初級の楽譜だがきれいな音で伴奏がはいる)

D

2018-05-19 寒いシドニー

[]寒いシドニー

5月も中旬を過ぎた。北半球では11月半ばにあたるので確かに寒くても何もおかしくはないのだが。シドニーはなんとなく冬でも暖かいイメージがあるので、身体がどうも馴染まない。17時過ぎると暗くなるし、夜にはちょっと暖房を入れてしまう感じ。

街中もコートを着る姿が増えてきたが、一方で相変わらずタンクトップの人たちもいるのはいつものとおり。観光の人たちも少なくなるので落ち着いた雰囲気となるが、来週25日金曜からはいたるところででライトアップイベント「Vivid Sydney」も開催される予定(今年で10周年)。

f:id:teradaya:20180516083824j:image:w300 f:id:teradaya:20180516085258j:image:w300

スクールバス 普通のバスに混じって運行/ いつものカフェもオープン席は終了

f:id:teradaya:20180517085021j:image:w300 f:id:teradaya:20180519150010j:image:w300

なぜかテスラのブースが出ていた / ビビッドシドニーの準備中

f:id:teradaya:20180518181546j:image:w400 Blackwattle湾の夜景

f:id:teradaya:20180518182649j:image:w400 アンザックブリッジ に細い月

D

弾いてみた#13 「Shadow of Her Smile」古い映画の挿入歌

2018-05-13 ラン&ウォーク

teradaya2018-05-13

[][]コーラロイからモナベイルのラン&ウォーク

昨夜からずっと大風とにわか雨。気温も15度以下に下がったままであるが、朝になるとようやく荒れた天候もおさまってきた。

今日は久々に特段の予定もないので、久々にランニングも挟みながらの海岸ハイキング(コーストウォーキング)とする。昨年夏、1月29日にマンリー(Manly)からモナベイル(Mona Vale)の20キロにトライしたところ酷暑で途中のコーラロイ(Collaroy)でリタイアしていたので、残り半分を終わらせることにするhttp://d.hatena.ne.jp/teradaya/20170129#p1

車でモナベイルのゴルフ場通り(Golf Avenue)に行き、一旦バス(L90番)でコーラロイまで戻り出発。1年半前でもしっかり記憶があるので楽々。

コーラロイは海岸がすぐである。砂浜に降りて、13:40に波打ち際で締まった砂の上を走り始める。2.5キロほど弓なりのコラロイ(Collaroy)ビーチ、ナラビーン(Narrabean)ビーチを行く。大きな波が立っているが今日は天気も悪いからかサーファーはほとんどいなく、波の音だけを聞きながら一人走る。突き当たりにナラビーン岬(Narrabean Head)があり、その根本にビーチプールがありこの寒いのに数名が泳いでいた。

f:id:teradaya:20180513185748j:image:w300 f:id:teradaya:20180513185744j:image:w300

L90のバスを降りると / すぐにビーチとなる

f:id:teradaya:20180513185742j:image:w300 f:id:teradaya:20180513185738j:image:w300

波打ち際を走る / ビーチプール(寒そう)

f:id:teradaya:20180513185735j:image:w300 f:id:teradaya:20180513185731j:image:w300

階段を登って / ハイキングルートに入る

f:id:teradaya:20180513185728j:image:w300 f:id:teradaya:20180513185722j:image:w300

Narrabean Lakeという汽水湖の出口で複雑な地形 / ナラビーン岬ルックアウト

f:id:teradaya:20180513185725j:image:w300 f:id:teradaya:20180513185718j:image:w300

前方にトゥーリメタ岬 / トゥーリメタビーチに降りる

以前学習したので、おとなしくハイキング道をみつけて高巻くこととする。階段を登り快適な整備された道を登っていく。越えて下って行くと、比較的小さなトゥーリメタビーチ(Turimetta Beach)に降り立ち、犬の散歩の人たちと挨拶を交わしトゥーリメタ岬(Turimetta Head)に達する。これも再度ハイキング道を高巻くこととする。

f:id:teradaya:20180513190029j:image:w300 f:id:teradaya:20180513190026j:image:w300

静かな人気のないビーチ / 崖沿いは危険だとのこと

f:id:teradaya:20180513190021j:image:w300 f:id:teradaya:20180513190018j:image:w300

トレイルをたどって / トゥーリメタ岬に向かう

岬の展望台から行く手のモナベイルビーチまでよく見通せる。下って行くと、手前のワリィウッド(Warriewood)ビーチにサーファーがたくさん。少し走ると小さな岬となるがこれは波打ち際をどうにか伝っていけそうなので波を避けながら岩を渡ってモナベイルビーチに到着。

f:id:teradaya:20180513190014j:image:w300 f:id:teradaya:20180513190012j:image:w300

モナベイル岬遠望 / 大きな波に乗っているサーファー達

f:id:teradaya:20180513190008j:image:w300 f:id:teradaya:20180513185959j:image:w300

ウミネコが多い / この小さな岬を回り込んで行く

風が強く背中から吹いてきて、砂嵐の中を走るような感じとなるが、涼しく快適。調子に乗って走ったしまったのか駐車地点を通り越してしまい、そのまま目の前の一番大きなモナベイル岬の上まで登る。偶然であるが、二次大戦時の日本特殊潜航艇が沖合5キロに沈んでいることを示す看板を発見。シドニー湾攻撃後に脱出して行方不明となっていたが2000年代になってスキューバダイバーに発見されたのだそう。黙祷してから幹線道路のPitswater Roadまで戻り、歩道を走って無事帰着。15:10。ほぼ10キロ気持ち良く走れた。

車に乗って帰路に着いた途端に本降りの雨となり、その後夜までずっと降っていた。

f:id:teradaya:20180513185955j:image:w300 f:id:teradaya:20180513190238j:image:w300

広いモナベイルビーチとその先にもモナベイル岬 / 日本潜行艇は5キロ沖合に眠る

f:id:teradaya:20180513190235j:image:w300 f:id:teradaya:20180513190232j:image:w300

モナベイル岬から来し方を振り返る / 夕方は本降りの雨となった

f:id:teradaya:20180513191121j:image:w300 f:id:teradaya:20180513200008j:image:w300

買い出しをしてランドーリチキン&野菜制作 / 母の日に子供達が贈ってくれたそうだ

f:id:teradaya:20180513194056p:image

[コースタイム]

13:10 モナベイルGolf Avenue駐車場

13:35(バス)コラロイバス停

13:45 コロライビーチ

15:05 モナベイルGolf Avenue駐車場

2018-05-12 全クリア!

[][]全クリア!

今週後半から急に寒くなり、木金はコートが欲しいほど。ちょっと前々は暑いくらいであったが。会合が続き深夜帰りだったので少し喉が痛くなってしまった。

車の点検指示が来たのだが、朝7時半〜夕方5時半までしかやっていないので、通勤前に朝一で持ち込んで翌日また引き取ることとした。日本と異なり幹線沿いのディーラー販売店舗ではなく郊外の工場に自分で乗っていくシステム。駅までの送迎は一応あるらしいがいつになるかわからない感じなのでバス停まで歩くこととする。普段行かないエリアなので新鮮ではある。

f:id:teradaya:20180508081608j:image:w300 f:id:teradaya:20180508083550j:image:w300

いろいろなメーカーの共同なので、珍しい車種もある / 道端には大きな花(芙蓉の一種?)

気温が下がると走ったり、登ったりするのにはよい時期となる。今日は昨晩の深夜帰宅に負けず朝8時の開店にあわせて上手なN君(昨晩の会合の幹事)と9Degreeに行く。一番客となり、ゆっくりウォーミングアップをするが、右肩と右ひじは少し良くなってきていて以前ほどは痛まないのは幸い。

ジム内のピンクホールド(V2-V4)はいつもいくつか登れないのがあるが、現在のセッティングで残っているのは2つなので完投を目指すのが今日の課題。まずは奥壁右のバランス課題に再トライ。スラブで中間部がノーハンドトラバーすとなり、最後の立ち込みが厳しい。N君の助言を得てスラックラインのバランスのように両手を高く保持することでうまく重心を移動して一発クリア。これは結構嬉しかった。

しかし、意外にも入口左のスラブエリアが更新されており、新作が2つできている。一方、そこにあった最も苦手だった課題が消えていてなんだか不戦勝の気分。新課題のひとつは楽勝。もうひとつは幾何学的ホールドの平面へのスメアリングで苦戦したが5撃でクリアし、ついに全課題制覇。高いレベルではないがちょっと達成感。

さらに、新作赤ホールド(V4-V6)をN君が一撃クリアするのをみて、自分もトライ。出だしで一度失敗したが、2回目はスムーズにムーブがつながりクリア。体調が良くない時の方がリラックスできるのかちょっと良い感じであった。

早めに帰るN君と入れ替わりで新人Hさんがやってくる。やはり昨晩の飲みのせいか目が覚めなかったとのこと。ハイステップとか振りのムーブ等を伝えて今後の成長に期待。3時間ほどやってから帰宅。

午後は、寒いので電子オルガンの練習に没入。新曲2つほどほぼ弾けるようになったので、そろそろ仕上げになりそう。

2018-05-06 シドニー帰着

[][][]シドニー帰着

シドニー到着時に現在の気温15℃とのアナウンスがありちょっと驚くが、若干肌寒いもののいつも通りの青空で快適な気候である。

日曜の帰着は電車も空いていて楽であり、また明日からの生活のセットアップをする時間があるので助かる。冷蔵庫が空っぽなので買出しをし、料理と洗濯をしておく。会社に携帯を忘れているので、これも取りに行き留守中の対応事項を処理しておく。

せっかくなので、ボルダングは軽くやっておく。9Degreeのピンク(V2-4)の半分9つが新ルートになっているのでトライする。微妙なバランス課題が1つ残ってしまったが、他の8つはクリア。とはいえ、オンサイトは1つだけであとは2〜3回トライでのクリアばかりになってしまった。集中力が足りないか?数えてみると、右側からトライ数が、3、3、3、3、3、2、1、3なので計21本も登った計算になる。クリアできていない課題も5回は試登しているので、けっこうな運動量であった。

f:id:teradaya:20180506135923j:image:w300今日のジム。わりと空いている。

気温が低いのでついでに軽く走っておくこととし、いつものIron Coveを7分弱/キロでジョギング一周。

f:id:teradaya:20180506161700j:image:w300 f:id:teradaya:20180506171134j:image:w300

いつもの快適なコース / 日暮れが早くなった