アナウサギ

アナウサギ

(動植物)
あなうさぎ

アナウサギ【あな・うさぎ】

動物界 脊椎動物門 哺乳綱 ウサギ目 アナウサギ科。

学名、英名

アナウサギ属:Oryctolagus(オリクトラグス:ギリシャ語のorukter=穴を掘る道具+lagos=ノウサギ、の合成語)
アナウサギ:Oryctolagus cuniclus
英名:rabbit

原産

イベリア半島とアフリカ北西部が原産。
ヨーロッパ西部の他の地方には2000年前に移入された。
その後オーストラリア、ニュージーランド、南アメリカなどにも移入され、ほぼ世界制覇。
オーストリアでは害獣として深刻な問題も起きている。

特徴

地中に穴を掘って「ワレン」と呼ばれるコロニーを作り、集団生活する。この為人間にも慣れやすい。
人間がペットとして飼育しているウサギは、アナウサギの亜種。
怒ったり喜んだりすると「ブゥブゥ」と鳴く(声帯がないので食道が鳴る)

関連キーワード

新着ブログ: アナウサギ