ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

京都府議会議員 わたなべ邦子ブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-01-26

| ■を含むブックマーク ■のブックマークコメント

f:id:watanabekuniko:20180130130906j:image:h250




f:id:watanabekuniko:20180206144234j:image:w250 f:id:watanabekuniko:20180206144230j:image:w250

f:id:watanabekuniko:20180206144233j:image:w250 f:id:watanabekuniko:20180206144231j:image:w250

f:id:watanabekuniko:20180206144232j:image:h250


1月26日

第55回

京都府私立幼稚園 かいが展

『こどもが まんなか

〜君にキラキラ 笑顔のおくりもの

みんな大好き おうたの世界〜』

をテーマに、1月24日から29日までのご開催でした。

こどもたちの生き生きとした絵画の数々と、毎年テーマを決めた展示が楽しみですが、

今年は、特に音楽をテーマに、会場入り口には、大きなグランドピアノ!!

エントランスには、『ドレミファソラシド』を頭文字とするクイズのような飾り付けがあり、

とっても楽しかったです。

フラリーパッドさんのミニコンサートもあり、京都府人権啓発イメージソング『えがおのおくりもの』も、

作詞家の鮎川めぐみさんや、こどもたちと一緒に盛り上がりました!

それにしても、この頃のフラリーパッドさん、素晴らしい演奏に加えて、

こどもたちとのやりとりもお上手になられて、まるで、歌のお兄さんみたい。

2018-01-24

| ■を含むブックマーク ■のブックマークコメント

f:id:watanabekuniko:20180130132424j:image:w250

f:id:watanabekuniko:20180130132420j:image:w250 f:id:watanabekuniko:20180130132422j:image:w250

1月24日

【 府議会自民党 政調会 管外調査 3 】

鹿児島市議会で、

明治維新150年 カウントダウン事業』について、お聞きしました。

歴史に触れ、今に生かし、未来を拓く『維新ふるさと 鹿児島市』を目指して、

平成24年から、毎年、150年前の出来事に因んだテーマを決めて、様々な事業を展開。

目的は、

? 市民の郷土「鹿児島」への誇りと愛着の醸成

? 次代を担う青少年の育成

? 観光振興をはじめとする地いき経済の活性化

今年から大河ドラマ西郷どん』が始まりましたが、その誘致にも、

多大なご尽力をされた、郷土愛たっぷりのキーパーソンの存在が大きいとのこと!



f:id:watanabekuniko:20180130132426j:image:w250 f:id:watanabekuniko:20180130132427j:image:w250

f:id:watanabekuniko:20180130132425j:image:w250 f:id:watanabekuniko:20180130132423j:image:w250

f:id:watanabekuniko:20180130132421j:image:w250

午前中の調査を終えて、

鹿児島中央駅から、熊本駅に移動。

みずほ614号』で約40分間。

それぞれの駅は、

西郷どん』と『くまモン』一色!


f:id:watanabekuniko:20180206143453j:image:w250 f:id:watanabekuniko:20180206143450j:image:w250

f:id:watanabekuniko:20180206143452j:image:w250 f:id:watanabekuniko:20180206143451j:image:w250

【 府議会自民党 政調会 管外調査 4 】

2016年4月に発生した熊本地震で被災し、今も校内で工事中の箇所がある熊本県立東稜高等学校。

熊本地震後、京都府立東稜高校生が、自分たちに何ができるかと生徒会で考えたところ、

同じ校名の東稜高等学校が被災されたと知り、寄付や文化祭でお茶席や模擬店での売り上げ等、

21万円を熊本県立東稜高等学校に贈呈。

その後、熊本から校長先生や生徒会長が京都にお礼に来られ、またその後、

来年から、京都府立東稜高等学校では、防災や減災について学ぶ『ライフ

マネジメント』クラスがスタートするということもあり、京都の東稜高校生徒会の皆さんらが、熊本県立東稜高等学校を訪問。

また、その後、熊本から生徒会長や、新たに立ち上げられた防災委員会の委員長らが、京都の取り組みを研究しようと来校。

京都府立東稜高校の文化祭で、それらの様子を報告しておられる生徒会の皆さんのお話をお聞きして、

ぜひ、熊本県立東稜高等学校をお伺いしたいと思っていました。

前日には、くまモンが、京都にお礼に来てくれたそうで、早速、その写真を掲示してくださっていました。

地震の際の状況や、避難所としての役割、その後の防災・減災についての取り組みについてなど、

お聞きするとともに、熊本京都の高校生のつながり、学び合いが、これからも続くことを心から期待しています。

2018-01-23

| ■を含むブックマーク ■のブックマークコメント


f:id:watanabekuniko:20180125101340j:image:w250

1月23日

京都府議会自民党 議員団 政調会の管外調査 】

伊丹から、鹿児島まで飛行機で約1時間15分。

機内で事前調査資料に目を通して、

バスで、鹿児島県南九州市

『南薩食鳥株式会社』さんと

鹿児島市喜入一倉町の

鹿児島市農業公園「グリーンファーム」へと向かっています。



f:id:watanabekuniko:20180130131124j:image:w250 f:id:watanabekuniko:20180130131120j:image:w250

f:id:watanabekuniko:20180130131121j:image:w250 f:id:watanabekuniko:20180130131119j:image:w250


【 府議会自民党 政調会 管外調査 1 】

鹿児島県南九州市

『南薩食鳥株式会社

ハラール取り扱いの経緯と取り組み概要について。

採卵鶏、種鷄を主体とする、国内最大規模の食鳥処理・販売会社が、

モモ肉に比べて国内では需要の低い、ムネ・ササミの活用が課題となっていた中で、

それらを好んで食される、ムスリム(イスラム教徒)の皆さんの食材である『ハラール』に着目。

2012年に、ローカルハラール認証を取得し、留学生や在日ムスリムとの積極的な交流を深めながら、

厳格なお祈りをしてから屠殺する必要があり、ムスリムの方の雇用等に苦労されながら、生産増、販路拡大に努めておられます。

京都では、まだまだ、ハラール対応できるお店が少なく、今後の対応が課題となっている中、参考にできればと思います。




f:id:watanabekuniko:20180130131117j:image:w250 f:id:watanabekuniko:20180130131123j:image:h250

f:id:watanabekuniko:20180130131116j:image:w250 f:id:watanabekuniko:20180130131118j:image:w250

f:id:watanabekuniko:20180130131122j:image:w250

【 府議会自民党 政調会 管外調査 2 】

鹿児島市農業公園

『グリーン・ファーム』

農村地域の魅力ある資源を活用した農業体験や都市・農村交流の拠点として、

体験用農地や農産物直売館、農園レストラン等を、平成24年11月にオープン。

市民をはじめ、修学旅行生や観光客の皆様が農業や環境に関する、様々な体験・学習をできる『体験学習ゾーン』

『地域交流ゾーン』『民間参画ゾーン』合わせて総面積41.3haという広大な施設!

調査当日は、厳しい寒さの中、ほとんど利用者の皆様に出会わないという状況であり、

毎月 約1000万円の公費を注いでの運営は、なかなか大変であろうと感じました。

京都府内の施設についても、建設するだけでなく、続けて有意義に活用していくための工夫が重要だと改めて思いました。











f:id:watanabekuniko:20180125101338j:image:h250    「f:id:watanabekuniko:20180125101339j:image:h250


綾部市長選挙!!

1月21日告示、28日投開票!!

3期目を目指す、自民党公明党推薦の『山崎 ぜんや』候補を、

山崎市長候補とは同じ歳という親近感もあり、

色々お話する中で、綾部市政に寄せる熱い想いをヒシヒシと感じ、心からご当選をお祈りしています。

明日から3日間の九州出張もあり、なかなか応援に寄せていただけませんが、

ぜひ、綾部の皆様の力強いご支援をよろしくお願いいたします。