スマートフォン用の表示で見る

山本周五郎

読書

山本周五郎

やまもとしゅうごろう

山本周五郎

Yamamoto Shugoro

1903-1967

山梨県生まれ。小説家。小学校卒業後、東京木挽町山本周五郎商店に徒弟として住み込み、その店名が作家名となる。1926年(大正15年)『須磨寺付近?』が文壇出世作となる。1943年上期の直木賞に『日本婦道記?』が推されるが、受賞を固辞する。大作『樅の木は残った』、『赤ひげ診療譚』、『青べか物語』などが代表作。