エドガー・マルティネス

(スポーツ)
えどがーまるてぃねす

Edgar Martinez

MLB選手。通称「パパ」「史上最高のDH」。
右投右打、ポジションは内野手。背番号は11番。


1963年1月2日生まれ。米国ニューヨーク州出身。
1982年、マイナー契約でシアトル・マリナーズに入団。

1987年、メジャー昇格。

1990年、三塁手として定着。

1992年、指名打者としてシーズン打率.343でアリーグ首位打者のタイトルを獲得。

1995年、シーズン打率.356で2度目の首位打者を獲得。*1

生え抜きの強打者として、1990年代のマリナーズを支えた。


2004年、現役引退。
実働18年間で通算2055試合出場。通算2247安打、309本塁打、1261打点を記録。オールスターゲーム出場2回。


マリナーズの背番号11番は、引退後誰も着用しておらず、準永久欠番となっている。

*1:打率.356は指名打者としてMLB最高記録である。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ