Hatena::ブログ(Diary)

 山田道治 ブログへ移行 https://yamadamichi.hatenablog.com/

2019-01-27 オイラーの計算

昨日の朝はジャブでよかった。

f:id:yamadamichi:20190127080224j:image

予想ではドカーンだった。

かの数学者オイラー自然数の和は(−12分の1)と言っていた(予想していた)。

つまり1+2+3+・・+・・=−1/12と。

常識ではありえないだろうが、もしかするととも思える。

真理や事実が次々否定されて今の時代がある。

今の時代常識もいずれ否定されるだろう。

そうやって時代は進む。

オイラーを信じる者は救われる。

今日はここまで。

2019-01-26 スペアリブ来る

また「かじれる」という感じだ。

f:id:yamadamichi:20190126154931j:image

最近は肉を多めにつけてくれている。ありがたい。

一度茹でて灰汁を抜き、炭火で焼く。

肉はシンプルに焼くのが一番だ。

炭はある。いつ焼くかだ。

今回はカットした。一本が長すぎるからだ。

どういう方法カットしようかいろいろ考えていたら、もう一人の住人がいとも簡単に折るではないか。

ただ者ではない。先祖狩猟民族だったに違いない。

冬でも福の神はいるのだな。

今日はここまで。

2019-01-25 この時期の春

本格的な冬に入った。

f:id:yamadamichi:20190121145415j:image

しかし春は確実に顔を出している。

この時期は、フキノトウ。3回目だ。

黄梅。寒かろうに頑張っている。使命感の強い花だ。

忘れてはいけないのが「モンバ」という海藻だ。

ぼちぼち店頭に並ぶころだと思ってのぞいてみた。

あった。寒い日本海でとれる。

「採って来い」と言われてもできない。少々高くても仕方がない。

もう1回くらいは手に入るかな。春に感謝だ。

今日はここまで。

2019-01-24 イカは居た

久しぶりに店頭で見かけた。

今では幻にイカになってしまったかな。

f:id:yamadamichi:20190119152938j:image

イカ塩辛醤油漬け)にはこれが一番だ。

それにしてもどこからやって来たのか。

アフリカ中南米出身の魚たちがいる。それを考えると、どこから来てもいい。

鳥取県では「ばばちゃん地獄鍋」が有名になっている。

ばばちゃんは鮮度の維持が大変らしい。

今度見かけたら、何とかしようかな。

今日はここまで。

2019-01-23 ボランティア31

障害のある方の施設新年会だった。

f:id:yamadamichi:20190123114019j:image

我々のバンド演奏することになった。

昼食会なので、参加者はそちらの方へ眼が向いていただろう。お酒も出ていた。

始めて行く施設だった。

若い人もたくさんおられた。

倉吉にこういう施設があるとは。

ボランティアはいいのだが、機材の運搬が大変だ。

重いものが持てなくなっている。

筋肉の量が減っているということだろう。目も。

目はどうやって鍛えるのだ。

今日はここまで。

2019-01-22 ハム試作

2週間前に下準備をしたハムを試作した。

f:id:yamadamichi:20190121155011j:image

イノシシ・鶏・ブタの3種だ。

工程確認のつもりだったが、どれも上出来だった。

試食してもらうためにスライスしてパックしたが、丸のままカットしたほうがもっと良かった。

先生によって作り方は違う。

ある先生に注目した。いい先生だった。

ハムが作れるとは。次はウィンナーかな。

これから何回か試作をしてデータを集める。

狙いはイノシシだ。

今日はここまで。

2019-01-21 活地気農法

「かっちき」と読む。

f:id:yamadamichi:20190112132826j:image

初めて聞く言葉だが、中身がある。

自然界には連作障害はない。毎年同じところに同じものが生える。何とも思わなかった。

「農」の上は「土の上に草を敷く」と言う意味だ。

納得できる農法だ。

これでやると何年もかかるかもしれない。

しかし、一部で試すことはできる。

科学肥料否定したものではない。

否定できないということは、従来通りになるかな。

今日はここまで。