“文学少女”と神に臨む作家

(読書)
ぶんがくしょうじょとかみにのぞむ

『“文学少女”と神に臨(のぞ)む作家(ロマンシェ)』
野村美月の小説。イラスト:竹岡美穂。
シリーズ最終エピソード。ファミ通文庫(エンターブレイン)より刊行。

わたしは天野遠子。ご覧のとおりの“文学少女”よ」
――そう名乗る不思議な少女との出会いから,二年。物語を食べちゃうくらい愛するこの“文学少女”に導かれ,心葉は様々なことを乗り越えてきた。けれど、遠子の卒業の日は迫り,そして――。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ