workshop PCエンジンおしゃれ計画

PCエンジンの話題だけを手早く見たい方はここをクリック

2003|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|11|12|
2013|03|05|06|08|10|11|12|
2014|01|02|03|04|

workshop PCエンジンおしゃれ計画  | workshop_blog カ写 掲示板 mixi Otaba

写真共有Flickr 携帯百景 Twitter tumblr YouTube @nifty翻訳  | Y!blog検索 はブ 

 

2014-04-01

消費税増税記念で20円のチロルチョコと40円のチュッパチャップスなどを様々なコンビニチェーン店で買ってみたら、ちょっとした違いに気が付いた。 消費税増税記念で20円のチロルチョコと40円のチュッパチャップスなどを様々なコンビニチェーン店で買ってみたら、ちょっとした違いに気が付いた。を含むブックマーク

Sweets!

 

http://www.tirol-choco.com/

★チロルチョコ株式会社

 

http://www.chupachups.jp/

Chupa Chups - Official Site

 

2014年4月1日から消費税増税されて税率が8%になりました。

増税記念に最初に買おうと思っていた商品が「チロルチョコ」と「チュッパチャップス」。

「チロルチョコ」は…20円で、かつチロルチョコ株式会社本社が秋葉原にあるので、

「チュッパチャップス」は自分が好きなキャンディーからです。

 

早速、コンビニで購入してみたところ、

まずはチロルチョコで面白いことに気が付きました。

 

驚いた、消費税額8パーセントへの変更で、セブンイレブンとローソンではチロルチョコの販売価格が違ってしまうんだ。

セブンイレブンではチロルチョコがひとつ21円で、ローソンだとチロルチョコは22円。

なんとふたつのお店では、チロルチョコ1個の価格に「1円もの大差」(4.76%もの大差)が出ています

これは予想外の展開!

 

Sweets prices!

気になったので近所のコンビニを色々とまわって、

チロルチョコ1個と、チュッパチャップス(もしくは同額の商品)ひとつを購入して価格差を比べてみました。

調査した店舗は、セブンイレブンローソンファミリーマートサークルKサンクスミニストップ・デイリーヤマザキ・ポプラ

(注:このなかで、ポプラでは購入ミスして税込み42円の商品を買ってしまいました)

チロルチョコ一個と、チュッパチャップス(もしくは同額の商品)ひとつを購入したときに支払った消費税額はどのお店も4円。

チュッパチャップス(もしくは同額の商品)ひとつ税込み価格は、どのお店も43円(注:ポプラの購入金額だけ1円ミスしてます)。

チロルチョコ1個の税込み価格はほとんどのお店が21円でローソンけが22円。

なのでローソンの支払金額が他店よりも1円多くなってます

 

チロルチョコの場合20円と消費税分8%を足して「21.6円」、

チュッパチャップスの場合は40円と消費税分8%を足して「43.2円」なので

このことから察するに、「内税方式」をとってるコンビニエンスストア

今までの価格のままで税率上昇分だけ上乗せして商品継続販売する場合に、

ローソン以外のコンビニエンスチェーンは税金の1円未満の端数を切り捨てしていて、

ローソンけが1円未満の端数を四捨五入したのではないかなぁ…と推測します。

 

 

tirol-choco 5 pieces : The Prices are not same at 2 stores!

ちなみに、セブンイレブンローソンで同じチロルチョコを5個買ってみると…こういう結果に。

セブンイレブンだと21円x5個で合計金額は105円(内消費税など7円)

ローソンだと22円x5個で合計金額は110円(内消費税など8円)

ふたつのお店での支払い金額差は5円、(今回の消費税増税分3%を大きく上回る)4.76%もの大差がつき、

消費税の総支払額にも1円の差がつきました。

 

これ、外税方式だとここまでの支払金額差が出ないはずなんですよね…。う〜ん。

2014-03-21

お台場で行われた、実物大ガンダムへのプロジェクションマッピングイベント観てきた。 お台場で行われた、実物大ガンダムへのプロジェクションマッピングイベント観てきた。を含むブックマーク

TOKYO GUNDAM project 2014 : GUNDAM projection mapping

ガンダムの後ろ姿と、整備員の作業服を着たDJ

 

http://www.tokyo-gundam-project.jp/

TGP2014|TOKYO GUNDAM PROJECT 2014

 

3月20日に、お台場のダイバーシティ東京、ガンダムフロント東京前の

実物大ガンダム立像」に行われたプロジェクションマッピングイベント

TOKYOガンダムプロジェクト2014ガンダムプロジェクションマッピング "Industrial Revolution"-to the future-」

撮影してきました。

TOKYO GUNDAM project 2014 : GUNDAM projection mapping

当日17時過ぎにインターネット情報公開された突発イベント

しかもこの日の天気は雨模様という悪条件にもかかわらず、

会場には大勢ガンダムファンの皆さんが駆けつけました。

(自分も、お台場ガンダム立像前に到着したのはイベント開始ギリギリでした)

 

TOKYO GUNDAM project 2014 : GUNDAM projection mapping

実物大ガンダムの隣には、このイベントの為に用意されたDJブースが!

 

D

動画は、3月20日夜8時からプロジェクションマッピングの様子です。

DMC-LF1の動画機能撮影。慌てて撮影セッティングしたので若干ピンぼけしています(泣)

フィギュアや巨大美術作品などの、細かい凹凸が多くて上下方向への高さもかなりある立体構造物への、

近接距離からプロジェクションマッピングはかなり難易度が高いのですが、

難しい処理をかなりうまいこと処理してました、すごいです。

ちょっと大きいフィギュア」へのプロジェクションマッピング、今後流行るかも知れないなぁ…。

 

プロジェクションマッピング3月23日(日)まで、19時から30分おきに行われるそうです。

ぜひ、現地で生の光景を見てほしいです、都合の付く方はカメラ持参でお台場へ!

 

ところで、この実物大ガンダムへのプロジェクションマッピング、ご家庭でも楽しめるんですよ!

会場限定で販売される「ハコビジョン」でも再現されるとのことです。

D

http://www.bandai.co.jp/candy/hakovision/products/02ltd/

ハコビジョン 限定版 GUNDAM in DAIBA

スマホを使って楽しむ、驚愕の映像エンターテインメント食玩

ハコビジョンバンダイキャンディトイ公式サイト

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/workshop/20140321

2014-03-06

5年前に発売された、当時4万円以上したコンパクトデジタルカメラ中古4000円で購入して、色々撮ってRAW現像してみた。 5年前に発売された、当時4万円以上したコンパクトデジタルカメラを中古4000円で購入して、色々撮ってRAW現像してみた。を含むブックマーク

DMC-FX150 testshot

神田明神境内から撮影、小型三脚を使ってマニュアル撮影してます。Lightroom5.3で現像

 

愛用していたSONYのDSC-W300*1が不調になってしまった*2ので、

「記録メモ代わりになる、そして面白そうなコンデジ」を探してたのですが、

なかなか代わりになりそうないいカメラが見つから

…とりあえずの繋ぎとして、中古コンデジを購入しました。

  

http://dc.watch.impress.co.jp/cda/review/2008/08/25/9061.html

【新製品レビューパナソニックLUMIX DMC-FX150」:デジカメwatch

 

購入したのは、パナソニックLUMIX DMC-FX150。

5年前発売された頃の店頭実勢価格は45000円強。

コンパクトデジタルカメラとしては「ちょっと上の画質」を求める人向けの商品でしたが、

5年後にわたしが中古で買ったときの購入価格は、本体と充電池のみで4000円。当時の1/10以下の価格です。

デジタル製品価格下落はものすごいですね…。

 

購入の決め手になったのは「ライカ判で広角28mm相当の画角」と「RAWファイルでの記録」が可能だったこと、

そして、過去に使っていた「GR digital」と同じ電池・充電器が使えたことです。

(パナソニックコンデジは何故か今まで縁が無かったので、一度チャレンジしたかったのもあります。)

  

購入から数日間、いろいろと試し撮りしてみました。

撮影にはトランセンドの16GBの高速SDカードを使いRAW撮影して、

帰宅後にlightroom5.3で現像した後で色々いじってます

DMC-FX150 testshot

写真ワイド28mm辺りの画角撮影

ワイド側に余裕があると、撮影後の現像トリミングや傾き補正ができるのは、かなり便利ですね。

画素数が1470万画素とかなり多いのは後処理で有利です。

DMC-FX150 testshot

16:9の比率での撮影

ばっさり上下を切るトリミングをおこなっていても、1000万画素を超えています

個人的には、当時のパナソニックコンデジは、横にワイド写真の印象が強いです。

 

DMC-FX150 testshot

中心部の描写性能は、なかなか。

こういう撮影だと、本来はもう一段絞って周辺部まできっちり撮りたいところですが…

DMC-FX150の絞りは、絞り開放か、あるいはNDフィルター差し込みつつほんのすこしだけ絞るかの2択のみ。

この辺が、当時のコンデジの作りだなぁと感じます

 

DMC-FX150 testshot

ISO感度100相当(感度オート)、1/800秒、f4.2。

絞りを開いた状態でのシャッタースピードは最速1/1300秒。絞りを差し込んだ状態では最速1/2000秒。

昼間の屋外はワイド側で撮影していると、シャッター速度はかなり速くなり、

限界を超えると先述の絞り兼NDフィルター差し込まれてガクッとシャッター速度が落ちます

もう一段、中間辺りの絞りがあるとかなり使いやすくなるんですけどね。

DMC-FX150 testshot

マクロ撮影での背景のボケ具合は、こんな感じです。

DMC-FX150、当時のコンデジの常で、フォーカスする位置の任意設定に一手間かかります

当時発売されていた上位機種「DMC-LX3」にはジョイスティックが付いているので

こちらの方が操作周りはかなり色々使い勝手がいいのかもしれません。

 

 マクロでの花撮りに地味に便利だったが「追っかけフォーカス機能」。

一度合焦したあとでちょっとだけ構図をずらしたりするときにフォーカスが「食いついて」くれます

動くもの撮影に使うにはちょっと弱さを感じたのですが、動かないものを撮るときはかなり使えました。

 

 

Sanae Jyounouchi "Shirasagi no Yado" AD truck in Akihabara : DMC-FX150 testshot (fixed with lightroom5.3)

RAW撮影したファイルをlightroom5.3で色々いじって出力。

黒を締めてコントラストを上げて、肌色の白さを少し持ち上げてます。元画像こちら

逆光だとハレ気味になっているのは、ひょっとするとレンズレンズコーティング経年劣化かもしれません。

 

Satomi Satou "Mirai Night" AD truck in Akihabara : DMC-FX150 testshot

ミライナイト(初回限定盤)

ミライナイト(初回限定盤)

RAW撮影したファイルをlightroom5.3でかなり明るめに補正、アドトラック部分的にブラシ補正

jpegのオートで出てくる画質は、まぁそれなりでした。見れないほど悪くはないけれど…やっぱり補正したくなる。

 

今時のコンデジ

「色々いじるよりも、フルオート撮って出しが、やっぱりいちばん見た目が良い」結果になることが多いです。

コンデジ撮影RAW現像処理、結構大変です。現像とか煩わしいことをしたくなければオート撮影が優秀な新しい機種がいいかも。

 

DMC-FX150 testshot

柳森神社撮影*3

RAW現像するときに、杓子にあたる光のハイライトをかなり強引に押さえつけました。

今時のコンパクトカメラならおそらくオートで「HDR撮影」を使う場面だと思います

 

DMC-FX150 testshot

CCD機のメリットひとつは、低感度撮影での「色乗り」の良さ。

特に、撮って出しレベルでは、CMOS機と色の発色に差が出てきます

ISO感度100〜200相当で撮影できる場面では、ホワイトバランスが適切ならかなり良い感じで撮影できました。

 

DMC-FX150 testshot

その一方で、感度400相当から上は…正直、いろいろな部分がしんどいです。

RAW撮りでみっちりノイズ処理をかけるなら感度400で我慢、画質をガクッと落としてもいいのなら感度800…が使えるかなぁ…(不安気に)。

DMC-FX150はプログラムモードでISO感度の上限とシャッター速度の下限が設定できます

手ぶれ補正がなかなか優秀なので、低速シャッターを上手く使うことが使いこなしのポイントです。

 

DMC-FX150 testshot

感度400相当辺りが使いづらいことは、冬の夕暮れ時の撮影にはかなり不利です。

パナソニックコンパクトカメラは手ぶれ補正が優秀なのですが、

被写体ブレをうまく止めるには明るいレンズと高感度が必要です。

この写真だと、ビルなどはそれなりに止まっていますが、歩行者はかなり被写体ブレしています

 

"SOUL SACRIFICE DELTA" billboard at Sofmap Amusement bld. in Akihabara

一方、低感度で長時間露光をしたときにはかなり頑張ってくれました。

感度100相当、5秒露光(三脚使用)。lightroom5.3でみっちり処理。

コンパクトデジカメでこれだけ写れば、満足です。

 

予想以上に面白かったのが、撮影後のRAWデータの白黒処理加工。

コンデジjpeg撮影した画像からだとなかなか難しい後処理ですが、

RAWデータがあればlightroomプリセットでかなり楽しめます

DMC-FX150 testshot

RAWデータをLightroom5.3で現像プリセットブルーコントラスト(高)フィルター使用。

DMC-FX150 testshot (fixed picture)

RAWデータをLightroom5.3で現像プリセットグリーンフィルターで白黒処理したあと、水面をブラシ補正

 

コンパクトなデジタルカメラRAWデータの白黒フィルター処理は、ちょっと遊ぶときには色々相性が良いみたいです。

本来の白黒フィルムのような広いラチチュードはないので、焼きこみや多い焼きを多用することはできませんが、

「それっぽい雰囲気」を出すのが主なら、これはこれで色々面白いです。

 

今回のDMC-FX150でテスト撮影した画像はこちらにまとめています

http://www.flickr.com/photos/workshop/sets/72157641536460853/

DMC-FX150 testshot. - a set on Flick

 

 

率直な感想ですが…

5年前のコンパクトデジタルカメラを、中古で購入して使うのは…正直厳しかったです。

昔高かった機種が、今とても安くなっているからといって飛びつくのは、お薦めできません。

 

実際に5年前のコンデジを新しく買ってみてわかった問題点は、

・年式が経ってる中古機種は、レンズ周りやCCDなど各部が経年劣化していて不意の故障がおこりそうで不安

付属の充電池がかなり劣化して撮影枚数が減っているので、旅行などでいっぱい撮るときは予備電池を買い足す必要がある

フルオート撮影では今のコンパクトデジカメに比べて、時々撮影にコツが必要になる。

RAW現像できれば画質がグッと良くなる機種でも限界があるし、メモ代わりの撮影なら撮って出しjpegが優秀なほうが楽でいい。

などなど。

 

昔のコンデジでも今のコンデジでも「頑張れば、撮れる」写真結構多いです。

ですが…そういう場面で5年前当時のコンデジを使って上手く撮るには「かなり頑張る」必要があって、

これがもう少し年式が新しくなると、高感度が使いやすくオート撮影や諸機能が良くなってるので、

「ほんの少し頑張る」だけで色々な場面が撮れるようになったことが多いです。

 

使い込んでいると、DMC-FX150には古いコンデジならではの面白い要素もあったのですが、

普通の人はあまり頑張らなくてすむ、気苦労しないカメラの方がお薦めですよ。

いろいろ普通じゃない人なら…まぁ引き止めはしません。労の割には益が少ないですが…。

 

 

 

今、安くそれなりに使える画質のコンパクトデジカメを買い足すなら、

市場価格がかなり下がっている「2年前くらいの中古コンデジ」を買うか、

あるいはAmazonなどを探して、新品でも実売2万円強程度の優れたコンデジを狙い撃つのが良いと思います

…中堅どころのコンパクトカメラは、機種によっては安くてもいい画質の機種も多いのですよ…

 

http://wivern.exblog.jp/20296108/

Nikon】最強のスナップコンデジだと思ってたらホントに最強だった【P330】 : 超音速備忘録

Nikon COOLPIX P330

少し大きくて、諸動作にもっさり感があり、セミオートでの操作性は癖がある(婉曲表現)機種ですが、

フルオートで撮る写真の仕上がりはかなり優秀です。

CP+で後継機が発表されたので、安く買うなら今がお薦めです。

 

Canon PowerShot S200。

今時CCD機種なのか(汗)と突っ込まれるところもあるのですが、

とてもコンパクトで使いやすく、写真の仕上がりはフルオートでもかなり優秀でした。

名機PowerShot S95と違いRAW撮りはできないことにご注意ください。

*1:参考:SONYコンデジDSC-W300購入して撮り始めてます…う〜む、これは当たるとすごいが、なかなか一筋縄ではいかないカメラだ。 - workshop PCエンジンおしゃれ計画 http://d.hatena.ne.jp/workshop/20120509/p2

*2CCDゴミが乗ってしまった

*3:この場所のこの構図、明暗差が激しく出る場所なので、よくテスト撮りに使ってます

RemedyRemedy 2014/03/16 18:30 そういえば、前のDSC-W300も中古でしたね…
コンデジのオートで撮って、Lightroomで色々編集するのも面白そうですね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/workshop/20140306
 

最近のコメント

1. 08/11 hoge
2. 03/06 Remedy
3. 12/30 workshop
4. 04/14 workshop
5. 04/14 訪問者

最近のトラックバック

1. 04/01 Twitter / @kei_mi_story
2. 04/01 Twitter / @otikaika
3. 04/01 Twitter / @hiroaki_71
4. 04/01 Twitter / @341Dm3k
5. 03/06 Twitter / @eisan0417
プロフィール

workshop

workshop はてなダイアリープラス利用中

PCエンジンとデジカメと写真と、あといろいろ。

2625164
はてなカウンター