Hatena::ブログ(Diary)

solus diary

プロフィール

tsubaki_style はてなダイアリープラス利用中

solus バッグ&アクセサリー クリエイター

 

2017-08-20

tsubaki_style2017-08-20

私は革の一点ものを手縫いでつくる作家です。なので、つくれる数には当然限りがありますが、面白いことに、なんの調整をしなくても、忙しいときは3ヶ月、4ヶ月待ちをしていただいておりますが、ほぼいい感じでものつくりを続けられるようになってきています。年末にオーダー会をさせていただいて、その仕上がりが春に終わり、今はぼちぼちと、メールでいただいたオーダーなどを受けさせていただいております。幸せなことに、何年も前よりリピートしてオーダーくださる方が何人もいらっしゃいます。ちょうどいい感じの人数なんですよ。めちゃくちゃ人気の作家でもないので、そして、若くて美人だとか、そんな要素もないし、どちらかと言うと猟犬と暮らすええ年の革作家なんて、なんのインスタ映えもせん。考えたら、インスタにアップしても、海外のセレクトショップや同業者がいいねやフォローをしてくださいますが、そこからオーダーが来たことなんかはまーったくないです。何のためにインスタにアップしてるんかようわからんです。いや、私は数は少なくてもsolusが好きといってくださる方に見ていただければそれで良いのです。だから毎日ブログも更新しています。かつては、そこから新しい世界に繋がったら良いなあと思ったこともあります。でも、今はそんな気持ちも正直ないなあ。ああ、80歳とかでパンクな革作家だったらインスタ映えするかもね。笑。がんばるわあ。

さて、このバッグを以前おまかせデザインでオーダーいただいたのは、建築家のTさん。我が家の手直しでお世話になったきっかけで出会いましたが、すごく才能のある方で、数々のかっこいいお仕事をされています。クリエイティブな世界に生きるもの同士で共感することが多く、彼のオーダーをいただけるのは私としてもやりがいがあります。今日は我が家のまたまたちょっとした手直しの相談と、彼からの新しいバッグのオーダーでアトリエにお越しいただき、お話をしました。楽しかったなあ。元気、刺激もらいました。彼のクールな仕事の写真を見せていただいて、私とはまたテイストが違っても、とことん納得するまでつくりあげる姿勢は全く同じで、抱える苦悩も同じで、この国のこの現状で頑張るクリエイター同士として楽しい時間をすごしました。彼のオーダーは今回も、私の感性にすべておまかせ。デザイナー、建築士、その人の仕事に惚れて、さあ、どういうもんが出来上がるのか、ワクワクして待つって。。。。すごく贅沢なんだよね。そんな楽しみを覚えた方は必ずリピートしてくださってます。その楽しみをうらぎらないように、私たちは日々勉強してフレッシュな感性を高めているのです。年はいってるけど、感性の若さでは負けへんで!

2017-08-19

tsubaki_style2017-08-19

陶作家Yさんのために。

彼女の作品にインスパイアされて、革探しから始まった仕事です。

革はイタリア製の羊。

黒に近い深いグリーンです。

二枚を合わせて作り上げます。

こういう仕事が好きですね。オーダーくださった方をイメージして作り上げるのって楽しいですよ。考えてみたら、私にはこの仕事を始めて十余年、山のような一点ものを作ってきましたが、熱いファンの方の数はお名前もお顔も声もはっきり浮かぶくらいのもので、それがまたちょうどいい仕事ができる数なのかもしれません。

ぼちぼちやっていきます。いい仕事する自信あります。

2017-08-18

tsubaki_style2017-08-18

先日のバッグと同じデザイン。

私の私物です。革はお付き合いのある姫路のタンナーさんの社長さんからいただいた、馬のコードバンの床革です。床革というのは、表面のあのツルッとした上皮を取ったあとの皮です。薄い皮に貼り合わせて裏に使ったり、上に染め加工などをして、艶のない仕上げの革にもなります。

これは何も加工をしていないものなので、汚れもどんどんついていきます。でもいい感じでしょう?入れた荷物でぷっくりした丸みもでてきています。肩にかける部分は体の形にそって形が変わり面白いシルエットに・・・そして,とっても肩に馴染んですべらないんですよ。いいでしょう?何も加工をしていないヌメ革を使うことはめったにない私。これ以来結構素のヌメが好きになってます。

2017-08-17

tsubaki_style2017-08-17

左のジャーマンポインターのぬいぐるみは今年始めの椿のちょっとした入院のお見舞いに、右の豚は、椿のこれから始まる種子島宇宙芸術祭のカサブタプロジェクトの応援に、椿の可愛い教え子であり、私の親友、妹分でもあるクロちゃんからいただきました。

持つべきものは友であり、教え子であり。私たち夫婦にはたくさんのそんなあたたかい絆があります。くろちゃん、いつもいつも私達のことを応援してくれてありがとうね。

まだまだ二人とも、たくさんのわくわくを叶える旅を続けます。私は革を使ってもっともっと刺激的な世界をひろげます。次にやりたいこと、今あたためています。椿のカサブタプロジェクトは、笑えるほど、今更その年で猿岩石やるんか!な内容ですが、 40年近く連れそってきた私からは、一言、お気張りやすーしかない。

2017-08-16

tsubaki_style2017-08-16

この夏は関東は冷夏だそうですね。関西はやたら蒸し暑いように思います。とにかく湿度が高い。我が家のクリがこんな時期にボトボト落下しています。うちだけかと思ったら、散歩道の柴栗も同じ症状です。何か天候が実りに影響していることは確かです。今日はちょっと足を伸ばして三田の公園に散歩に行きましたが、蒸し暑くって。。。。。ポテトは元気です。昨日夕方クロちゃんがさんチャンを連れて遊びに来て、さんちゃんはポテトに友好的ではなく、一緒に遊ぶことはできないのですが、刺激になったみたいで、昨晩はぐっすり朝まで寝てくれました。そして、今日の散歩も暑いのにバテないで元気にグイグイ。よかったあ。。。。

バッグ仕上がりました。クールに仕上げたかったので、それはバッチリうまくいったかな?このデザインでいろいろな革を使って全く表情が違うものをつくっていきます。お楽しみに。。。このデザイン、実はすごく使いやすいんですよ。肩に馴染むんです。シンプルだけれど、セットのサークルポーチがあるから便利。経年でシルエットが変わっていくのも楽しみです。革の特質を活かせた仕事だと自負しています。