とり、本屋さんにゆく このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-03-13 フラニーの手紙、ヨシオの写真 このエントリーを含むブックマーク

プレイバックPartIII (新潮文庫)


出かける前に、かばんの中を整理して、

ちょっと気になって、昨日買ったこいつをぱらぱら。

持ってでかけようか、置いてでかけようか、

その判断にいつもいつも、時間がかかる。


サリンジャー野崎孝フラニーとゾーイー (新潮文庫)』(新潮社


冒頭の停車場のシーン、どうやら、

春の初めの、冬の終わりの、三寒四温といった頃、

まさに今日この頃のおはなしではないかと、

軽く興奮。ラブレターの内容にうっとり。


結局、持って行くことにしたのだが、車中では開かれず。


車中のとも。

片岡義男ブックストアで待ちあわせ (新潮文庫)』(新潮社


写真集の紹介が続く。写真集を所持して、

ときどき眺めるという趣味に憧れるが、

なかなかそういう機会に恵まれない。

写真集を購入するところまではいっても、

本棚から抜き取って、しばしうちながめる、

という行為にたどり着いた記憶がほとんど無い。


岩波写真文庫の『アメリカ地方都市』というのが気になる。


さんざん悩んで、FJALL RAVEN*1 の CAMPER40(DARK OLIVE)を買った。

帰りの電車でそれを抱えながら、ちょっと本が読みにくくって、

「普段使いには、ちょっとおっきすぎたかもなぁ」と思いつつ、

スーパーの買い物を入れて背負えば、その大きさが頼もしい。


読了

片岡義男ブックストアで待ちあわせ (新潮文庫)』(新潮社


帰ってきて、この日記を書きながら、ふと、

残りが少ないことに気づいて、読み干してしまった。

巻末の、新潮文庫広告も、興味深い。

阿木燿子『プレイバックPartIII』*2とか。