イマーム

(一般)
いまーむ

イマーム

イスラム教徒の集団の指導者を意味するアラビア語。コーランでは「規範」「指導者」の意。
大きく以下の4つの意味に用いられる。

  1. 集団礼拝の指導者。モスクには専属のイマームがいるが、これは別に聖職者でもないし、特別の資格も必要ない(正しい礼拝の仕方を心得ていなければならない)。
  2. スンニ派ではカリフと同義語。
  3. シーア派では最高指導者*1。アリーの子孫でなければならない。
  4. 特に優れた学者への尊称(シーア派ではこの使い方は不敬とみなすっぽい)。

*1:カリフよりも遙かに強い存在

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ