社長 長澤のブログ

Error : RSSが取得できませんでした。

2017-12-15

新宿駅にて

| 06:36

いま、仲良くなりつつある人へのプチプレゼントを

買いました


「飲もう」と決めて、なにかしら、お土産を考えるのは

楽しいことです。

一番よく使ってるのは、ちょっと縁あって、鳩居堂のにほい袋

です


にほい袋、男性に渡すと、「何これ?」という反応が

あります。たいてい、女性ならわかるので

奥さんに、え?独身、じゃあ彼女に

なんていって、渡します


今週、飲もうという人と会うときに

新宿駅、モザイク通りにある、Natural Kichinという

店で、小さなキャンドルキャンドルがはいる、グラス

(ガラスでなく、おそらく強化プラスチックで、キャンドル

いれると、キラキラするような模様がついてました)

を買いました


たまたま、なのですが、飲んだ相手は、とても喜んで

くれました

キャンドルをともして、しゃべったりの、話の続きが

次回聞けそうでした


新宿を歩いてみると、駅の以外と近くに、新宿御苑があるのが

わかります。新宿御苑の案内をみると、この土地を徳川家康から

拝領した、内藤という殿様が居て、その屋敷、庭園が

そのまま、新宿御苑なんだということです

敷地は、広大、また広場が気持ちいい場所ですね


昨日テレビをみていると、新宿というのは、内藤という場所

(内藤サマが住んでいたから、地名も内藤だそうで)

にある、新しい、宿場ということで、内藤新宿

よばれていたのが、明治になって、新宿となったという

解説をしていました


新宿のモザイク通りは、結構まえですが、そのとき親しくしていた

取引先の行く前とか行った帰りに、新宿をぶらぶらしていて、みつけた

場所です

街をぶらぶら、するのは、楽しいことですね

そして、雑貨など、売ってる店が、いくつか集まっていたりすると

そこで、これはかわいいとかいって、みていると、ずいぶん時間を

過ごせるものです


新宿にいくと、きっと、今週飲んだ人のことを

思い出すように思います

そういう楽しさも、ふやしていきたいところですね

2017-12-14

続いてること

| 06:35

コンサートがあります


クラブに属してる全員が、一定の役割をもって

ひとつのステージを作り出すのに

動き出します


会場作り、照明、ミキサー、進行、司会

セッティング


ステージを作るというのは、ステージにのってる

人だけではできない。それをよく知っていて

裏方、も、いっしょに作っていくということを

実際知ってる人


もう2年もまえでしょうか

歌手の嵐が、コンサートの企画からやってる

というドキュメントを見ました

メンバーで、その企画について、おそらくは

歌手の自分たちの、存在証明といってことまで

何時間も語るのだと、聞きました


そういう、自分はなんなんだ、という問いかけで

仲間と語り合うって、すごくためになる、時間だと

思います


自分とは、何か

仕事を通じて、自分はなにをするのか

また何をしたいのか

そのしたいことのために、どんな自分になるのか


その問いかけを、ずっとしつづけ、また自分を磨き

自分を高めていって、また立ち止まって、考える


うつわ、作りの作家さんと話していて

基礎を作るということが、いかに大事かというのを

再認識しました

基礎、がない人というのは、考えが弱い


仕事をしていくとき、基礎となってる大事なことって

なんなんだって、思います


「技術」を持つということは、大変重要です

ですが、技術を使う自分の心を鍛えるのは

さらに重要です


営業も、技術だと言える、そういう見方があります

営業で実績をだすということは、大変大事だし

会社にとって、なくてはならないことです


生きていくこと

そのなかで、なにかを感じて、その思いをさらし

仲間と共有し、高めていける

そういう会社でありつづけたいですね

2017-12-13

会社で幹部になっていくということ

| 07:19

課長は、見えてる課題を解決できること


部長は見えてない課題に取り組めること


この部長が、どう機能するのか、で、会社が発展するのか

どうかというのは、決まるといっていいでしょう


見えてない課題

たとえば、マーケットのこと

たとえば、6年前の、東日本大震災のような

災害があり、感じてるのは、人の物事のとらえかたが

変わったな、そういう、変化に気づき、また、その変化を

チャンスにできること


世の中は、変わる

だから、会社もかわらなければ、おそらくは

生き残っていけない


そういうときに、思うのは、良さを残し

変えていいところを、変えるということです


ここまでくると、なにが、その会社の良さなのか

十分に知っておくということが、大事です


私は人材育成を、自分の仕事の柱であると

ずっと、思っています

そのことに取り組んだ、良さって、はたしてどれだけ

会社の力になっているんだろう


日本一幸せな従業員を作る、という映画をみて

主人公とみてもいい、ジェネラルマネージャは

言います。

何をやってきたのか、人を作ったのだと


ああいうふうに、言い切れる、自分のなかの軸を

ぜひ、持ちたいと思うのです


人がどういう体験をしたら、育つのか、十分な事例を

知っていて、それを、実践していくということが

大事でしょう

ときには、家族を巻き込み、人の感情に訴えます


つまり、生きることそのものを、教えるといっていいかも

しれません

だったら、それに、寄り添うと決めた自分はなにを

具体的にするのか、真剣に考えたい


会社は、いま、一歩発展できるかどうかの、分かれ道に

いるといっていいと感じています

だからこそ、人を大事にしたい

私の考えをつなげていきたい

2017-12-12

相手をまるごと、信頼する

| 06:31

司馬遼太郎の、坂の上の雲には、「ウドサァ」と

呼ばれる、上司のあるべき姿、みたいな

薩摩の軍人にいたという、例がのっています


才能を認めた、部下を信頼し、どこまでも

まかせる、やりかた。最後の責任はとるから

好きなようにやれ、という態度


若い人にしたら、これほど、うれしいことは

ないのではないでしょうか

「組織」とか聞くと、自由がない、いろんなことに

しばられて、やりたいことができない、そういうことの

代名詞みたいな、扱いをされることが多いでしょう


そうだったら、才能ある人が、やりたいことが

できる組織だったら、素晴らしい

そのためには、まるごと、まかせてくれる、上司が

必要じゃないか


こんなふうに、理想論を言うのは、ある意味、やさしい

たとえば、いくらでもいいけど、その人の才能をみこんで

投資するなんてことが、そうそう、個人だって、会社だって

できるだろうか?


まあ、そういう現実論は、置いておきましょう。


先週あった、仲間と思える会社の部長さん

自分の会社の社長は、まかせたら、口出しはしないのですと

言いました


見守り、口出しはなし


すごいことです


ビジネスもそうですし、いろんなこと、勉強もそうかな

そして、生き方もそうかもしれません

実際、試行錯誤でやっていくという部分があると思うのですね


正解はないことへ、挑戦する

そういうことがあるから、ほんとの意味で、大事なことが

見えてくるとも思うのです


この文章で、試行錯誤と書きました


試行錯誤するということが大事、と思うなら

間違っても、若いうちに挑戦させるというのは

大事のように、思います


どこまで、リスクをもって、やるのか

どこまでも、は、ビジネスでいえば、倒産覚悟ですね

それでは、あまりに無責任ですね


勝つための、すべてをやっていくという態度がないと

無謀といわれても、しかたがありません


けれど、挑戦は大事

やっぱり、バランス感覚が必要です

2017-12-11

自分のやりたいこと、人のためにやりたいこと

| 06:31

ボランティアをやってみるという、若い人が

多いと聞きます


阪神大震災が起こった、1995年、そのとき親しくおつきあい

していた人の実家が、まさに震災をうけて、その人は

当日に移動し、被災地にはいったという話を聞きました


しばらく、東京と被災地の往復をするなか

ものすごい数の人の、ボランティアが日々通って

くれるということに、感動、感激した

という話を聞きました


「人のために、なにかしたい」

これは、裏を返すと、人にためになにかやったということが

ない、という人が多いということにも、なるようです


いま、ここ20年、いいえもっとでしょうか

地域のコミュニティは疲弊してしまって、他人とのつながり

ということが、とても希薄になってるなか

誰かのために、なにかやるということが、本当に少ないのだと

思うのです


それは、とても、危ういことで、人にお願いしたり、人にあやまったり

そんなことが、とんでもなく少ないのだと、思い当たります


さて、会社の仕事においても、人のためになにかやる

ということが、重要ということが、とても大きいことが

ありますね


「チームビルディング」「コミュニケーション」

こういうことが、うまくできてる、そういう会社にしたいのですが

前提となる、人と人が、つながってる基礎の部分がどうも

最近おろそかです


ゆえに、私は声を大にして、言っていきます

人とつながっていきましょう、そのために「人のためになにかやる」

というのを、ささいなことからも、はじめましょう


マネジメントだとか、管理という言葉をだすと

とても、おおげさ、に聞こえるのかもしれません

まず、コミュニケーションがよくとれる、そういう状態を

知りましょう。そして、その状態を続けるには

自分はなにを、するのか、知り、行動しましょう


あいさつ、報告、そして可能な限り、自分の状態を

いつも、相手に伝えてる、そういうことを、してほしいと

思います


不安ということが、仕事をしていればありますね

その不安のもとは、なんなのか、知っておくということが

対策するうえで、とても重要です


チームの人が不安にならないように、上位にいる人は

情報を発信するというのがとても、大事です

そして、その情報を受け取って、活かすということが

できる、ということが、いいチームになる、第一歩です