アルカ

(一般)
あるか

概要

アルカとはseren=arbazard(1981-)らが作ったアプリオリな芸術言語である。
1991年に制作が始まり、現在まで10000語以上の語彙が作られてきた。
詳細は公式サイト参照

基本概要

創案者 セレン・アルバザード
創案時期 1991年
設定と使用 カルディアの国際補助語
母語話者数 若干名
目的による分類

  • 人工言語
    • 芸術言語
      • アルカ

表記体系 幻字
参考言語による分類 アプリオリ言語

公的地位

公用語 なし
統制機関 人工言語学研究会[1]

特徴

ゼロから構築された人工言語界でも類を見ない大規模な語彙、異世界の文化や背景を持つ。
また、多くの人工言語は文法だけはそれなりにできているとも言われるが、アルカは学生時代に言語学を専攻し、大学院でも言語学を学んだ人間達によってつくられているので文法に関しても多大な量である。

一方、欧米での知名度はいまいちで、人工言語の心臓ともいえる辞書が日本語で書かれているためである。

参考文献

-

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ