空戯れ日記H

Download - Android くまタイマ 魔法使いのソリティア クロンダイク 計算 弱肉強食 MINE ROAD Punky Tank Garden Diary DungeonDiary メンタラリスメティック Shopping Note Shortcut Image Clover Widget シンプルタイマー
Download - iOS and Other くまタイマ for iOS 魔法使いのソリティア クロンダイク 計算 弱肉強食 MINE ROAD for iOS Punky Tank for iOS           NEET ROAD for Windows twitter
日記内の記事 くまタイマ for iOS   計算 弱肉強食 MINE ROAD Punky Tank Garden Diary DungeonDiary メンタラリスメティック Shopping Note Clover Widget

2016-04-09 (Sat)

[]桜の時


f:id:windbell:20160409100526j:image:w360


航空公園の南を流れるドブ川は、その両岸が桜並木になっていて、かなり長い距離を川沿いに歩くことができる。

車道有り、遊歩道チックなところあり、ちょっとヤバ気なケモノみち風のところあり。


本日は、航空公園南東のあたりから、関越自動車道のあたりまでを歩いて桜の写真をたくさん撮った。

具体的には、

←この辺からこの辺まで→

歩いた行程で撮った写真をあげていく。

#距離にすると片道だいたい5km強くらい?



続きを読む

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/windbell/20160409

2016-04-08 (Fri)

[][]GooglePlayにリリース済みcocos2d-x製AndroidアプリでOpenSSLの警告が表示される(2.2.X系)


2年ほど前にもあったOpenSSLライブラリ要差し替えの問題がまた出現。

OpenSSLのバージョンを1.02f/1.01r以上にする必要がある模様。

とりあえず以下で対処、警告がなくなったのを確認。


ただし、しばらく待てば、対処の入ったv3.11/v2.2.7がリリースされるようなので、急がない人はそれを待って対処するのが良いかも。


→公式の対処情報はこれかも

http://blog.cocos2d-x.org/2016/04/openssl-update/


あとv3.11が出たらしい(けど公式にはまだリンクがない)

#2016.05.12


以下は古い話なので閉じました。


続きを読む

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/windbell/20160408

2016-01-31 (Sun)

[][]ポリポリクラブ出張版の感想、その他


個人的なメモ。

-


ポリポリクラブ出張版「ゲーム作り快感の瞬間!うぅ」in自作ゲームエリア@闘会議2016

http://live.nicovideo.jp/gate/lv249454179


ポリポリクラブ出張版、面白かった。VRの音の話とか良かったな。


ヤマダくんのGの話も。私はアレ絶対タッチパネルでやっちゃダメなデザインだと思ってるけど、それは私がGに生理的嫌悪感を抱く人間だからで、たぶん似たようなこと他人に対して私もやってる。


生理的嫌悪感(生理的にダメ)っていうのはもうどうしようもなくて、そのボーダーは人それぞれ様々で、ボーダー越えちゃうものがあるともうそれが目に付くだけでものすごいストレスで、そういうのはもう視界から外すしかない。あるいはそばを離れるしかない。でないと理屈じゃ解決できない精神的苦痛にずっと堪え忍ばなければならない。そんなことしてたら病んじゃう。


でも悪戯というか、悪魔的な欲望って言うのは確かにある。

「消えないように キズつけてあげるよ」みたいなのは私の中にもある。

ルサンチマンとかそういうのが絡んでそうで嫌だけど。

なので、なるべくそういうのはうっかり出したりねじ込んだりしないように気をつけないといけないと思ってる。


演劇とかは特にそういうのがありそう。昔、内田栄一のアレな小説を読んでいて、演劇って結構凄いなと感じたことがある。お客さんを箱の中に閉じこめて、同じ空気を共有するっていうのは、なかなか凄いことなんだなと。悪いことしようと思えば簡単にできるんだよね。もちろんしないわけだけど。


学生の頃観た演劇で、劇場の入り口で何かを渡されるんだったか、何だったか忘れたけど、とにかく入り口で何かワンクッションあって、そのまま入って演劇を観ていると、あるときふっと観客席がブラックライト?みたいな特殊なライトで照らされて、気づくと芝居を観ている人たちみんなの肩とかにキラキラ光る粉末のようなものがライトの加減で浮き上がって見えて、もちろん自分の身体にもその何かが光っていて、えっなにコレいつ仕込まれたんだ?っていうギミックがあった。演劇の内容からして、おそらくそのギミック自体がなんかのメタファーだったんだろうけど、なかなかいろんなことを考えさせられて面白かった。






トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/windbell/20160131