かわさんの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-02-19 このエントリーを含むブックマーク

「かわさんの日記移転のお知らせ

ながらく、「かわさんの日記」をご愛読いただきありがとうございました。

今後「カワセン日記」として、続けていきます。

今後ともよろしく。

▼「カワセン日記

http://hnk333.blog53.fc2.com/

いよっしゃーーっ!!!!いよっしゃーーっ!!!! 2009/06/23 08:27
これ始めたら女釣れすぎーw ww
いつもテ〃リ嬢に金払ってたのがバカみてぇ。。
だってヤる度に金くれんだもんヽ(´ー`)ノ
ぶっちゃけ風俗は卒業ッス(´ー`)y─┛~~

http://dopyun.quitblue.com/ry1cmUL/

2006-02-18 「白夜行」のHP このエントリーを含むブックマーク

白夜行」についてコメントしたHPばかりを紹介したHPを発見。

なんと、の「かわさんの日記」も紹介されていました。

【白夜行】の話題クリップ

こうしたつながりができるのも、ブログならではかも。

機械的作業でできるのだろう。

2006-02-17 『あかね雲』読了 このエントリーを含むブックマーク

泣けた。

人の心を動かすのは、その人の知らないところで、その人のために行う行為だと。

〜蟒2阿凌読磴気鵝5やが永代寺に豆腐を入れることを許した。

∩蟒2阿留さんは、京やに、相州屋の家を譲ることを、江戸屋の女将に頼んだ。

1部は真面目に働く、職人さんの立志出世物語

おふみ、永吉の明るいとともに、相州屋の話と合わせて、おもしろかった。読みやすい。

2部は、永吉の子どもたちの話。ねこかわいがりされた、栄太郎が漬け込まれる。

^貮瑤汎麌瑤如同じ場面を立場を変えて、書くことのおもしろさ。親と子どもで、微妙に違う。

∪ご屬鮹里蕕覆つ甲砲隆鼎機

B子を猫かわいがりする母親子どもをだめにする。

C腓里茲った夫婦でも、仕事育児のことで仲が悪くなる。

家業を持つ家に嫁ぐ嫁は、覚悟を決める

イ砲い人でも表面的に冷たいだけ。その人の心の奥底にある優しさに目を向ける。

 おふみが死んだ後のおすその気持ち。

傳蔵は、エンターテイメント。この人物が、大どんでん返しを演出している。

ラスト50ページはエンターテイメントでしょう。

庶民の幸せをこの小説は教えてくれる。

心に残る場面

 ̄糞箸とうふを創って、売るが、売れないシーン。

∩蟒2阿力叩


2002年直木賞受賞。

読みやすい。わかりやすい。時代劇版のホームドラマという感じか。

「夫婦が同じことを考えていたら、多分、兄貴と一緒にとうふをつくり、おまえは、嫁に行っていただろう」

家族のごたごたと商いの苦労が重なって、どこかすれ違い始めたんだろうけど、今は向こうで仲良くやっていると思う」

八幡様にお参りしたとき、同じことをお願いできる夫婦でいような」

タイトルあかね雲」は八幡様にお参りした悟郎がおすみと一緒に見る空の情景。

白夜行」についてコメントしたHPばかりを紹介したHPを発見。

なんと、の「かわさんの日記」も紹介されていました。

【白夜行】の話題クリップ

こうしたつながりができるのも、ブログならではかも。

機械的作業でできるのだろう。

2006-02-12 このエントリーを含むブックマーク

あかね雲

ついに原稿をあげた。長かった!

▼2月12日 原稿送付【ブログ若手研】

夜、山本一力の「あかね雲」の続きを読む。(2002年直木賞

人間生き方を思う。

永吉の妻、おふくの結婚前とその後の子どもが生まれてからの変貌を思う。

第二部は、子どもの悟郎が主人公らしい。

第一部の同じ場面を、主人公を変えて、悟郎の視点から描く手法はおもしろい。

◆◆◆今日の出来事◆◆◆

トリノオリンピックは、上村愛子5位のすべりを家族で何度も見る。

スキーに行っている中2の娘、「今ごろ何してるかね。」

○小6の息子、知多のサッカー大会、優勝!(スイーパー) おめでとう。しかし、久しぶりの優勝のような…。

家内お雛様を出す。

2006-02-11 トリノオリンピック開幕 このエントリーを含むブックマーク

トリノオリンピックが開幕しましたね。

夜入場行進を見ていて、いよいよ日本が画面にでたとき、思わず

「あっ、ニッポンだ」と言ってしまった。

すると、子ども家内

「何でそんな大きな声だすの。」

「そんなに、嬉しいの?」と

笑う。

応援するつもりが、つい大きな声になってしまった。

中2の娘は明日から、2泊3日のスキー合宿山田牧場へ行く。準備で忙しそう。

いってらっしゃい。

小6の息子は、サツカーの試合で南知多へ。

朝、集合場所まで送っていく。

サッカーの試合も少なくなってきました。

2006-02-05 山本一力「あかね雲」 このエントリーを含むブックマーク

みなさんは、山本一力という作家をご存知ですか。

時代小説の書き手ですが、昭和23年生まれながら、

平成9年になってから、新人賞を受賞された方だそうです。

あかね雲』を読み始めしまた。(365ページ分の196ページまで)

いいです。

江戸時代の職人さん、庶民の生き方が題材になっています。

山本周五郎藤沢周平よりも、もっと、庶民の日常です。

‘ι職人さんの堅気な仕事ぶりがいいです。

△泙拭◆崙發鉾襪瓩襦廚箸いΔ海箸里垢个蕕靴い機⊃佑妨世錣覆い海箸糧徳を感じました。

(相州屋の清衛門とその妻のはからい)


*サツカー、当番でした

今日は、サッカーの世話の当番で、子どもを乗せて、知多市の小学校へ。

昨日、今日と息子のサッカーは知多です。今日は、昨日予選リーグを2位でぬけて、決勝リーグでした。6チームで行いました。

車の中で、読書も。お昼は、家内作のお茶漬け。これ、お湯があればOKです。いいですよ。サッカー当番のみなさんに評判でした。オススメですよ。

帰りろうしたら車がエンスト。Iさんに助けていただきました。子どもたちには、さざん言われました。

2006-02-04 家内の車 このエントリーを含むブックマーク

家内の車が調子よくありません。

ディーゼルのオイル漏れ

バッテリーがあがる。

3月車検

究めつけは、ディーゼル禁止。

少し前から相談していました。

中古車で、1boxです。

パソコンで調べはじめ、今日、ついに決めました。

関係する情報はからなり集まりました。

このあたりは、パソコンが得意とするところですね。

遠かったですが、名古屋まで、片道1時間20分ほど。

家内は、まあ気に入った様子。

家内と二人、久しぶりのドライブでした。

2月中には、入る予定です。

しかし、遠いなあ。

2006-02-01 トリノオリンピック開幕 このエントリーを含むブックマーク

wakate2006-02-01

トリノオリンピックが開幕しましたね。

夜、開会式の様子をテレビでやっていました。

日本選手が入場する場面で、思わず

「あっ、日本だ。」

と思わず大きな声を出してしまいました。

すると子どもたちに

「お父さん、なんでそんな大きな声だすの。」

「そんなに嬉しいの?」

とまた、言われてしまいました。

「がんばれ!」という気持ちがつい言葉となって…。





トリノオリンピックが開幕した。

夜入場行進を見ていて、いよいよ日本が画面にでたとき、思わず

「あっ、ニッポンだ」と言ってしまった。

すると、子ども家内

「何でそんな大きな声だすの。」

「そんなに、嬉しいの?」と

笑う。

応援するつもりが、つい大きな声になってしまった。

中2の娘は明日から、2泊3日のスキー合宿山田牧場へ行く。準備で忙しそう。

いってらっしゃい。

小6の息子は、サツカーの試合で南知多へ。

朝、集合場所まで送っていく。

サッカーの試合も少なくなってきた。


ついに、原稿をあげた。

2006-01-30 魔のソーセージ事件 このエントリーを含むブックマーク

魚肉ソーセージをご存知ですか。

今日電子レンジで温めて食べようと思いました。

ホットドックのようになるだろうと。

スイッチを入れて間もなく、

電子レンジがボンと音を立てました。

ソーセージが爆発しました。

電子レンジの中には、

ソーセージが飛び散っていました。

もう、子どもたち全員から笑われるやら、

「そんなの当たり前じゃん」

と言わせるやら、さんざんでした。

みなさんは、ご存知でしたか?

父親の威厳が、また、落ちてしまったお話でした。

NONNON 2006/01/31 00:15 大失敗でしたね。でも、親しみがあって素敵なお父さんって感じですよ。
 そういう私は卵をやってしまいました。
 こわいですよねー。そして、後片付けが大変でした・・・。(涙)
      親しみを感じるおばさんより

かわさんかわさん 2006/01/31 01:04 ほんと、大失敗。しかし、うまくいくと思ったんですがね。

NONNON 2006/01/31 21:05

失敗は成功の元ですね。
私は失敗をすると、いつもそう思って自分を慰めています。そうすると本当に覚えるんです。
 そして失敗すると、一生忘れないんですよね♪

wakatewakate 2006/02/04 01:18 NON、優しいお言葉、ありがとうございます。

2006-01-29 『ブログ道』を読む このエントリーを含むブックマーク

私のブログ師匠さんのような方から、オススメですよ、と本を貸していただきました。

ブログ道』(久米信行著:NTT出版)です。

今、はじめにと心得編を読んだところですが、

感動がいくつもありました。

以下は、私がお師匠に送ったメールです。

=======================================

メール道』とあと一冊、ありがとうございました。

メール道』

・はじめに

・3章心得編

読みました。3章はメモを取りながら読みました。

あとがき

ブログ道」とは自己表現を行いながら、自己実現をめざす道

とありました。

この言葉、心に響きました。

私は、学校とは別に教員仲間で社会科サークルをしています。

サークル活動とプログ活動(?)の共通点に気付きました。

心得編のほとんどの内容がサークル活動にもあてはまるのですよ。

 ※中略

私は、よき縁者ではありませんが、

高木さんが、私を「縁者」として扱い、

育ててくたさったのですね。※以下、略

ブログに対する見方が変わりました。

オススメですよ。

元気な子供達元気な子供達 2006/02/04 22:36 子供達の明るい生き生きとした表情にとてもとても嬉しい気持ちに成りました。(おじいちゃん)
1流選手にふれ、多くの事を学んだ事でしょう。