workroom diaries

2010-06-16

【ワークルームの手芸教室「世界の刺繍を刺そう」】第2回:こぎん刺し

| 15:20

f:id:workroom01:20100616210041j:image

「世界の刺繍を刺そう」がテーマの手芸教室

第2回目は日本に戻り「こぎん刺し」に取り組みました。

雪深い青森県津軽地方の暮らしのなかで

300年以上にわたり受け継がれてきた日本刺繍です。


もとは藍染めの生地に白い糸で刺すのが定番ですが、

今回は、白、生成り、ネイビーの3色のコースターから

2枚を選び、好きな色のこぎん糸で刺していきました。

モチーフは、伝統的なクルビカラ(胡桃殻)。

f:id:workroom01:20100616205533j:image

同じモチーフを刺しても、

こぎん糸の選び方や組み合わせで印象がずいぶん変わります。

個性豊かなコースターが出来上がりました。

f:id:workroom01:20100616220557j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/workroom01/20100616/1276842009