エピグラフ

(読書)
えぴぐらふ

巻頭や章初めに付す題辞、引用句のこと。
たとえばスタンダールの『赤と黒』には1章ごとにたいへん凝ったエピグラフが付されている。



  「小説、それは街路にそうて持ちあるく一つの鏡である」



などは特に傑作として知られていよう。日本ではあまり見かけないが、西洋趣味で用いられるケースがある。
たとえば堀辰雄の「風立ちぬ」に見られる、



  「風立ちぬ、いざ生きめやも」



などは典型であろう。






太宰治は「二十世紀旗手」で
――(生れて、すみません。)
という日本人の恥の文化を象徴する名文句を残した。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ