なあに、かえって免疫力がつく

(一般)
なあにかえってめんえきりょくがつ

東京新聞が2005年11月24日の筆洗に書いた名文(迷文?)

キムチは最近、寄生虫卵騒ぎで不評だが、なあに、かえって免疫力がつく。

ちなみに、サナダムシ以外の寄生虫では、人体に重篤な感染症を及ぼす事も少なくないことが知られている。

関連

  • 風の息づかいを感じていれば、事前に気配があったはずだ(毎日新聞)
  • だが、心配のしすぎではないか。(朝日新聞)
  • 一発だけなら誤射かもしれない。(朝日新聞)
  • ああ、これも小泉失政のツケか。(日刊ゲンダイ)

リスト::台詞

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ