五線親父の縁側日誌

2017-04-11 浅田真央ちゃん引退

[]浅田真央ちゃん引退


浅田真央ちゃん引退表明。なんかTVで見た色々なシーンが去来する。残念なような止むを得ないような、もやもやした気持ちです。


シニア以上の抜群のジャンプと点数を出し、センセーショナルに登場してきた彼女。当時私は村主選手のファンで、若いライバルとして彼女を見ていました。ので正直応援していませんでした。ジャンプはいいんだけど、演技マイムの面がちょっとあっさりしてる印象だったので、そこも好みじゃなかった。


やがてキム・ヨナというライバルが登場します。所作の柔らかさと芝居演技の上手さで、自分は彼女のファンになりました。バンクーバー五輪での真央ちゃんとヨナの勝負は、今でも「真央ちゃんの点が低い」疑惑が言われますが、自分はヨナの弁護すら書いた記憶があります。


ただ真央ちゃんも、ロシアの重鎮コーチ・タラソワに師事し、ステップなどの表現面の向上を図ります。猛練習の成果もあって、演技マイム面・表現面でも恐ろしいほど上手になっていきました。ソチ五輪を経て現在まで、彼女の演技はトータルな意味で「世界最高のフィギュアスケート演技」になっていたと思います。


剣の道を極めようとする宮本武蔵のように、彼女は自分の中の理想の演技を極めることを主眼としていたと思います。「お客さんのために滑る」というエンタメ型演技とは対極の位置だったと。それはそれでスポーツとして素晴らしいことなんですが、在宅テレビファンの私は「もっとこれ見よがしに、大げさにアッピールしてくれないかなあ」と、はがゆく思うことが多かった。


しかし近年は、その点も克服されて、すばらしくアッピールする演技も見せてくれるようになりました。うわっつらの芸術性アッピールとは違う、もっと奥底から滲み出て来るような、見ていてヒリヒリするような凄みをも見せてくれる。ああこれが本来の「内側からの芸術性」なんだなと、私も彼女から教えられることもありました。


トリプルアクセル・クイーンが、そのジャンプに苦しめられて、現役競技人生を終える。何の因果かと嘆き悲しみたくもなる。どのスポーツもそうですが、フィギュアスケートも、やっぱり非情な競技ですね。


でも彼女は、歴史に残るすばらしい選手でしたし、その高潔な、穏やかで厳しい人格の立派さでもスポーツマンの見本だったし、私たちみんなのアイドルでした。本当に長い間楽しかったです。おつかれさま。

2017-04-05 ビリージョエル「ウイーン」

[]Billy Joel「Vienna」


えー、ネット友のボーカリストさんとの音楽制作。Billy Joel「Vienna」をやってみました。アルバム「Stranger」の収録曲ですね。


【Cover Version, Vocal:kay-chan、Track:Terry】

http://musictrack.jp/musics/72792


【歌詞意訳】ウィーン


ゆっくり行くんだ、若者よ

あせる気持ちもわかるけど

いつもはスマートに対応するくせに

何を恐れているんだい?


火事を知らせるみたいに大騒ぎしないで

クールダウンするんだ

君は今まで十分な

準備と練習の日々を積んできたはず


求めたものを得られるか

ただ漫然と年をとるか

人生はこの二つしかない

でも逆に焦っちゃうと

目的の半分も行かなうちに

力尽きてしまうよ

気づいておくれ

ウイーンはいつだって

君を待ってるって事を


ゆっくり行くんだ、大丈夫だ

時間前に全部なんて出来ないんだよ

それより今夜は

街境いあたりはとてもロマンチックだよ


しょうがないんだ それも人生さ

君はちゃんと進んでいるよ

正しいとか間違ってるとか

君に本当に分かる事かい?


情熱とプライドは立派だよ

でも時には満足も知らないと愚かだよ

夢はちゃんと実現するさ

気づいておくれ

ウイーンはいつだって

君を待ってるって事を


ゆっくり行くんだ、若者よ

電話なんか2−3日

電源を切っちゃえよ

気づいておくれ

ウイーンはいつだって

君を待ってるって事を


焦っちゃうと

目的の半分も行かなうちに

力尽きてしまうよ

気づいておくれ

ウイーンはいつだって

君を待ってるって事を

2017-02-23 青い星(獣の奏者エリン挿入歌

えー。この間完成したカバー曲の、YouTube動画を、ボーカル担当の琴子さんが作ってくれました。よろしければどうぞ。


■青い星(獣の奏者エリン挿入歌/cossami/Cover)



D


原曲;歌=Cossami Vo&動画=琴子、打ち込み=テリー


2009年のアニメ獣の奏者エリン」の挿入歌。女性二人のデュオによるアコースティックギター伴奏によるワルツ。まるで英国トラッドフォークのような(サイモンとガーファンクル「スカボローフェア」の元歌とか有名)世界観を日本語で構築していて、ファンタジーアニメにふさわしい歌でした。邦楽にはなかなかないタイプの曲と思います。今回は琴子さんのボーカルで、清潔で透明な世界になったと自負しております。

2017-01-31 The boy from New York City

[]The boy from New York City"


せっかく制作のお手伝いと訳詞もしたんで。貼っておきますか。

■MANHATTAN TRANSFER - "The boy from New York City"


D


■ネット友さんたちのコーラスグループ「GAB」の演奏(伴奏打ち込みは私)


http://musictrack.jp/musics/72306


【訳詞】ニューヨークから来た男の子


ウーワー、ウーワー、可愛い君

ニューヨークから来た男の子のこと、教えてよ


背が高くってね  ホントカッコいいの

いつか彼の全てを  私のものにしたいと思うわ


こざっぱりもしてるし とっても優しいし

見つめられるとクラクラ  立ってられないほどよ


あなたも見てみれば?

どんな風に歩いて どんな風に話すのかをね


彼、結構面白いの でも三枚目てわけじゃないわ

あの高級マンションの最上階に居るんだって!


彼、とっても可愛いの モヘアのスーツ着て

お小遣いだっていっぱい持ってるみたい


あなたも見てみれば?

新しい車も持ってて得意満面なの


「好きだよ」って言われる度に ゾクゾクしちゃうわ!

キスしてくれる度に 天にも登る思いよ!!


彼とダンスした時に ロマンスが芽生えたの

一目惚れね たちまち恋に落ちちゃった


でも照れ屋のところもあるのよ私だってそう

でも今はわかる 決してさよらなんて言わないわ


あなたも見てみれば?

彼は最高この国で一番の男の子だわ!


ウーワー、ウーワー、可愛い君

ニューヨークから来た男の子のこと、教えてよ


=======


こういう罪のない3コードのドゥワップ&ブギって、浅いという人もいるかも。でもこれもアメリカの伝統と蓄積なんだよねえ。

2017-01-29 【フィギュアスケート】ユーロ選手権

[]【フィギュアスケートユーロ選手権


フィギュアスケートヨーロッパ選手権が終わったようです。日本では当然TV放送もないと思うので、つべ動画貼ります。


D


女子フリー、まずコストナー。ノーミス!謹慎明けブランクも29歳の年齢も感じさせません。何よりダイナミックさと所作の美が同居して素晴らしい。ベテランの深い表現。銅メダル


D


ポゴリラヤ。成長して子供感がなくなりました。入りからすごい気合。キレキレのステップ、後半の連続ジャンプも全く安心で、シリアスな曲調表現も上手い。キスクラで「イエっ!」銀メダル


D


メドベージェワ。見入ってしまった(@@)色々言うスキもないほど。テーマの「反戦の祈り」が。会場の観客に伝わっていったのではないかと。文句なし優勝。


D


男子フリー・フェルナンデスプレスリーメドレー。数カ所危ない所もありましたが優勝です。


D


アイスダンス・フリー、カッペリーニ&ラロッテ組(イタリア)出ましたチャップリンメドレー!最初のツイズルで女性が早く足が解けてしまい「あっ」と思いましたが、その後持ち直し、無事映画の世界へ連れて行ってくれました。終了後の抱擁も素敵。銀。


D


アイスダンス・フリー、パパダキス&シセロン組(フランス)芸術派?ペア。観るの2回めでやっとわかってきた。ちゃんと男女の物語を描けていますね。技術面も素晴らしいと思います。優勝。

2017-01-16

三日間断続的に降った雪。晴れているのに溶けないなあ。通勤バスは遅刻がデフォです。(ーー;)


f:id:terryyokota:20170115122641j:image

あんじぇらあんじぇら 2017/01/24 20:12 テリぴょん生きてるか〜?
こっちも寒いけど雪はほとんど無いよ。日本中大変みたいだけど、昔は結構このくらいの雪あったよね。温暖化で雪の少ない日本に慣れちゃったのかな。
そういえばこの辺の人はみんなタイヤチェーンって付けなくなったよ。
昔は一晩中道路でシャンシャンゆってたのにな〜。

terryyokotaterryyokota 2017/01/24 21:10 >あんんじぇら。
雪に埋れてるわー。今日は最高気温がマイナスよ(;;)
なんか、本来雪が降るべきところで降らず、えーっというような所で降るようになったんじゃ?
広島の宮島が雪かぶってるそうだし。↓
https://twitter.com/nagara_1281/status/821325093611524097
あー荷物まとめて九州に引っ越したい。んで夏は北海度に引っ越したい。
夏冬3週間ぐらい、ウイークリーマンション暮らし、まじで考えようかな、。

2017-01-13 作曲へと導いた思春期の音楽たち

[]作曲へと導いた思春期の音楽たち


ピアノもギターも上手で、楽譜も読み書きできて、バンドもやってる。でもそういう人でも、作曲に興味があるかないかは別問題のようで、そこで方向が分かれるみたいですね。


自分のことを考えてみた場合、演奏よりも作ってみたかった。・・・いや作るんじゃないな、知りたかった。音楽の秘密……どこをどうすれば、ああいう響きに、ああいう歌になるんだろう?……てのを、解明したかった部分が大いにありました。

 

自分の一番古い音楽体験って、多分テレビからの南沙織筒美京平)だったと思います。長い髪のヴィジュアルもそうですが、シンコペーションの多いあのリズムが楽しかった。


D


とそれと同時ぐらいに聞いて、耳に残っているのはセルジオ・メンデス「マシュケナダ」だと思う。この両者は自分の中では同類なのですね。ウキウキリズムと響きの感じが。


D

 

で、思春期に差し掛かった40年前(ああ遠い目)。アコースティクギターを手にし、周囲の影響もあって、当時最先端だった吉田拓郎とか井上陽水とか聞き出し・コピーし出します。しかしなんかちょっと、響きも暗いしウキウキしないなあ、と思っていたわけです。ビートルズもそう、好きだったけど肉感的にウキウキはしなかった。パープルなんかのハードロックになると余計に。周囲皆好きだったけど、実はイマイチでした(苦笑)

 

天啓だったのはやっぱスティーヴィーですね。「サンシャイン」「迷信」を聞いた時、頭の中で、セルジオ・メンデス南沙織と、線でつながった感じがしたんです。「あー俺が欲しかったのはこれだわ!」って思って。


D

 

それ以来「なぜ俺はフォークとハードロックがイマイチで、スティービーとセルメンは好きなのか?その違いはどこにあるのか?」を、探求したいと思ったんですね。演奏よりも机上の楽理分析。作曲やアレンジへの興味の大元は、自分にとってはそこだったと思います。はい。