おちもなにもないただのにっき。 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2009-01-27

一昔前と比べて個人サイトであんまり見なくなったもの・もしくは形骸化しているものを思いつくまま書き出してみた。


僕らは昔、ダイヤルアップだった

http://anond.hatelabo.jp/20090110112607


これを読んで、*1同じような時代にnifty-serveで友達になった人がmixiで同じような事を書いておりまして(俺も俺で何度か同じような事を書いていたんですが)。懐かしいなぁ・・・と思いつつ、色々な友達のサイトとか見てた訳です。


そんな時に思ったんですよ。「あれ?そういえば・・・個人のホームページで昔はよく見かけたんだけど、今見ないものって結構あるよなぁ・・・」と。


そういった『一昔前は見かけたけど今はあまり見ないもの』を思いつくまま書き出してみました。一部、「それは今でも普通にあるよ!」と言ったものもあるかも知れませんがご了承下さい。*2


以下羅列。


・・・こんなところかな?


全て同じ理由でなくなっていったもの、ではないので。なくなっていった要因毎に分けてちょっと考えてみたいと思います。


webサービスの終了・他サービスへの移行。


このカテゴリに含まれるのはこの辺り。日記才人Readme!辺りは完全に終了しましたね。ICQは他メッセンジャに移行。以下は今でも存在してますし、ランキングサイトに関してはWCR等、一部ジャンルではまだまだ活発であったりしますが、個人サイト全体では縮小しているのではないでしょうか。


ユーザビリティの観点から。


  • MIDI自動再生
  • TOPページ(ENTER→みたいな

このカテゴリに含まれるのはこの辺り。便宜上MIDIと表記してありますが、個人サイトにおける自動音声再生ですね。

他にもFLASHで構築されたサイト・MARQUEEタグで文字がうねうね動き回るサイト等も同様ですが、一時期は『格好良いサイト』と思われていたような、ユーザビリティを損なうサイト構成は減少傾向にあると思います。*9


TOPページ、に関しても当然まだありますが、1クリック余計に必要なアクセシビリティの低下(というか1クリックの軽減かな)を解消する事、またブログサービスが個人サイトの中心になりつつある昨今、TOPページというもの自体が消失してしまっている、というのも理由のひとつではないでしょうか。


個人サイト内での利用がなくなっている。


このカテゴリに含まれるのはこの辺り。一昔前は個人サイトを構成するコンテンツのひとつとして、どのサイトにもあったものですね。


なんでなくなったのかな?と考えると。色々理由はあると思うんですが。


  • 置いておいても利用されない・見てくれる事があまりない。
  • SPAMが沸く上、沸き始めると無限に処理せざるを得なくなる。
  • 1個人サイト上での閲覧者同士の交流・1個人サイトリンク集からの他サイトとの交流が一昔前と比べて減少した。
  • htmlでの『ホームページ』→ブログサービスへの移行。
  • かつてコンテンツとして成り立っていたものが、そのサイトにおけるコンテンツのひとつとしては成り立たなくなった。

この辺りになるでしょうか。

利用されなくなったコンテンツが衰退していくのは、なにも個人サイトに限ったものではないですが。交流がなくなった、というのは別に個人間の交流自体が減ったというような理由ではなく(それもあるかも知れませんが)、交流自体がTwitterSNS、その他のサービスに移行して、1個人のサイトでは必要なくなったという点もあるかと思います。*10


また一昔前の、『ロボットサーチエンジン』がなかった時代と比べると。個人サイトから個人サイトへ・・・という、同じ趣味嗜好の他のサイトへ辿り着く手段がリンク集だけではなくなった、というのもあるかも知れません。*11

リンク柱はそれに近いですが、個人の嗜好で羅列されたリンクなので若干ニュアンスは異なるかな、と思います。


サイト更新・コンテンツの継続が困難。コンテンツ自体の流行の終了。


このカテゴリに含まれるのはこの辺り。便宜上2つをまとめております。

上3つに関しては2つともに当てはまる形式、下3つは流行の終了でしょうか。


VNI形式のサイトに関しては、バーチャルネットアイドル・ちゆ12歳が大流行した時代、大量に同様のサイトが乱立しましたが、既にその大多数が閉鎖・更新停止しております。フォントいじり系に関しても、それは同じ。


バーチャルネットアイドルVNI)界はあれからどうなったのか - Timesteps

http://www.webhistory.jpn.org/archives/58


フォントいじりとパワポは良く似ている - 最終防衛ライン2

http://d.hatena.ne.jp/lastline/20080322/1206190901


この辺りを読んで頂くと、その時代の事は分かりやすいかな。


サイト更新が困難(というか、若干面倒くさい)タイプの更新手法は、ある一部の大ヒットで類似サイトが多数生まれても流行が過ぎると終了していくもの。フォントいじりもVNI形式もあくまでテキストを読ませる手法のひとつであって、テキスト自体の面白さはそれとはあまり関係がない。*12手法を真似をするだけで全てが全て面白くなる訳ではないし、手法自体が面倒くさいものだとどうしても継続しづらくなる。そういった中で、なくなっていったもの、と言えるのではないでしょうか。


キリ番相互リンク、に関しては・・・当然やっているサイトもあると思いますが。管理の難しさ、もしサイトがアクセス数大量なサイトになった場合の管理の大変さ、そもそもwebサイトでリンクの許可が必要なのかどうか・・・というような話になってしまいますね。この辺りは『無断リンク禁止!』『ディープリンク禁止!』等の一昔前にあったような話にも繋がるかと思います。


まとめ?


1個人サイトにかかる色々なもの(負担・交流等々)が、他のサービスへ移行する事でなくなっていったもの、また流行が終った事でなくなっていったもの、と色々な要因がありますが。それは完全になくなった訳ではなく、他のサービスに移行していたり形を変えて今も継続されたりしています。芸能人ブログなんかは、フォントいじり系に近いですよね。


なくなったもの、とは逆に増えたものも多数あります。そういったものが、なくなったどのサービスに近いものなのか・・・というのを考えると、ちょっと面白いかも知れませんね。


・・上手くまとまらなかった。合掌。

*1:かどうかは知らないけどw

*2:つか、自サイトでやっているものもあるし

*3:*番目のアクセスは〜さんです!とか、踏んだ人になにかプレゼントとか

*4:まだいくつかありますが

*5:まだいくつかありますが

*6:まだ一部サイトではありますが

*7:芸能人のブログ形式は、これに近いかな。昔ほどのフォントサイズや色のいじりはありませんが

*8:『〜さんの〜なサイト』的な説明が付いた、1ページにまとめられたもの

*9:当然あるところにはあるけれど

*10:どうしても、1個人サイトでの交流となると色々なバイアスがかかった交流にならざるを得なかったり、交流したいとは思わない人々との交流も余儀なくされる点もありますし。

*11Yahooのカテゴリ検索が中心だった時代、同じ嗜好のサイトを探す為の手段は、リンク集しかなかったようなものでした。

*12:勿論、それがあってこそのテキスト構成、になってはいますが

通りすがり通りすがり 2009/01/27 12:26 MIDIは某版権団体様が、ネット上での音楽再生(個人的使用の範疇)でも金を取ると言い出した時に、かなりの数が消えましたので、その所為かと。
音楽を扱っていたサイトもかなりの数が消えて、悲しかった覚えがあります。

tuyatuya 2009/01/27 23:35 通りすがり様>
確かにありましたね・・・そういった事が。
某JAげふんげふん・・・関係で、というのも悲しい話ですね・・・。

ひ 2009/01/28 01:02 個人のサイト、がどういう人種にどういう意図で作られているかによりますよね。(二次含む)創作サイト系だったら上記は二番目と三番目を除いてあるあるあるだらけになりますしね〜。

tuyatuya 2009/01/28 01:10 ひ>
そそそ。そこが難しくてね・・・あくまで『まとめ』と書かずに『思いつくまま〜』っていう表記にしたの。あくまで俺の主観。

2〜300くらい、絵師様のサイトをブックマークして巡回していたりしますが、そういったサイト様ではまだあるよ!って言われてもおかしくないですしね。そこら辺は・・・まぁ、大目に見て頂ければ。

voltvolt 2009/01/29 04:35 そもそも個人サイトというもの自体が無くなってきているのでは。
ブログの台頭以降、アマチュアの絵描きや漫画家以外では個人サイトを見かけなくなった気がします。

mokipointmokipoint 2009/01/29 10:31 リンク集ははてな一時アンテナに代わられた印象。最近はそれすら無くなったかな。

tuyatuya 2009/01/29 20:04 volt様>
今回はブログ形式でもhtmlでのホームページでも、『個人のやっているサイト』という定義で個人サイトと書かせて頂きました。企業サイト←→個人サイト、というような感じですね。
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%b8%c4%bf%cd%a5%b5%a5%a4%a5%c8

mokipoint様>
アンテナはどうですかね・・・あくまで俺個人の印象だと、少し方向性が違うような気が。
まぁ人それぞれ使用方法は違うので・・・というのもありますが。

satomisatomi 2009/01/29 22:00 長文失礼!
5,6年前でしょうか。お絵かき掲示板は革命的なシステムでした。
それもいまや個人の絵日記ページに利用されてるだけであったり・・・。
ブログ台頭がネットの歴史の分岐点かなと個人的に思います。
日記専用CGIとかありましたが、それも一気に廃れました。
言われて見ればBBSも個人サイトでは殆ど消滅していますね。変わりに拍手(これも若干廃れ気味?)やブログのコメント欄で事足りるようになって。
あとチャット!(いまやメッセやネトゲが変わりになってる気がします)
さらには(ぇとか(ぉとかセルフツッコミ的な文末の記号?も使う人が完全に消えました。(この辺は話ずれますが)
あとはライト・ヘビーユーザの利用分布もハッキリしてきたことでしょうか。
2ch、はてな、mixi、動画系、モバゲ、ブログ・・・etc
10年ほど前は自分のお気に入りの個人ファンサイトへネットサーフィンして楽しんでいた感じだったように思えます。
懐古厨と呼ばれてもいいです。目が肥えてしまった為か何かネット界の勢力図が安定したせいか・・・、昔ほどネットサーフィンに対してドキドキしなくなったと思います。

tuyatuya 2009/01/30 00:43 satomi様>
ブログ台頭、というよりも無料レンタルブログサービスの台頭、と言った方がいいかもしれませんね。tDiary等の日記システムはそれによって減少していったと思われます。それと、それによるユーザ数の拡大自体も影響しているのではないかと。

ちなみに。俺自身ここではあんまり使用していませんが、(ぇとか(ぉとか(ry等々、そういったものは別サイトの方では多用してたりしますし、周囲でもまだ使用している人多いですよwさすがに(核爆)とか(笑)とか、(木亥火暴)みたいな倍角文字使う人はいなくなりましたけどねw

ヒロトヒロト 2009/02/02 02:13 tuya様>
(笑)とかはネット上(2ch等)のスラングと分ける意味合いで使うしキッチリしたとこではわりと見ますよ。というか(核爆)はまだしも(木亥火暴)というのは今はじめて知りました。

tuyatuya 2009/02/02 20:37 ヒロト様>
(笑)はまだありますかね・・・。どっちかっていうと、俺の中ではスイーツ(笑)のイメージが強すぎるのかも知れませんね。

ちなみに(木亥火暴)に関してはかなり昔の2ちゃん、もっと遡ってパソコン通信時代の表現方法ですね。htmlによるフォントいじりが出来ない媒体での、文字表現のひとつです。さすがに・・・10年程度は前の方式になるので、知らなくてもおかしくはないと思いますよ。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証