アンガージュマン

アンガージュマン

(読書)
あんがーじゅまん

参画のこと。主に政治的な活動へのそれを指し、――よって共産党の専売特許であったのだが――、ジャン・ポール・サルトルやミシェル・フーコーが口にした。

新着ブログ: アンガージュマン