ダイエット日記

2009-09-01

無条件に肉を食べなければむしろマイナス

12:03

いくらダイエットをしても蛋白質摂取は必ず必要だから肉類を無条件に避けてはいけない。

ただ、肉類を食べる時はできるだけ脂肪が少ない部位を選択した方が良い。

豆や豆腐・サバなど良質の蛋白質が豊富で、カロリーは低い食品に変えればより一層効果的だ。

カロリーが低い和食

12:02

食べ物はダイエットに役に立つことに変えなければならない。

まずインスタント食べ物・ファーストフード・加工食品・脂っこい食べ物・小麦粉などは遠慮すべきで、酒とコーヒー・清涼飲料等も避けた方が良い。

ダイエット献立では和食が最も良いが、各種栄養素はまんべんなく整えていて、脂身が少なくてダイエットにはあつらえ向きであるためだ。

できるだけ和食で食べるもののカロリーが低い食材料を選択する。

突然食事量を減らすな

11:58

からだに入ってくる栄養分をしきりに保存しようとするから太りやすい。

私たちのからだが安心して食べ物を消化・吸収・排せつすることができるように一定の量を摂取しなければならない。

一緒に摂取量はダイエット目標と自身のからだ状態を考慮して以前より縮めることが必要だが、突然食事量を減らせば本人も大変だが、からだも簡単に適応できないから徐々に減らすようにする。

おやつはできるだけ慎んだ方が良いがとてもお腹がすく時は食事と食事の間に野菜ジュースや牛乳・さつまいも・・果物などを少量摂取して空腹をなだめれば効果的だ。

フィットネス

11:55

最も良い方法はフィットネス倶楽部に行けば、インボディーのような我が身に対して測定する機械があります。

それで自分の体脂肪率や筋力量からだ比率などを見て運動方法を組むのが最も良い方法でしょう。

飲み物だけ見ても100カロリーは基本越える製品らが多いです。カロリーだけ高いのでなく糖分なども菓子も買い食い絶を対切るべきです。

私たちの体が食べないでクセになれば胃が与えるが食事量がとにかく減ります。

リバウンドをしない

11:52

菜食が良いとはいえ、後ほどリバウンドをおこすこともできますね。

そして野菜とみな熱量が低いのがありません。

さつまいものような食物繊維が多い食品や鳥のささみや牛肉卵のような蛋白質をある程度食べながら筋力運動をして下されば短期的には筋肉ができて、素早く太ることもつなぐが長期的に体重減量に多くの役に立つでしょう。

どうせなら有酸素運動で無理な運動しないでジョギングのような軽い運動のようなことを食事療法だけで抜くことより大きい効果をみられることができるでしょう。