Hatena::ブログ(Diary)

緑色異星人監視記録

2018-08-07

拙者レベルを上げて物理(パッケージ)で殴る侍

| 22:06

はーい、地獄のような灼熱の岐阜から帰ってきました。その岐阜の話は後にするとして…今日は素敵なお知らせがあります。

PS4/Vitaでのリリースの後、英語対応を経て北米欧州へリリース地域を広げ、先日は物理パッケージ版が海外パブリッシャーから販売されーのと、世界を転々と旅していた「チェルシーさんは7の魔神をブッ殺さねばならない。」なのですが、日本国内にも物理パッケージ版として凱旋することになりましたというかもうしてます。

確か南米のほうで買える筈です。→http://amazon.co.jp/dp/B07FJX2LQX/

f:id:uboahh:20180807220057p:image

まあ…いまさら買う人もあんまおるんかなァとも思わなくもないんですが、海外版での物理パッケージリリースでデータはあるしメディアスケープさんと費用試算してこれならいけるんちゃう?いけるんなら作りたくなっちゃうのも仕方ないっすよね!ハッハー。

(VITA版も試算してみたところ4000円ぐらいで鏑鼎なぐらいの計算になっちゃったのでゲラゲラ笑いながら見なかったことに…)

パッチリリースも一段落したし、12年目の区切りということで。いや随分長い付き合いになりましたねホント。

やっぱダウンロード版のほうがいいやあって人は、PSNのサマーセールでお得な1000円ポッキリになっているので、ご都合よろしいほうでどうぞ!(ホントはセール開始とタイミング合わせたかったんですけどアマゾンに放り込むとこでグダってたのでちょっとズレましたん)

というわけで今年の夏もバニーさんをよろしくぅ!

----------

2018-05-20

全自動はんなり紀行

| 23:15

f:id:uboahh:20180512090743j:image

先週京都にて開催されたビットサミット6にて、UNTIESさんのPlay!DoujinコーナーにGUNDEMONIUMS PS4版のプレイアブルデモを展示して頂きまして、全自動放置プレイアブルデモを作って行ってきました(^o^)

基本方針としては横でガイドしなくても(放置状態でも)デモを遊んでもらえるように設計しましたん。まあ要は普通に展示仕様デモなんですけどね…。

 

・オートデモ

タイトル画面を表示しているだけでは明らかに人のつきが悪いし、傍から見ていてもどんなゲームかわからない

→どんなゲームかわかるようなプレイを収録、タイトル画面後流す(デモ仕様で30秒しか待たない)。

 

チュートリアル

口頭で説明すると最終的に喉が枯れ死ぬので、インゲームの説明を行えるのが好ましい。インゲームの説明で完結できていれば、離席する用事ができた場合など人に頼みやすい。

全自動放置仕様として、1つのステップで30秒経過すると強制的に次に進む。

(操作ボタンとテキストを表示していてもまるで読んでいない人も若干いるのでもうどうしようもない)

でも何かと穴は出てくるので、ダメなところは次に生かそう!

 

・途中でプレイを放棄したときの対策

無入力状態を検知したら、タイトル画面に戻るか、強制的に次のシーンへ進める。

今回は30秒程度で判定している。プレイアブルデモの場合、無操作状態はそれほど長くないのでこの程度で問題なし。

長い説明文を読ませる場合に問題となる可能性があるのですが、プレイアブルデモで30秒もかかるような長い説明文を読ませるのは、あんま大丈夫じゃあない気がするのです。

 

・自動リプレイ記録

全てのプレイのリプレイを記録しておく。後でゆっくり振り返ることができ、のんびりと集計もできる。リプレイ機能まで実装できていなくても、プレイ人数やクリア回数などは記録できておいたほうが良い。

 

・プレイ時間

意外と重要です…できれば10分以内におさめましょう…イベントの開催時間をプレイ時間で割った数が、最大でプレイしてもらえる人数なのです…それ以上は遊んでもらえません…。

ただ、短かすぎるのもナンなので、5分ぐらいは遊べるようにしたほうが良い。

 

・言語選択

インディーゲームイベントはなんか海外の人も割と見かけるので、多言語対応しているならインゲームで選択できるようにしておくと良い。

極端な話、グーグル翻訳程度の雑な英文でも、ないより遥かに良い。海外インディー勢もちょっとそれどうなの的な翻訳で堂々と展示してるしきっと大丈夫。

今回はイベント特別仕様でタイトル画面直後ダイレクトに言語選択入れました。(本来は本体のシステム言語を識別して起動時に設定が変わる)

余計な手間だったかな?と思っていたんですが、英語でプレイしてる人は割といましたね…(^p^)

 

そんな感じの京都日和でございました。(なお二日目は土砂降り)

----------

2018-02-09

あけましておめでとうございます(もう二月)

| 17:53

バタバタしてて気がついたら一週間経ってましたが、先週ようやっとPS4PSVita向けにガンデモニウムスが無事リリースされてまして、今のところまずまず順調な滑り出しかなーというところです。

色々ご尽力してくださった方々、ご購入頂いた方に感謝感謝でございます。

昔、海外のパブリッシャーが移植したGundemoniumRe:collectionなどのPS3版が出ていたのですが、一部ゲームの仕様自体がおかしくなってるバグがあったり4:3の画面をそのまま16:9に引き伸ばして横長になってたりして直してくれないですかねと突いているうちに日本向けリリースが立ち消えになっていたりして(結局直してくれなかった)、今回、自前できっちり16:9画面向けに仕立て直してリリースできたので、ようやく積年のうr…もといリベンジを果たすことができました。いやホントにね。

思えばチェルシーさん〜も海外のパブリッシャーで移植しようとしていたのが明後日の方向に暴走して手がつけられなくなったので話聞く気ないならもう知らんわ!こっちでやるわ!って始めたのだったりするのも素敵な思い出デスネ。HAHAHA

GUNDEMONIUMSについては、まだちょっと不具合が残ってしまっているようなので、急いで直しているところです。ご不便をおかけしますが、いま暫くお時間ください。また、バグを見つけたらサポートサイトへご連絡いただけるとありがたいです!(当たり前の話ですが、こちらで気付かなかったものはご連絡いただけないと直らないので)

さて、GundeadliGneやヒトガタハッパはマダー?という声も出てくるかと思いますが、GUNDEMONIUMSの評判と売上次第であり、売上はなによりの正義であり、売上がよければきっとリリースできるようになります。

なにとぞなにとぞ、よろしくおねがいします。

それではまた!

f:id:uboahh:20180209174821p:image

--------------------

2017-12-23

ゆくとしくるとしにうむ

| 17:58

おはようございます。ガンデモニウムスのリリース日がウッドボールました。

夏までに〜年内に〜とか言ってたよーな気がしますが色々ありまして、来年2018年2月1日ということになりました!ばばーん

というわけで、もうちょっぉっとお待ちください。

f:id:uboahh:20171223164333p:image

あとは〜年末の〜冬コミがあるんですが、メイドさんコンバットアクションは導入部分がまだできてなくて、ここの実装が終わらんことにはどーにもお見せできんよなあ…ということで今回はミニゲームを作りました(というか作ってます)。んでこれをもって行く感じになるかと思います。

固定画面のアクションゲームという今はもう死に絶えたジャンルのものですが、敵を気絶させて谷底にシュウゥゥーート!!という感じのゲームになる予定です。

f:id:uboahh:20171223175703p:image

それではよいお年を!

----------

2017-09-10

ズバッと惨状!電気ウナギの午後3時30分

| 23:09

おはようございます。ガンデモニウムスはまだです(直球)。

代わりといってはなんですが、ちょっと関わってた件が世に出たようなのでお知らせしますぞ。

この素晴らしい世界に祝福を!というアニメPS4/Vita用ゲームが先日出たんですが、それの初回限定版のオマケでついてくるシューティングゲームプログラムなどをやりましたんでご興味ある方は是非。

PS4/PS Vita「この素晴らしい世界に祝福を! -この欲深いゲームに審判を!-」 2017年9月7日発売予定!

f:id:uboahh:20170910225619p:image

ゲーム内容とかは↓の記事に割と細かく取り上げていただいてます。ありがたや。

特典だけど遊び心盛りだくさんのシューティングゲーム「この素晴らしい世界に祝福を! Attack of the Destroyer」を紹介!|Gamer

今回はギャルゲーのオマケなので普段STGあまりやらない人も多いだろうな〜ということで、いつもの趣味丸出し難易度設定は窓から放り投げ、こういうのも作れるんだぞ!バーカバーカ!と言わんばかりに幅広〜い層にお遊びいただけるように作ってみました。

ダクネスの攻撃当たらないモードとかウィズの売り物がガラクタになるモードとかも用意しましたンで、細かい設定に拘る方も是非ともチャレンジして下さいネ。(ちゃんとクリアできます)

版権モノのお仕事とかめっちゃ久しぶりだったんですが、結構フリーダムに楽しくやらせていただけました。感謝!

ではまたー


----------

Connection: close