アリオラジャパン

(音楽)
ありおらじゃぱん

アリオラジャパン(Ariola Japan)は、ソニー・ミュージックレーベルズのレコードレーベル。
小田和正、スキマスイッチ、AZU、ザ・クロマニヨンズなどが所属。かつてはスガシカオ、SEAMOが所属していた。
プライベートレーベルとして小田和正は「Little Tokyo」、オフィスオーガスタ所属アーティストは「オーガスタレコード」(AUGUSTA RECORDS)を使用。

沿革

  • 2008年10月 - BMG JAPANがソニー・ミュージックエンタテインメントの完全子会社となる。
  • 2009年6月 - BMG JAPANが国内制作部門(アリオラジャパン)と洋楽部門(RCA/JIVEグループ)に分離。
  • 2009年10月 - 株式会社アリオラジャパン(Ariola Japan Inc.)が新設分割により設立。国内制作部門はアリオラジャパンへ、洋楽部門(RCA/JIVEグループ)はソニー・ミュージックジャパンインターナショナルへ営業譲渡され、BMG JAPANはソニー・ミュージックエンタテインメントに吸収合併され解散。
  • 2014年4月1日 - ソニー・ミュージックレコーズがSMEの傘下レコード会社7社を吸収合併し、株式会社ソニー・ミュージックレーベルズが発足。アリオラジャパンは同社の社内レーベルとなる。
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ