My Life Between Silicon Valley and Japan このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-10-09

[] GoogleYouTube買収!!! 圧倒的に正しい戦略が迅速に執行されたのだと評価する

どうも本気らしいという話は噂に聞いていたが、こんなに早く交渉がまとまって発表されるとは思わなかった。今日10月9日(月)、GoogleYouTubeを約16億5,000万ドル(in an all-stock deal worth about $1.65 billion)で買収した。

YouTubeは創業から二年たっていない。サービス本格スタートからほぼ一年。それが約2,000億円の価値に変わった。何という加速感であることか。Googleの傘下に入ることは、YouTube創業者にとって、NASDAQ上場よりうんといい話だったのだ。こういう傾向は、今後もしばらく続くだろう。ある種のベンチャーにとっては、GoogleNASDAQの代わりになったということだ。

前にも触れたが、2006年Googleにとってのサプライズ(あるいはネット業界全体のサプライズ)は、YouTubeだけであった。むろん16億5,000万ドルは小さいカネではないが、業績好調ゆえ株価も高騰するGoogleにとってはハシタガネである。この買収は、圧倒的に正しい戦略が迅速に執行されたものと、Googleを高く評価すべきだろう。

この買収ニュースを聞き反射神経的に感じたのは、「こんなものゼロから作れば俺たちの方がいいものが作れる」という「天才的技術者の発想」より遥かに上位のところで、Googleがきちんと「正しい経営判断」を下す会社になったんだなぁ、ということである。

Googleがさらに恐ろしい会社に変貌を遂げた瞬間と言えるのではないだろうか。

ウェブ進化論」を脱稿してから、どうしても書き足さなければならない事象はYouTubeだけだと三ヶ月前に書いた

http://d.hatena.ne.jp/umedamochio/20060628/p1

が、今もその考えは変わらない。ただこの買収で、その加筆修正も、第二章「グーグル」の最後にひとつ追加の節を設けてYouTubeを概説し、そのあとにこう書き加えるだけですむ。

2006年彗星のごとく現れたYouTubeも、Googleは、迅速な経営判断によってすばやく内部に取り込んでしまった。

chazchaz 2006/10/09 17:37 ただ、大きな訴訟リスクを負ったという印象が付き纏います。
これまでは訴えても賠償金を回収できないだろうという諦めがあったと思うのですが、Google相手だと話が変わりますから。
うまく著作権の調整がつくといいですね。

tnakajitnakaji 2006/10/09 18:48 ”この買収ニュースを聞き反射神経的に感じたのは、「こんなものゼロから作れば俺たちの方がいいものが作れる」という「天才的技術者の発想」より遥かに上位のところで、Googleがきちんと「正しい経営判断」を下す会社になったんだなぁ、ということである。”との梅田さんのコメント、今の比較的大きい企業全体が欠如していることのように感じます。 私の所属する会社も含め… 幾ら資金潤沢なGoogleとはいえ、これだけの高額な買収をするしないの判断決定する上で”自前で”という選択肢が強く出てくるのが”普通”の考え方ですね。

oubakiououbakiou 2006/10/09 19:12 『「こんなものゼロから作れば俺たちの方がいいものが作れる」という「天才的技術者の発想」より遥かに上位のところで、Googleがきちんと「正しい経営判断」を下す』

というGoogleの変化(?)にがっかりするGoogleファンのGeekもいるのでは?YouTube買収はビジネスとしてはかなりの冒険(だと思う)なので、「普通ではない企業としてのGoogle」は健在なのですが。

hamastahamasta 2006/10/09 20:12 >”自前で”という選択肢が強く出てくるのが
それなんてN○T?
と思わず脊髄反射、、、

u-chanu-chan 2006/10/10 00:15 ココにカキコは「筋違い」かも知れませんが、”YouTube”でユーザーサイドの新展開があったので、是非記しておきたいと思います。

それは「亀田兄弟の運動会」の画像についてです。

著作権うんぬんが問題になっている最中、究極の有名人・タレント画像が出てきたなぁと思いました。確かに肖像権の問題はあるでしょうが、著作権はUPした人にありますからね。

YouTubeは日本人に振り回されていると言われていますが、これ以上の展開はしばらくないでしょうね。実際、まだ削除されてないですし(T○Sは代理申請しないのかな?)。しかし、大げさに言うと「一億総パパラッチ化」か....。

逆に言うと、Googleはそれだけ日本市場を重視しているということなんでしょうか?!

itoolsjpitoolsjp 2006/10/10 10:57 GoogleSketchUpの時点で「いいものは買収してでも手元に置く」という姿勢になったのかなと判断しておりました。恐らく今後もいいものは買収されるのでしょう。それが良いことか悪いことかは別として。

M@ROM@RO 2006/10/11 00:28 訴訟リスクよりもGoogleという会社経営上のメリットが大きいとの判断なのでは?
なぜなら会社はファンの為だけのモノではなく株主の為のモノでもあるからです。

をかのゆをかのゆ 2006/10/15 19:29 「正しい経営判断」を下す会社になった、ということは、次のGoogleに取って代わられる会社になった、ということにもなりますよね。

IzkIzk 2006/10/15 22:29 初めまして。初めて書き込みさせて頂きます、飯塚と申します。

実は、映像配信についてのブログを最近会社のホームページで書き始めまして( http://www.net-act.tv/blog/staff/ )、何か似たようなブログはないかなぁ〜?とフラフラとここに辿り着きました。

実はこの買収に関しては私もびっくりしてブログに書いてみたのですが、梅田さんのおっしゃる『正しい経営判断』という、今が旬のブランド、YouTubeをさっさと買収した判断に関しては全く同感です!・・・が、果たしてその“値段”は正しかったのでしょうか?・・・が私には疑問なのです。

今のGoogleにとっては確かにハシタ金なのでしょうが、一度マーケットにこんな1年ちょっとの企業をここまでの巨額で買収したという前例を作ってしまったのは世界の大企業としてはちょっと無責任というか、アメリカ的過ぎる若い判断では・・・?と思います。

現代の社会で、2,000億円の価値がある企業とはどういう企業を指すのでしょうか・・・。社会貢献度の高さや環境に対する取り組みに励む企業は??

『お金が流れる先をどこにするか・・・』を考えた上での経営判断や買収条件が出せていたなら、Googleは真の大企業として絶賛されたと思いました・・・。何だか生意気な意見だと思いますが、そういう企業の方が働く社員のモチベーションも上がるし、本当の意味で“カッコいい”と思うので、一意見としてコメントしてみました☆・・・なんて、甘い・・・かな〜??

http://www.net-act.tv/blog/staff/

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/umedamochio/20061009/p1