アイソン彗星

(サイエンス)
あいそんすいせい

国際科学光学ネットワーク(ISON)のロシアチーム、Vitali NevskiとArtyom Novichonokが発見した彗星。太陽のすぐそばをかすめる「サングレイザー彗星」のひとつ。ISON。
2012年9月に発見された。近日点通過後の12月26日には、地球から0.4292天文単位(6420万km)のところを通過すると考えられている。
ちなみに近日点通過前の2013年10月1日に、火星から0.0727天文単位(1080万km)のところを通過する。
発見当初は離心率が1よりわずかながら小さな可能性もあったが、現在では離心率が1を超えた双曲線軌道の可能性がかなり高く、軌道が変わらなければ二度と太陽に向かって戻ってこないことになる。

蒸発

2013年11月29日未明、太陽に最接近する際に太陽の熱によって崩壊・蒸発した可能性があるとNASAが発表した。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ