アパッチ族

(一般)
あぱっちぞく

(1)インディアンの最強民族

(2)資源ごみとして収集されている物を不法に回収する人々。第二次世界大戦後の日本で、大阪を中心に、鉄くずを不法に回収する人たちをアパッチ族と呼んだ。彼らをモデルにして、開高健『日本三文オペラ』、小松左京『日本アパッチ族』、梁石日『夜を賭けて』などの小説が書かれた。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ